沖縄 100スロ 場所 4

店内には、沖縄美ら海水族館のアンテナショップ「うみちゅらら」もあり、水族館で買い忘れたお土産もここで手に入れることができます。, ゆいレール(モノレール)の「おもろまち」駅前にあり、那覇空港、国際通り、首里城の中間地点に位置します。, 読谷村の本店以外にも、国際通り店、名護店など県内に12店舗あり、一部の店舗では「紅芋タルト作り」を体験できます。, 那覇空港にも店舗があるので、買い忘れた場合には搭乗する前にも駆け込みで買い物ができます。, アメリカンサイズでボリューミーな食事を提供するステーキ専門店でも、本島の価格に比べるとリーズナブルなのがうれしいところ。, 夜は泡盛などのお酒をいただきつつ食事を楽しむであれば、2人で8,000~10,000円ぐらいを目処に。, ■ 冬場の気候 海洋博公園内における各施設(沖縄美ら海水族館、熱帯ドリームセンター、都市緑化植物園)の設備点検作業等を実施するため休園・休館日としています。, 水曜日 取扱店舗マップ(GoToトラベル事務局) 日本一ともいわれるマングローブの林が広がり、滝、川などでアクティビティを楽しめます。自然との触れ合いが好きなカップルにオススメな島。, ■古宇利島 ※取扱店舗の営業時間が変更となっている場合がございます。リンク先のGoToトラベル事務局サイトにてご確認ください。, 年間100万人以上が訪れ、沖縄の歴史・文化・自然を丸ごと体験できるテーマパーク「おきなわワールド」。那覇空港から車で約30分。おきなわワールドの主役は、なんといっても国内最大級全長5000mの鍾乳洞「玉泉洞」。他にも世界中でここにしかない見所が贅沢に集結。多種多様なイベントやショーが毎日行われ、まさに沖縄の魅力を凝縮した観光スポットです。, 沖縄県南部南城市にある「ガンガラーの谷」。那覇空港から車で約30分。全長約1kmの道のりは、数十万年前の鍾乳洞が崩れてできた場所。現在では、鍾乳洞と数多くの熱帯植物が自生する森が一体化しており人気観光地となっております。生命を改めて感じられる自然の神秘が広がっています。基本的にはツアーに申し込んで廻ることになります。, 那覇空港から車で約50分。2000年に世界遺産に登録された「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、国の史跡、沖縄県指定名勝にも指定されています。琉球の創世神話に登場する7御嶽の中で、最も格の高い聖地とされ、国家的な祭事が行われてきた場所です。自然のすべてに耳を傾け感謝が溢れる、そんな五感を呼び覚ませてくれる祈りの場です。観光地としても最近人気急上昇です。, うるま市にある勝連半島と平安座島を結ぶ4.7kmの「海中道路」は橋でありながら有観光地。海中を走るトンネルを連想しますが、満潮時に「海の中を突っ切るように通っている」ことから海中道路と呼ばれています。絶景が続く途中には、特産品ショップやレストランがある「海の駅あやはし館」があります。さらにあやはし館を越えると、平安座島、宮城島、伊計島と続き、そのまま車で渡ることができます。沖縄ならではの鮮やかな海を堪能できるドライビングコースとしておすすめす。, 那覇空港から車で約1時間半。年間約20万人の来場者を誇り、NHK大河ドラマ「琉球の風」のオープンスタジオとして使われていた場所を利用した観光テーマパーク「体験王国むら咲むら」。海を望む1万5千坪の敷地に32の工房があり、101種類もの琉球体験が可能。琉球王朝時代にタイムスリップして、沖縄好きにはたまらない「夢のような時間」を過ごせる観光スポットです。, 沖縄の伝統的な焼き物(やちむん)の工房が集まる「やちむんの里」。那覇から車で約50分。独自の色を持つ工房と、里全体の雰囲気がなんともいえない居心地の良い観光地です。焼窯を連ねた登り窯は迫力満点で、工房では創作活動を目にすることができます。