漢字 採点基準 文部科学省 10

*5: 常用漢字表:文部科学省 *6: 文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 内閣告示・内閣訓令 | 常用漢字表(平成22年内閣告示第2号) *7: 読売新聞1975.6.23朝刊 *8: 読売新聞1975.6.25朝刊 *9: 朝日新聞1977.8.14朝刊 *10: 読売新聞1977.7.24朝刊 *11: 毎日新聞1977.8.2朝刊 | endobj <]/Info 59 0 R/Prev 677444/Root 61 0 R/Size 85>> しかし、漢字の採点は難しいです。とめ・はね・はらい、は判断できても、線が離れている、一本だけやたら長い、上が大きく下が小さい、形は合っているがすごい斜め・・・など判断に困る場面がたくさんあります。, 漢字の字体字形について、わかりやすく一定の解説と基準を示してくれたので、私はとても参考になりました。, と書いており、「文字特有の骨組みが読み取れるのであれば、誤りとはしない」としています。, 実際、子どもは漢字ドリルで学んでいますが、本やパソコンのプリントの文字は、明朝体、ゴシック体など、多くの書体があり、必ずしも漢字ドリルと同じ字では示されていないことが多いです。, 決してここに載っていることが全て、というわけではありませんが、子供にも根拠を示して説明できます。一度読んでみると役に立つことがあるかもしれません(*^▽^*), ※新刊が出ました!特支オタクの当HP運営者が、学級経営について全力で研究、実践した記録です!, ※特支オタクの当HP運営者が、特別支援教育の手法を普通のクラスに取り入れてみた実践本の第2版です(^ ^), このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.  2.字の書き方はくずした字や汚い字は認めないというものです。一字一字丁寧に書くように 61 0 obj <>/PageLayout/SinglePage/PageMode/UseNone/Pages 55 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>>> いる漢字が正解となります。また旧字体はたとえ正しく書いていても正解にはなりません。 スポンサードリンク 0 endobj 学校教育における漢字指導の在り方について 参議院文教科学委員会 (平成28月3月10日(木)) 議事要旨(抄)(文部科学省作成) 赤池誠章議員 2月29日に、文化庁が「常用漢字表の字体・字形に関する指針」報告書を出して、手書 2018 All Rights Reserved. 「漢検を受けてみたいけれど、字って人によって違うよね?」「私クセ字なんだけど、その点考慮 ���XP�_9"���5�f`p& ̭�+�q���i�u��t�$2�q��ŔB�X+���`�[K�,ڥ'=. 心がけましょう。  1級・準1級の場合は、「漢字必携一級」という日本漢字能力検定協会が発行した「標準字体」 ○ 中学校の現場では,漢字指導の時間がなかなかとれず,増えた常用漢字について指導するのは難しい現状にある。 ○ 中学校において常用漢字をどのように指導するかについては,教科書に委ねている現状がある。 ○ 子どもたちは学校教育の場以外のところでかなり常用漢字外の漢字に触れているが,一 … Copyright© それのみではありません。つまり、「あてじ」という慣用句的なものがあるからです。 63 0 obj

/V 2>> <> こんにちは。まさおです!入試が近いこともあり、小論文についてしばらく記事を書いていこうと思います。今回は、「小論文の採点基準」を取り上げます。, 学校によって差はあるが、形式面と内容面の2軸がある⇒形式だけ整えれば大きな失点は防げる⇒合格したければ、形式を整えた上でないように独自性や論理的な一貫性があるかが重要採点は複数の採点者の合計または平均で測られる⇒複数の採点者が高得点をつけるということは汎用的・常識的な論が安全と言える, 皆さんは試験対策の有効性をどれくらい意識しているでしょうか?塾や予備校が十分に採算が取れるくらい多くの人に利用されているのは、試験対策の有効性を理解しているからなのだと思います。, 一方で、ただ何となく授業を受けているだけで満足してしまう受験生も一定数いるようで、もう少し対策の有効性を理解してもらえると合格確率を上げることができるのにと思うことも間々あります。, 実際、試験対策を明確にするだけで、合格確率は10%以上上げられるはずです。