戯曲 名作 一覧 12

No29 「タイタス・アンドロニカス」 W.シェイクスピア作 男17人 女2人 アンサンブル数名 《紹介戯曲一覧》 <1~2人芝居> No 12 「朝に死す」 清水邦夫作 男 1 人 女1人 <3~4人芝居> No 16 「赤鬼」 野田秀樹作 男3人 女 1 人 No 14 「鋼の雪」 ~彼氏彼女の事情より~ 津田雅美作 女3人 No4  「キレイ~神様と待ち合わせした女~」 松尾スズキ作 男10人 女10人 アンサンブル数名, 4  「キレイ~神様と待ち合わせした女~」 松尾スズキ作 男10人 女10人 アンサンブル数名. 貨幣退蔵 b. 合が悪くなる。思う存分せよという姑を石臼につかまらせるが、そのおならのすごいこと、石臼ごと屋根の上まで吹き飛ばしてしまった。親を屁で飛ばすとは何事かと庄屋は嫁を里にかえそうとするが、途中、梨を取ろうとしていた馬方たちをおなら一発でやりこめると、これは結構なお宝だと思いなおす。村に旅芸人一座を装った盗人たちが押し入り、嫁を人質にしたときもおならで退治してしまう。民話「屁っこき嫁ご」を基にしたミュージカル。. 『から騒ぎ』Much Ado About Nothing(1598-99年) 『お気に召すまま』As You Like It(1599年) 『十二夜』Twelfth Night, or What You Will(1601-02年) Products 商品一覧; 原材料 ... 優れた小説や戯曲を読むべきだ。“名作”と呼ばれる訳、作者の考え、読んだ時に湧き上がる感情、全て掴み取るまで、徹底的に読み込まないと。 One Life, One Thought. No3  「ジンジャーブレッドレディ」 ニール・サイモン作 男3人 女3人 No8  「マシーン日記」 松尾スズキ作 男2人 女2人 本記事では、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア(1564年-1616年)の全戯曲37作品を「喜劇」「歴史劇」「悲劇」「問題劇」「ロマンス劇」に分類して掲載しています。分類の基準は近代批評に従いました。, おすすめの日本語訳と簡単なあらすじも掲載しているため、ぜひ読書の参考にしてみてください。, 2020年現在、シェイクスピアの戯曲全作品の翻訳は坪内逍遥・小田島雄志の二名が達成しています。, 坪内逍遥訳は全戯曲の原文と日本語訳を一冊に収録した大型本が刊行されています。小田島雄志訳は白水Uブックスから紙書籍と電子書籍が手頃な値段で刊行されています。電子書籍リーダー「Kindle」を持っているなら、白水Uブックスがおすすめですね。, 他に、松岡和子がちくま文庫で全訳作業を進めています(2020年6月時点において、32巻まで刊行済み)。, 坪内逍遥訳は明治時代の翻訳であるため、現代の日本語でシェイクスピア全作品を読むつもりなら、小田島雄志訳(白水Uブックス)・松岡和子訳(ちくま文庫)の二択ということになります。, 個人的には、福田恆存訳(新潮文庫)をおすすめしています。福田恆存はシェイクスピアの主要作品を翻訳していて、新潮文庫で14作品を楽しむことができます。新潮文庫で福田恆存訳を読んでから、他の作品は小田島雄志訳(白水Uブックス)あるいは松岡和子訳(ちくま文庫)でカバーするという方法が個人的にはおすすめです。, 全集で揃えることにこだわるなら、松岡和子訳は今後の刊行時期が未定のため、小田島雄志訳(白水Uブックス)が一番無難な選択肢です。本記事では、小田島雄志訳(白水Uブックス)のリンクを掲載しています。, 1623年に出版された最初のシェイクスピア戯曲全集「第一・二つ折本ファースト・フォリオ」では、「喜劇」「歴史劇」「悲劇」の一覧として35作品の名前が挙げられています。「喜劇」は以下の14作品です。, 『終りよければすべてよし』と『尺には尺を』は内容が純粋に喜劇的ではなく問題を含んでいるため、現代批評では「問題劇」に分類されています。また、『冬物語』と『テンペスト』は「ロマンス劇」に分類されています。, シラクサのアンティフォラスは、幼い頃に海で遭難して生き別れになってしまった双子の兄を探すために従者ドローミオと共に旅に出た。偶然立ち寄ったエフェサスの街で、アンティフォラスは別人に間違われる。実は、双子の兄で名前も顔も同じアンティフォラスがエフェサスに暮らしていたのだ。