やちむんの里にはショップやカフェ、ギャラリーが点在しているので、ゆったりとした時間を過ごしたい人におすすめ。リピーターの中でも人気の沖縄観光スポットです!, 昨年の来館者数は300万人を突破する日本一人気のある水族館「沖縄美ら海水族館」。その目と鼻の先に、沖縄美ら海水族館に匹敵するほど人気のあるスポットが「オキちゃん劇場」です。オキちゃん劇場のステージは、後ろに東シナ海のエメラルドグリーンが広がる大絶景!その大絶景にとけ込むようにさまざまな種類のイルカ達が華麗なショーを繰り広げます。まるでイルカ達が東シナ海を泳いでいるかのような感動を覚えるこのイルカショーが、なんと無料で見れるお得な観光地なのです!, 沖縄本島北部、本部町の「海洋博公園」内にある海水浴場である「エメラルドビーチ」。公園内には、観光スポット「沖縄美ら海水族館」やイルカショーを楽しめる「オキちゃん劇場」などがあり、「エメラルドビーチ」は最も北側に位置する。コーラルサンドを敷き詰めたビーチは歩きやすく、ビーチの設備が充実しているので、小さな子ども連れでも安心・安全に海水浴ができるビーチとして人気が高い観光地です。, 名護市・許田インターを降りてすぐ、国道58号線沿いの許田やんばる物産センターは、本島北部の呼称「やんばる」のスタート地点にあり、北部観光の玄関口。沖縄県内初の道の駅としてオープンして以来、年間約191万人もの旅行者を迎えている。地元に密着した商品の品揃えとサービス精神いっぱいのおもてなしが喜ばれ、2014年全国道の駅人気ランキングでは堂々の第1位に選ばれた人気の観光スポットです。, 沖縄観光で大人気の美ら海水族館。その近くの備瀬というのどかな集落に、極上の散歩道があります。昔ながらの雰囲気を残し、そこに張り巡らされるように並ぶ備瀬のフクギ並木は沖縄県民にも愛される観光地です。CMや映画のロケ地に使われたというのも納得です。並木の中に入るとそこは自然の織りなす大自然トンネル。そして、その先にはターコイズブルーの海!備瀬のフクギ並木と木漏れ日に包まれながら近くのカフェに立ち寄ったり、レンタサイクルや水牛を使って極上の散歩に出かけてみませんか?, 沖縄県読谷村にある「座喜味城跡」。那覇空港から車で約1時間。15世紀初頭に築城家として名高い護佐丸によって築かれたグスクの最高傑作といわれています。美しいアーチ型城門や石垣の曲線美が特徴的で、他のグスクにはない西洋の城の面影を感じることができる観光スポットです。標高125mの丘の上にあるので城跡の高台からは絶景が広がっています。日本で一番人口が多い村、読谷村へ訪れる際には、絶対に立ち寄りたい場所です。, 沖縄本島南部の糸満市にある観光地「ひめゆりの塔」。那覇空港から車で約30分、那覇バスターミナルから約40分。第二次世界大戦時、国内唯一の地上戦が行われた場所であり、県民だけでなく日本国民にとって大切な場所。慰霊塔の他にも、最後に自決した場所に建てられたひめゆり学徒散華の碑や、戦争の真実を知ることのできる平和祈念資料館があります。もう一度戦争の歴史に目を向け、今ある幸せに感謝するために訪れるには、おすすめの観光スポットです。, 外国気分を味わえる北谷エリアの海岸沿い。Terme VILLA ちゅらーゆは、地下1,400mからくみ上げる源泉かけ流しの天然温泉が人気のリラクゼーション施設。たっぷり遊べるプールゾーンと落ち着いた雰囲気の温泉ゾーンに分かれているので、順番に一通り体験して一日中楽しめます。音と光の演出が美しいヒーリングプールで心と体を癒したら、極上のリラックス時間に浸れる癒しには抜群の観光スポットです。, 沖縄県北部の名護市にある観光地「ナゴパイナップルパーク」。那覇空港から高速道路で1時間半。パイナップルの歴史をはじめ、豊富な種類とその食べ方など、パイナップルに関することすべてがわかる年中無休の沖縄観光スポットです。