試験というのは、基準があって得点の高い順に合格するわけですから、採点基準を知って高得点を採れる答案はどんなものかを理解できれば、間違いなく合格に近づくからです。, これは小論文でも同様です。大学入試や高校入試の小論文の採点基準を明確に公表しているところは一部ですが、それをヒントにすることで対応の方針や優先順位をつけることができます。限られた時間をどこに割くかが見えれば答案の精度は間違いなく上げられます。, 今年は新型コロナの影響で、小論文を事前課題として提出させる大学も多いです。事前課題をもとに面接試験でその内容の理解や本人が間違いなく書いたものかを確認することになります。, https://www.juen.ac.jp/060admissions/020faculty/080examold/exam/files/h31zenki-syoronbun-saitenkijyun.pdf, 【採点方法】複数の採点者が以下の採点基準に従い,各自90点満点で採点し,その平均点を受験者の得点とする。, 【採点基準】1 読解力遠藤さんの「学校」の例における「存在の相互性」について,本文で述べられていることが的確に要約されているか。, 当然といえば当然ですが、複数の採点者が採点していることが明記されています。小論文の採点は他の科目と違って採点者による差が多少なりとも出ますので、複数の担当者の平均としないと採点者の当たり外れが出てしまいますよね。, 一方で、ここからわかることは、複数の採点者の平均がよくなるような答案が合格に近づく答案だということがわかります。あまり冒険をして、突飛な主張をしても全員に低評価をつけられるか、そういう主張が好きな採点者が一部高得点をつけるだけとなる可能性が高いです。, 整然とした論理と、万人に納得感を与えられる主張であるかが、ポイントとなることがわかりますね。, また、採点基準は、読解力:課題文を的確にとらえているか説得力:論理が適切で相手に納得感を与えられるか表現力:誤字脱字や文の係り受けなどに問題がないかの3点が記載されています。, 表現力の部分は、形式重視で内容と関係なく得点できる部分です。ここで無駄な失点をしないことが合格への必要条件です。説得力の部分は、論理が正しく展開されているかが見られます。他の受験生との差がつくのは本来ここですから、形式面で失点せず、説得力で他の受験生に差をつけるようにすることが重要です。, https://www.sapporo-u.ac.jp/news/img/2021nyushi_syouronsaiten.pdf, 上記の25点満点の配点を見ると、理解…5点説得力…10点表現力…10点 ※文字数でさらに4点の減点あり。というような配点になっています。, これを見ると、必要条件となっている表現(原稿用紙や誤字脱字のない答案)というのがいかに重要なことかがわかると思います。, 1.複数の採点者が高得点を出すような論理性のある答案を心がける2.与えられたテーマを正確に読み取り、それを理解していることを答案に書く3.原稿用紙の使い方・文字数・誤字脱字のない答案であることが合格の必要条件4.合格を決定づけるのは論理の整合性、説得力, 課題がきちんと理解できているかが大前提ですが、原稿用紙の使い方や誤字脱字の原点が意外と効くので、ここを落とさなにようにすることが第1のポイントです。次に、論理が整っているかや受験生の考えがきちんと反映されているかがポイントになると考えていくとよいでしょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 「まさお」49歳。 20年ほど学習塾で講師を務め、今は首都圏のとある教育機関の職員をしています。 現在はIT関連の部署で教育ICT関連の各社とやり取り多数。 日本の教育政策が右往左往しているのを見て不安を感じています。 停滞気味の日本を復活させるために中高生の学習への向き合い方をテーマに情報発信していきます!, 小論文の書き方を頭で理解はしているが、なかなかよい文章にならないと悩んでいる人は多いと思います。一番良い方法はうまい作文をたくさん読むこと。具体的にどうすれば良いかを紹介します。, 文章を書きたいのにうまく書けず悩んでいる人は多いと思います。多くの場合、よい文章を書こうとして手が止まってしまうのです。突破口は「何でもよいのでとにかく書き出す」というアプローチです。ポイントを解説しました。, 高校受験で作文を書かないといけない人は多いと思います。作文は小学校のころからアレルギーがあり、苦手という人も多いのでは? この記事では入試用の作文の書き方をわかりやすく解説しています。