ヤシの木に囲まれた道やパイン畑、バナナの木が生える亜熱帯の森など自然がいっぱい。ショッピングコーナーには多種多様なパイナップルパーク限定の製品があり見逃せません。, 本島南部の糸満市にある「琉球ガラス村」は、那覇空港から車で約25分、沖縄県最大の琉球ガラス工房です。直売所、アウトレットショップ、レストラン、美術館があり、琉球ガラスを楽しむための施設が集まる贅沢な観光地です。ガラスづくりの見学や創作体験も可能。そんな琉球ガラス村は入場料無料!琉球ガラスの醍醐味を満喫できます。, 沖縄県北部、エメラルドグリーンの海に囲まれた離島「古宇利島(こうりじま)」。那覇から車で北上すること約1時間半、2005年に開通した古宇利島大橋のおかげで車で行ける離島になりました。地元の人も絶賛するほどの透明度の海が広がっており定番の観光スポットとなっております。古宇利島の語源は「恋島」といわれ、ロマンチックな景色やビーチが各所に。その中でもティーヌ浜にあるハート型の岩「ハートロック」は、恋愛祈願の聖地になっています。絶景を眺められるおすすめ海カフェが、島のいたる所にあるので、島内をあますところなく巡ってください。, 那覇空港から南にわずか1.5kmの位置にある瀬長島は、空港に離着陸する飛行機を眺めるデートスポットとして特別な観光スポットです。また、ビーチパーティやウインドサーフィンのメッカとして地元の人達に親しまれています。西側の浜辺からは世界的なダイビングスポットとして知られる慶良間諸島が望め、海に沈む美しい夕日を眺める場所でもあることから、「恋が叶う島」としても注目されています。更に最近はリゾート島として生まれ変わり始めています。こんなに空港の近くにあるこの島に、旅の始まりや締めくくりに寄らない手はありませんよ!, 沖縄本島北部の本部半島にある観光地「今帰仁城跡」。那覇空港から車で約1時間40分。2000年に世界文化遺産に認定されました。自然豊かなやんばるの地を守ってきたグスクで、敷地面積は4haと広大。ダイナミックな城壁は、異世界へ誘われるような感覚になります。また、今帰仁城跡の違った一面を見せる「今帰仁グスク桜まつり」もおすすめです。, ゆいレール首里駅より徒歩15分、沖縄県那覇市金城町にある世界遺産「玉陵」。1501年、琉球王尚真によって築かれました。現存する沖縄最古の破風墓(家型)といわれています。ピラミッドを彷彿とさせる佇まいで、屋根には3体の魔除けの獅子像が守護神として鎮座し、下はサンゴ砂で掃き清められまさに清浄な観光地。首里城や大アカギ群とともに、一度は訪れたいおすすめパワースポットです。, 「首里金城町石畳道」は沖縄県那覇市にあり、那覇空港から車で約15分。ゆいレール「首里駅」から徒歩15分。沖縄県指定史跡であり、「日本の道100選」にも選ばれた観光地です。周辺には沖縄伝統の赤瓦屋根の民家が立ち並んでいます。琉球王朝時代の歴史を肌で感じることができ、道中には古民家を利用した休憩所や茶屋があります。歴史に想いを馳せながらゆっくり散歩するのにおすすめの道ですよ!, 琉球王朝時代の景色が今なお残る首里の石畳道。その風情あふれる一角を歩き、看板を頼りに細い路地に入っていく。沖縄で聖地を意味する御嶽(うたき)にたたずむ首里金城の大アカギは、大人が両手で抱えても足りないほどの大木。激しい戦火を耐え抜いた歴史から神の木と呼ばれ、沖縄のパワースポットのひとつに数えられている。, ゆいレール県庁前駅から徒歩約15分。市街地から歩いて行ける波の上ビーチは、那覇市で唯一の海水浴場。那覇空港からも車で約15分というアクセスにあるため、到着後すぐに真っ白な砂浜と透き通る海の色が味わえる。市民の憩いの場として親しまれており、週末はローカル感漂うのんびりムード。帰りの飛行機までの空き時間で最後に海を見たくなったら、波の上ビーチでもうひと泳ぎ!, 「那覇新都心」と呼ばれる地域の那覇市おもろまちにある3階建ての「沖縄県立博物館・美術館」。琉球石灰岩を使用した白い外壁が一際目立つ建物である。通年開催中の博物館常設展と美術コレクション展、期間限定の特別展・企画展などがあり、館内に入ると博物館と美術館の入口がわかれ、それぞれ別途料金がかかる。3階にはカフェがあり、博物館野外展示場や美術館野外展示場、1階の県民ギャラリーやミュージアムショップ、ふれあい体験室、情報センターなど無料で見学できる施設もある。, 沖縄本島の中部、うるま市にある「ビオスの丘」。那覇空港から約1時間。約7万5千坪の広大な敷地で、259種類の植物と動物達がお出迎えしてくれる観光スポット。亜熱帯の植物園ならではの大自然を満喫できます。手作り体験、琉球衣装体験もあり、楽しみ方は無限大。沖縄ならではの春夏秋冬の醍醐味を味わうには、おすすめの場所です!, 沖縄県うるま市にある観光地「勝連城跡」。那覇空港から一般道で1時間半、沖縄自動車道を使い約1時間。15世紀、海外貿易により勝連に繁栄をもたらした英雄、阿麻和利が居城したことで有名です。城壁が芸術的な曲線を描き、生命すら感じる佇まいは見事。頂上からの景色は東西に広がる絶景で、沖縄有数の景勝地といわれています。壮絶な歴史とともに魅力溢れる世界遺産です。, 那覇空港から車で約70分、沖縄本島最西端に位置する「残波岬」。東シナ海に突き出し、天気の良い日には慶良間諸島まで眺望できてしまうほどの絶景が広がります。岬の高さは約30mで迫力満点の断崖が2kmも続きます。さらに日本一の大きさの巨大シーサーや岬の駅、本島最西端の絶叫マシーンなど観光スポットが盛りだくさんです。残波岬は夕日の名所でもあり、夕方にはロマンチックな景色に様変わり。デートコースにもおすすめですよ!, 那覇市内から高速を利用して車で約2時間。本部半島の美しい海に面した広大な敷地にある海洋博公園は沖縄の美しい海だけでなく、自然や伝統文化をまとめて堪能できる複合観光スポットです。沖縄観光で人気の美ら海水族館も海洋博公園内にあるのです。, 沖縄本島最北端にあり、うねる荒波が時に岬を越える高さまで達するというダイナミックな「辺戸岬」。那覇空港から約2時間半。沖縄海岸国定公園に指定されている景観や、背後にある聖地「やんばるの森」も魅力いっぱいの、おすすめ観光スポットです。地元民からは元旦の初日の出スポットとして人気が高く、海から昇る朝日は息をのむ美しさ。波乱の歴史の舞台でもある最北端の観光地でパワーを感じてほしい!, 沖縄でただ一つの鉄道として、県民に親しまれているゆいレールは総延長12.9km、駅数15のコンパクトなモノレールだ。愛称のゆいレールの「ゆい」は沖縄の優しさを語るときにしばしば引用される「ゆいまーる」(助け合い)。公共交通機関をバスに頼る沖縄で、地域と地域を軌道で結ぶ交通ネットワークだ。ゆいレールでのんびり観光地を巡るのもおすすめですよ。, 沖縄県北中城村にある「中城城跡」。那覇空港から車で約40分。2000年に世界遺産に登録され、2006年には日本100名城に指定されました。標高約160mの丘の上に広がる六連郭の美しいグスクです。南の首里城、北の勝連城に挟まれた歴史ドラマに想いを馳せながらの散策は格別。さまざまなイベントの舞台としても使用されている観光スポットです。, 沖縄で最も有名なシュノーケリング・ダイビングのスポット「青の洞窟」。那覇空港から車で約1時間。旅行のプランに組み込みやすい立地条件も人気のひとつになっています。海水の浸食によりできた洞窟で、太陽光線の反射で神秘的に青く輝くことから「青の洞窟」と呼ばれています。魚やサンゴも豊富で、神秘的な海の世界が味わえる観光スポットです。, 那覇空港から車で約40分。沖縄本島の北谷町にある、きらびやかな観覧車が目印の「美浜アメリカンビレッジ」は、地元民から観光客まで幅広く愛されるシティーリゾート。ショッピング・グルメ・エンターテイメントのお店が大集結している観光地です。