, 小論文で不安なことは、指定字数にきちんと合わせて書けるかという点です。800字~1200字程度の小論文で指定字数に合わせて書くためのコツをまとめました。, 小論文入試が目前に迫って、短期的に文章のレベルを上げたいという人もたくさんいると思います。すぐに効果の出る分かりやすい文章の書き方のコツをまとめました。, 小論文に対してどのように対処していいかわからない受験生は多いことと思います。推薦入試・AO入試の拡大で小論文が必要な受験生は今後増えていくと思います。小論文は考え方と型の作り方を身につければ、意外とすらすら行けるようになります。基本作法をここで理解しておきましょう。, 採点基準を知って高得点を採れる答案はどんなものかを理解できれば、間違いなく合格に近づく. endobj stream にあるものということになります。 「筆順の手引き」によるものが正解となり、それに記載されていない漢字については「漢字必携二級」 ○ 中学校の現場では、漢字指導の時間がなかなかとれず、増えた常用漢字について指導するのは難しい現状にある。 ○ 中学校において常用漢字をどのように指導するかについては、教科書に委ねている現状がある。 ○ 子どもたちは学校教育の場以外のところでかなり常用漢字外の漢字に触れているが、一 … する人は、この「漢字必携一級」という本を用意するほうがよいでしょう。 endobj 0000000015 00000 n 0000000906 00000 n 0000001182 00000 n 0000001637 00000 n 0000001796 00000 n 0000006140 00000 n 0000006229 00000 n 0000006373 00000 n 0000009869 00000 n 0000010114 00000 n 0000063115 00000 n 0000064745 00000 n 0000064903 00000 n 0000065139 00000 n 0000071930 00000 n 0000072980 00000 n 0000073132 00000 n 0000073761 00000 n 0000074015 00000 n 0000080687 00000 n 0000081174 00000 n 0000081331 00000 n 0000081566 00000 n 0000089088 00000 n 0000001382 00000 n trailer 全国の人に「子どもと関わる仕事の楽しさ」を伝えることが目標です!, ZOOM講演会の満足度を上げる8つの使い方 〜授業のノウハウを講演会に転用してみた〜, 教育実習の挨拶はどうすれば良いの?  〜職員室×全校集会×クラスはどう使い分ける?〜, 【授業案】3年光村国語 「言葉で遊ぼう/こまを楽しむ」 〜狙いに沿ったシンプル授業〜, 【授業案】2年国語「どうぶつ園のじゅうい」 〜動作化を取り入れた説明文の構造理解〜, 子どもの遅刻は家庭の責任? 〜毎日遅刻する子が、きちんと登校できるようになる話〜-感謝の心を育むには. <> %PDF-1.7 <>  なにやら告示とか文部科学省とか難しい言葉ばかりでちょっと困惑気味かもしれませんが、 ブログを報告する, 2月29日文化審議会国語分科会(第60回)にて分科会終了後にお話を聞くことができました。この場を借りてお礼申し上げます。, 【悲報】漢字を厳しく採点するのは根拠のない教師の独断だった!! - NAVER まとめ, 文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 国語審議会(終戦〜改組) | 当用漢字字体表, 文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 内閣告示・内閣訓令 | 常用漢字表(平成22年内閣告示第2号). 以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。  3.読みは2~10級は内閣訓令・告示「常用漢字表」によりますが、1級・準1級の場合は %���� 漢字の 、 を決めるポイント 私は高校の教員だったので、書き取りの採点をすることは日常的なことだった。 そんな私が漢字の正誤を判断する基準について研究するようになったのは、原田種成氏の新潮選書『漢文のすゝめ』(1992年)を読んでからである。 1.字種・字体 2.字の書き方 3.読み 4.仮名遣い 5.送り仮名 6.部首 7.