多彩なイベントやコンテストがあり活気に溢れ、併設しているサンセットビーチはきれいな夕日が見られる名所として人気です。, 若者達でにぎわう北谷町の「サンセットビーチ」。那覇空港から車で約40分。沖縄有数のサンセットスポットとして人気のビーチです。米軍基地が近いのでアメリカ人の海水浴客も多く、異国情緒に溢れています。周辺には映画館や観覧車、大型ショッピングセンター、マリンレジャー、宿泊施設も充実。毎年夏には花火大会の会場として、最近では恋人たちの定番デートスポットになってきている観光地です。, 太平洋を一望できる絶景を味わえる「二ライ橋カナイ橋」。那覇空港から車で約40分。全長約1200mの長い橋で、遥か遠くにある理想郷といわれるニライ・カナイが語源になっています。久高島やコマカ島、南部の海が壮大な絵画を思わせるように視界に飛び込んできます。特に、つきしろ方面から緩やかなカーブを下っていく景色は、ニライカナイへとつながっているような美しさです。南部観光の際には、少し遠回りになっても訪れる価値ありの観光スポットですよ!, 沖縄県那覇市にある琉球王家最大の別邸「識名園」。ゆいレール「首里駅」からタクシーで10分、識名園バス停から徒歩1分。18世紀の終わりごろに造営され、池の周りを歩きながら四季折々の景色を楽しむ「廻遊式庭園 」になっています。緑と気品に溢れた敷地内には、随所に中国と琉球の文化が合わさった結晶を感じることができる観光地です。2000年には世界文化遺産に登録されました。, 那覇市の隣にある浦添市にある「港川の外人住宅」。那覇空港から車で約30分。またの名を「港川ステイツサイドタウン」と呼び、今注目を集めるおしゃれスポットです。昔ながらのモダンな外人住宅が建ち並び、こだわり溢れるお店が約30店舗集まっています。密集した街並をまわるのには時間がかからないので、気ままな散策にはぴったりの観光スポットです。, 万座ビーチは沖縄を代表する景勝地、万座毛を望むビーチ。エメラルドグリーンにきらめく海の美しさから、環境省選定の「快水浴場100選」の中でも「特選」に認定された。高級リゾートホテルに併設されているため常にビーチクリーンが徹底しており、設備も充実。ゆっくりと過ごしたいリゾーターからアクティブ派まで、あらゆるニーズを満たしてくれる。, 沖縄本島の恩納村にある景勝地「万座毛」。那覇から車で約60分。20mを超える断崖絶壁に、まるでゾウの鼻のような岩がある独特な景色は、撮影待ちが出るほどの人気観光スポットになっています。万座毛の北側からは美ら海水族館有する本部半島と東シナ海が一望でき、沖縄の醍醐味が味わえる景色が広がっています。リゾートビーチやホテルが近いので、万座毛とセットで訪れてゆっくりしてみてはいかがですか?, 恩納村の「真栄田岬」といえば。ダイビングやシュノーケルのスポットとして有名。ここには「青の洞窟」と呼ばれる海水の侵食によってできた自然の洞窟があり、上空から差し込む太陽光で海面はターコイズブルーに輝き、光が乱射した海中はまさに神秘の世界。芝生が広がる「憩いの広場」や沖縄そばが食べられる「待合所」もあり、海水浴用の施設が整っている。高台の断崖絶壁から眺める東シナ海の絶景もまた見応えがあります。, 那覇空港から車で約40分にある「新原ビーチ」。4kmのまっ白な砂浜が続き、南部でも特に透明度が高いといわれている天然ビーチです。手つかずで土地開発とは無縁ながら、マリンスポーツ各種を満喫することができます。そして近くには、海カフェの先駆けとして有名なカフェがありひと休みにはぴったりです。自然に溢れた沖縄本来の海で、のんびり「うちなータイム」を楽しむことができる、おすすめビーチです。, 那覇市若狭にある琉球八社のひとつである「波上宮」。琉球八社とは、琉球王府より特別な扱いを受けた八つの神社で、うち6カ所が那覇市内にある。西海岸の突き出た断崖絶壁の岩山の上に建つ朱塗りの本殿が圧巻。