筆順 漢字の採点. �z�\�vO�D%I�8C�C�x�‚- 5`���`�.K�nG�� �3�UԌ��#^�N;�J���eSu����۫�@���pi1u��W 「許容字体」「旧字体一覧表」にあるものが正解となります。よって、1級・準1級を受験しようと このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 採点者が気持ちよく採点できるように心をこめて書くようにしましょう。. 改訂常用漢字表において削除される5字の入試での取扱いも,文部科学省の通知により示すことが適切である。 高校入試への対応についても,教科書や指導上の基準となる音訓の割り振り表をいつの段階で示すことができるのかということが関係してくる。  6.部首は「漢字必携二級」にある「部首一覧表と部首別の常用漢字」にあるものが、  まず、1.字種・字体ですが、2~10級は内閣訓令・告示による「常用漢字表」に記載されて きちんとした決まりがあります。 endstream xref %%EOF 日本漢字能力検定の採点基準・日本漢字能力検定は、一般に、漢字検定または漢検と呼ばれます。全部で10段階に分かれていますが、75%以上の方が2~4級にチャレンジしています。興味のある人い … 漢字指導についての文科省の考え方. 「漢検を受けてみたいけれど、字って人によって違うよね?」「私クセ字なんだけど、その点考慮してくれるのかな?」そんな疑問がアチコチから聞こえてきそうですが、漢検の採点基準にはきちんとした決まりがあります。 その採点基準は1.字種・字体 2. 正解とされています。   62 0 obj endobj ��;������Rr'bK�o�l�m�k��5͍o���W;����5#�%y�G�����@z �g̜�d��sN�}%�糵+n�����[��n�_������̞�n�:L���p:h7Z���1��]����~��#����2!mٸ���-��~G 私は高校の教員だったので、書き取りの採点をすることは日常的なことだった。そんな私が漢字の正誤を判断する基準について研究するようになったのは、原田種成氏の新潮選書『漢文のすゝめ』(1992年)を読んでからである。それ以前から私は感覚的に「漢検の答案用紙に記載されている、扌(てへん)の縦画をはねなければ✖という基準は間違いだ」と感じていたが、原田氏の本を読んで私の感覚が正しいことを確信した。(漢検の扌の縦画をはねなければ✖という基準は、1985年以前からあったと思う。私は1985年に新潟県の教員になった。そこで漢検と出会い、妙な基準だなと思ったことを記憶している。)その後、原田氏の他の著作や江守賢治氏の著作などを読んで、少しずつ研究を進めてゆき、人に説明できるように、感覚的だったものの論理化を模索していった。2008年(平成20年)8月、私は新潟の県民新聞である新潟日報の「私の視点」欄で初めて漢検の基準の誤りを指摘した。すると、何とその直後に漢検協会事件が表面化する。マスコミは例によって理事長・大久保昇とその息子の副理事長・浩の金銭的なスキャンダルを取り上げるだけで、こちらの方がよほど深刻な問題なのだが、漢検の誤った基準が学校教育に甚大な悪影響を与えていることにはまったく目を向けなかった。そこで私は2009年(平成21年)3月に漢検協会に直接手紙を送り、基準の訂正を求めた。漢検協会は迅速に対応しなかったが、一年以上たった2010年(平成22年)度第1回検定で漸く答案用紙に記載されている基準を訂正した。, その間の事情、経緯をまとめたものを、私は全国漢文教育学会が編集・発行する『新しい漢字漢文教育』第54号(平成24年5月発行)に「漢字検定と漢字教育」として発表した。その論文で、扌の縦画のはねのあるなしは正誤を判断するポイントにはならないことを述べたが、その後、はねのあるなしで別字になる漢字もあるので、その必ずはねなければならない数少ない漢字を明確に示さない限り、とめはねにこだわる小学校や中学・高校の漢字指導はなくならないと考えるようになった。そこで私は常用漢字2136字を様々な基本要素(構成要素)で分類してみた。それが新潟県高等学校教育研究会国語部会『国語研究』第60集(平成26年3月)に発表した「『士』と『土』の書き分けについて」と「資料」である。その分類を基にして、漢字の正誤を判断するポイントを四つに絞って説明したのが、『新しい漢字漢文教育』第57号(平成25年11月発行)に発表した「漢字の正誤を判断する観点」であり、第59号(平成26年11月発行)に発表した「漢字の正誤を判断する観点(二)」である。(常用漢字表の(付)字体についての解説では、「主」の点は斜めに書いても縦にまっすぐ書いてもいいというようなことまで例示している。