パワースポットでもあり、新年の初詣の際が最も賑わう。断崖絶壁の岩山に建つ朱塗りの本殿の景観が圧巻の観光スポットです。, 地元民に愛され活気溢れる「栄町市場」。那覇空港から車で約30分、ゆいレール安里駅から徒歩2分。市内のホテルからアクセスが良いことも魅力の一つです。約150もの店舗が賑わう市場は食欲、物欲、好奇心をくすぐること間違いなし。昼は地元民達が集まる市場として、夜は飲屋街へと華麗に変身します。まるでタイムスリップしたような独特の雰囲気にひかれて、リピーターになる人が後を絶たない市場です。, 沖縄観光の名所国際通りから徒歩5分とほど近い、壺屋「やちむん通り」。約400mの通りには、50軒ほどのお店や窯元が立ち並んでいます。「やちむん」とは沖縄の方言で、焼物のことをいいます。値段も手ごろで普段使いにぴったりなやちむんは、お土産にもおすすめなので、やちむん通りは観光客のお立ち寄り観光スポットになっています。, 平成9年の浜比嘉大橋開通まで、船でしか行くことのできなかった浜比嘉島。神々が暮らしたとされる島には古の文化や伝統が色濃く残り、神秘的な力に触れることができる。透明度の高いビーチも美しく、赤瓦屋根の民家など、昔ながらの沖縄の原風景に癒される観光地として人気です。海中道路をドライブする際に立ち寄って、心の充電をしてみてはどうだろう?, 1944年(昭和19年)に掘られた司令部壕。当時、約4000人の兵士が収容され、米軍の艦砲射撃に対して持久戦に持ち込むための地下陣地だった。1970年3月に司令官室を含む約300mが復元され、今では資料館や慰霊の塔なども見学できます。戦時中の現実を目の当たりにし、重苦しい歴史と平和の大切さを感じる観光地。, おんなの駅なかゆくい市場はリゾートホテルが集中する本島中部・恩納村に位置し、ドライブコースの立ち寄り観光スポットとして人気の産直市場。地域の特産品を中心にさまざまなおみやげが並ぶなか、拠点産地認定を受けた恩納村のパッションフルーツは特に人気でおすすめ。グルメコーナーではトロピカルフルーツ山盛りの「アイスマウンテン」など、ここでしか味わえない名物が目白押しだ。, 那覇空港から約1時間半。’沖縄本島北部の名護市にある「OKINAWAフルーツらんど」は全天候対応の亜熱帯体験施設です。パパイヤ、マンゴーをはじめ30種類以上のフルーツが栽培してあり気分はまさに南国観光地。ショッピングエリアでは、数多くのお土産が購入できます。スイーツを楽しめるカフェやレストランもあり、子どもをはじめ家族みんなで楽しめる観光スポットです。, リゾートホテルが建ち並ぶ恩納村の近くにある体験テーマパーク「琉球村」。那覇空港から車で約60分。テレビ番組や映画ロケ地として県内はもとより、日本国内外から幅広く利用されていました。失われつつある古き良き沖縄伝統の家屋を残し、数多くの琉球体験ができる観光地です。沖縄ならではの舞踊やエイサーショーも村内で毎日開催しています。, 沖縄本島中部・西海岸に位置する読谷村にある「ニライビーチ」は那覇空港から車で約1時間。白く美しい砂浜と県内でも有数の透明度を誇る天然ビーチで、県内人気リゾートの呼び声高い「ホテル日航アリビラ」の前に広がっています。遠浅なので、干潮時にはさまざまな生き物に出合えます。マリンスポーツも充実しているので、1日中美しい海を堪能することができます。, 那覇市内からおよそ1時間半で行ける自然公園が、名護市にあるネオパーク。東京ドーム五つ分に相当する広大な敷地の中で動物や鳥たちと思う存分触れ合うことは、子どもにとって何よりの思い出づくり!家族で訪れるのにおすすめの観光スポットです。, 世界各地で28店舗を展開する免税ショップ「Tギャラリア沖縄」。日本ではここ沖縄にしかありません。沖縄県外からの旅行者はパスポートいらずで、航空券のみの提示でOK。県内の方は、県外への航空券があれば免税ショッピングを楽しむことができます。