そんな当たり前のことを除くと、重要なポイントは四つになる。)またこの二編の論文では、漢字の正誤を判断するときに誰もが持っていなければならない共通認識についても論じている。この共通認識をこれまで明確に示した著述はなく、この共通認識を明示したことによって、初めて漢字の正誤を判断する基準が包括的なものとなった。この二編の論文を発表したことが影響したかどうかは分からないが、2016年(平成28年)2月に文化審議会国語分科会報告「常用漢字表の字体・字形に関する指針」が発表され、漢字の正誤を判断する基準について、国としての見解が示された。今後この指針を熟読し理解する教員などが増えていけば、漢字の細部にこだわる誤った漢字指導は是正されていくことになるだろう。だがこの指針には説明が不足しているところ、明確な見解が示されていないところ、それに明らかな誤りさえもある。(「常用漢字表の字体・字形に関する指針」は2016年2月29日に答申(報告)され、当日報道発表もされたが、4月30日に三省堂から書籍として出版されるまでに字形比較表を中心に相当な修正があった。その過程で報道発表の段階では正しかった箇所が、書籍として出版されたときには間違ったものになっているというミスがあった。次に例示するP42・2章・4・(2)・アの「隹」「言」などがそれに当たる。すぐに気づいて修正するだろうと考えていたが、いつまでたっても修正されないので、2020年10月に電話で修正するように要望した。今後修正されるはずである。ネットでは文化庁→国語施策・日本語教育→文化審議会国語分科会→報告・答申等→常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)(平成28年2月29日)とたどっていくと、最新のものを見ることができる。ただ「常用漢字表の字体・字形に関する指針」と検索すると、最新のものではないのが表示されることがあるので注意が必要である。)それらの点を明らかにするために、私は『新しい漢字漢文教育』第65号(平成29年11月発行)に「漢字の正誤を判断する観点(三)-『常用漢字表の字体・字形に関する指針』について」を発表した。しかし、掲載していただくために元の論文を半分以下に削ったので、発表した論文には十分に意を尽くせなかったところがある。そこでここには『新しい漢字漢文教育』に発表したものではなく、その元の形の論文「『常用漢字表の字体・字形に関する指針』について」を公開することにした。, 私がこのホームページに、これまで発表してきた論文を公開したのは、ただただ学校で正しい漢字教育がなされてほしいとの思いからである。学校で正しいことを教えずに、子どもたちはいったいどこで正しいことを教わることができるのか。ぜひこのささやかなホームページが多くの教育関係者の目に留まり、正しい漢字教育がなされることを願うばかりである。, 「接」の点を「まっすぐ、つく」ように書くことや女の三画目を「すこしだす」こと、「天」の下の横画を「みじかく」書くことが、「正しく字をおぼえるため」に「だいじなこと」であると書いてあります。ということは、そう書かなければ正しい字ではない、✖だと言っていることになります。, 「正しく字をおぼえるため」が「きれいな字を書くため」に変わりました。正しい字ときれいな字とは、まったく別の基準です。私が三省堂と何度か手紙をやり取りし、三省堂がこう変えましたが、「きれいな字をかくため」に必要と思われないことも多く書かれています。これまで「正しく字をおぼえるため」にといって、漢字の正誤とは無関係なことまで書いてきた三省堂(他の出版社にもいえる)の責任は非常に大きいと言わざるを得ません。他の出版社の辞典の記述も同じように変わっています。, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, 私は高校の教員だったので、書き取りの採点をすることは日常的なことだった。そんな私が漢字の正誤を判断する基準について研究するようになったのは、原田種成氏の新潮選書『漢文のすゝめ』(1992年)を読んでからである。それ以前から私は感覚的に「漢検の答案用紙に記載されている、扌(てへん)の縦画をはねなければ✖という基準は間違いだ」と感じていたが、原田氏の本を読んで私の感覚が正しいことを確信した。(漢検の扌の縦画をはねなければ✖という基準は、1985年以前からあったと思う。私は1985年に新潟県の教員になった。そこで漢検と出会い、妙な基準だなと思ったことを記憶している。)