空港からのアクセスも抜群。航空券を提示することで、購入した商品を旅行最終日に那覇空港で受け取れ便利です。世界中で愛される洗練された雰囲気を味わいながら、快適にショッピングしてみてはいかがですか?, 沖縄美ら海水族館で有名な海洋博公園内にある「熱帯ドリームセンター」。那覇空港から車で約2時間50分。沖縄自動車道を使い約2時間。「バベルの塔」のような存在感のある外観の建物が目印で、常時2000株以上のランや熱帯・亜熱帯の花々が咲きほこっている素敵な観光スポットです。ビクトリア温室の池では、世界最大の淡水魚「ピラルクー」をはじめとした魚が観察できます。36mもある遠見台からは園内と東シナ海が一望可能です。, 沖縄を代表するビールといえば「オリオンビール」。工場見学や試飲を通して、オリオンビールをもっと深く知ることができる施設が「オリオンハッピーパーク」です。試飲では、できたて新鮮なオリオンビールが無料で2杯も飲め、ドライバーや未成年にはソフトドリンクを提供。併設するオリオンビール園「やんばるの森」では、ビールに合う地元の旬の味覚を味わうことができる、至福の時間が楽しめる観光地。オリオングッズやおつまみを販売しているグッズショップもあり、ビール好き・オリオンビールファンの方はぜひこの楽園に足を運んでみてはいかがですか?, 本島北部沖に浮かぶ三日月の島。その形からクロワッサンアイランドと呼ばれる水納島(みんなじま)は、マリンアクティビティが充実したアイランドリゾート。珊瑚礁に囲まれた島は白砂のビーチが東から北にかけて続き、離島ならではの透明感あふれる海が現れる。本部町の渡久地漁港から高速客船で約15分という近さにあるので、日帰りで楽しめるのも大きな魅力の観光地だ。, 沖縄本島にはいたるところに絶景スポットが存在するが、日の出と満点の星空を眺めたい人におすすめなのが知念岬公園だ。世界遺産の聖地、斎場御嶽の駐車場から歩いて5分ほどにある海を見下ろせる広々とした公園は、初日の出スポットとしても親しまれている。, 沖縄県本島南部の沖合5kmにある久高島。那覇空港から車で約40分ほどの安座真港から高速船で15分、フェリーで25分。沖縄創生の神アマミキヨが最初に作った島だといわれ、別世界として名高いニライカナイへつながる神の島としても特別な存在感を持つ島です。聖地を巡りながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。眺めるだけでうっとりできる星砂のビーチもあり、溢れる自然に身をゆだねてみては?, 沖縄県糸満市にある観光地「平和祈念公園」。那覇空港から車で約40分。太平洋戦争の沖縄戦最後の激戦地であり、沖縄戦跡国定公園に指定されています。糸満市摩文仁の丘陵を南に望み、南東側にダイナミックで美しい海岸線を眺めることができます。公園内には、平和の礎や平和祈念堂、平和祈念資料館があり、平和への祈りを捧げる場所として特別な存在。毎年6月23日は「慰霊の日」として追悼式の舞台になります。, 約100の人気ブランドなどのショップが立ち並び、モール内ではイベントも開催され、老若男女問わず大人気のアウトレットモール「あしびなー」。車で空港から15分という抜群のアクセスです。空港からは路線バスも出ており便利な沖縄観光地として人気。夏休みのナイトバザールで掘り出し物を探したり、冬のイルミネーションではロマンチックなデートスポットに様変わりと、年中楽しむことができる観光スポット。近隣には美らSUNビーチがあります。.

セカイモン 関税 イギリス 4, Spss 外れ値 箱ひげ図 4, Imagine Dragons Believer 主題歌 5, 麻原彰晃 歌 歌詞 4, ハイキュー 日向 飛ぶ 14, サイレント ヴォイス2 7話 23, Sbs 静岡 アニメ 10, グラブル ランバージャック クエスト 6, 清水区 火災 今日 4,