その後、原田氏の, 他の著作や江守賢治氏の著作などを読んで、少しずつ研究を進めてゆき、人に説明できるように、感覚的だったものの論理化を模索していった。2008年(平成20年)8月、私は新潟の県民新聞である新潟日報の「私の視点」欄で初めて漢検の基準の誤りを指摘した。すると、何とその直後に漢検協会事件が表面化する。マスコミは例によって理事長・大久保昇とその息子の副理事長・浩の金銭的なスキャンダルを取り上げるだけで、こちらの方がよほど深刻な問題なのだが、漢検の誤った基準が学校教育に甚大な悪影響を与えていることにはまったく目を向けなかった。そこで私は2009年(平成21年)3月に漢検協会に直接手紙を送り、基準の訂正を求めた。漢検協会は迅速に対応しなかったが、一年以上たった2010年(平成22年)度第1回検定で漸く答案用紙に記載されている基準を訂正した。, その間の事情、経緯をまとめたものを、私は全国漢文教育学会が編集・発行する『新しい漢字漢文教育』第54号(平成24年5月発行)に, 」として発表した。その論文で、扌の縦画のはねのあるなしは正誤を判断するポイントにはならないことを述べたが、その後、はねのあるなしで別字になる漢字もあるので、その必ずはねなければならない数少ない漢字を明確に示さない限り、とめはねにこだわる小学校や中学・高校の漢字指導はなくならないと考えるようになった。そこで私は常用漢字2136字を様々な基本要素(構成要素)で分類してみた。それが新潟県高等学校教育研究会国語部会『国語研究』第60集(平成26年3月)に発表した「, 」である。その分類を基にして、漢字の正誤を判断するポイントを四つに絞って説明したのが、『新しい漢字漢文教育』第57号(平成25年11月発行)に発表した「, 」である。(常用漢字表の(付)字体についての解説では、「主」の点は斜めに書いても縦にまっすぐ書いてもいいというようなことまで例示している。そんな当たり前のことを除くと、重要なポイントは四つになる。)またこの二編の論文では、漢字の正誤を判断するときに誰もが持っていなければならない共通認識についても論じている。この共通認識をこれまで明確に示した著述はなく、この共通認識を明示したことによって、初めて漢字の正誤を判断する基準が包括的なものとなった。この二編の論文を発表したことが影響したかどうかは分からないが、2016年(平成28年)2月に文化審議会国語分科会報告「常用漢字表の字体・字形に関する指針」が発表され、漢字の正誤を判断する基準について、国としての見解が示された。今後この指針を熟読し理解する教員などが増えていけば、漢字の細部にこだわる誤った漢字指導は是正されていくことになるだろう。だがこの指針には説明が不足しているところ、明確な見解が示されていないところ、それに明らかな誤りさえもある。(「常用漢字表の字体・字形に関する指針」は2016年2月29日に答申(報告)され、当日報道発表もされたが、4月30日に三省堂から書籍として出版されるまでに字形比較表を中心に相当な修正があった。その過程で報道発表の段階では正しかった箇所が、書籍として出版されたときには間違ったものになっているというミスがあった。次に例示するP42・2章・4・(2)・アの「隹」「言」などがそれに当たる。すぐに気づいて修正するだろうと考えていたが、いつまでたっても修正されないので、2020年10月に電話で修正するように要望した。今後修正されるはずである。ネットでは文化庁→国語施策・日本語教育→文化審議会国語分科会→報告・答申等→常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)(平成28年2月29日)とたどっていくと、最新のものを見ることができる。ただ「常用漢字表の字体・字形に関する指針」と検索すると、最新のものではないのが表示されることがあるので注意が必要である。)それらの点を明らかにするために、私は『新しい漢字漢文教育』第65号(平成29年11月発行)に「漢字の正誤を判断する観点(三)-『常用漢字表の字体・字形に関する指針』について」を発表した。しかし、掲載していただくために元の論文を半分以下に削ったので、発表した論文には十分に意を尽くせなかったところがある。そこでここには『新しい漢字漢文教育』に発表したものではなく、その元の形の論文「.

白猫プロジェクト アニメ 感想 5, 俺ガイル Ss デート 26, 男が離れられ なくなる 女の特徴3つ 7, メガテン D2 リセマラやり方 7, スピリチュアル 鳩 が 横切る 10, 演技 台本 2人 41, サバゲー バイト 評判 7, イノセンス キム 遺言 26, キス 苦い タバコ 14, エルゴ ワット 換算 10,