, ヴェローナの紳士ヴァレンタインとプローテュースは大公の娘シルヴィアに恋をする。ところが、プローテュースには愛を誓い合ったジューリアという恋人がいた。ジューリアは男装して、プローテュースを追いかける。4人の男女の恋の結末は如何に。, ペトル―キオは手のつけられないじゃじゃ馬娘のカタリーナに強引に結婚を申し込み、彼女を従順な妻に仕立て上げていく。, ナヴァール王ファーディナンド、貴族ビローン、ロンガヴィル、デュメーンは「三年間、学問に励み、女性に会うべからず」という誓約書に署名をする。ところが、フランスからアキテーヌの領地返還請求のために訪れていたフランス王女と貴婦人の一行に恋に落ちてしまう。, 妖精の森の中、二組の男女ハーミアとライサンダー、ヘレナとディミートリアスが恋に戯れている。ところが、いたずらがだいすきな妖精パックが惚れ薬を間違って使用したために、彼らの恋は思いがけない方向に……。, ヴェニスのバサーニオはポーシアに求婚するために、貿易商アントーニオに頼みユダヤ人のシャイロックから3000ダカットの借金をする。ところがアントーニオの船が嵐に遭い、期限までに借金を返済することができない。シャイロックは抵当としてアントーニオの胸肉1ポンドを要求する。, 太鼓腹の老騎士フォールスタッフは金欠のために、ウィンザーの陽気な女房たちを誘惑して金を巻き上げることにした。ところが、フォード夫人とペイジ夫人はフォールスタッフの計画を察知して、誘惑に落ちたふりをして彼を懲らしめることにした。, ベネディックとベアトリスは顔を合わせるたびに機智合戦の口喧嘩を繰り広げている。ドン・ペドロは策略を巡らし、ベネディックとベアトリスは互いに相手に恋しているために悪態をついているという噂を流した。素直になることができないふたりの恋の運命は如何に。, 弟のフレデリックに地位を奪われた前公爵はアーデンの森で自由に暮らしていた。前公爵の娘ロザリンドは追放され、男装して父の暮らしている森に向かう。ロザリンドを愛しているオーランドーも兄のオリヴァーに命を狙われ、森にやってくる。ロザリンドとオーランドー、シーリアとオリヴァーの恋を描いた喜劇。, 海で遭難して双子の兄セバスチャンと離れてしまったヴァイオラは、男装して、漂着した国の公爵オーシーノーの小姓になる。ヴァイオラはオーシーノーに恋していたが、オーシーノーは伯爵令嬢オリヴィアに恋していた。ところが、オリヴィアは男装したヴァイオラに惚れていた。そこにヴァイオラの双子の兄セバスチャンが登場する。, 第一・二つ折本ファースト・フォリオでは「喜劇」に分類されていた『終りよければすべてよし』『尺には尺を』、および、「悲劇」に分類されていた『トロイラスとクレシダ』は現代では「問題劇」に分類されています。, 医者の娘ヘレナはバートラム伯爵に恋をしている。ヘレナは王様の病気を治療した褒美として、バートラムと結婚することを希望する。ヘレナと結婚することを嫌がるバートラムは「私の指輪を手に入れ、私の子供を産んでみせたら、お前を妻と認める」と手紙を書き残して、イタリアに逃げる。ヘレナはバートラムの提示した難題を遂行することができるのか。, ウィーンの公爵ヴィンセンシオはウィーンを離れ、公爵代理を厳格なアンジェロに一任する。アンジェロは権威を示すために、性道徳を厳しく取り締まる。若い紳士クローディオは愛人ジュリエットを妊娠させたため、死刑を言い渡される。クローディオの妹イザベラは兄の命を救うために奔走する。, トロイア戦争を舞台にトロイラスとクレシダの恋を描いた問題劇。トロイラスとクレシダは永遠の愛を誓っていた。しかし、クレシダはギリシャにいる父親のところに引き渡され、二人は別れる。トロイラスはギリシア軍を訪問した際に、クレシダがダイアミディーズに口説かれている現場を目撃する。トロイラスは復讐を決意する。, 第一・二つ折本ファースト・フォリオでは「喜劇」に分類されていた『冬物語』と『テンペスト』、「悲劇」に分類されていた『シンベリン』、および、第一・二つ折本には含まれていなかった『ペリクリーズ』は、現代では「ロマンス劇」に分類されています。, タイアの領主ペリクリーズはペンタポリスの姫セイーサと結婚する。帰国の途中に船が嵐に遭い、妻は娘マリーナを産み落として息絶える。ところが、海に葬られたセイーサは仮死状態になっていて、エフェソスに漂着して医者セリモンの手で蘇生して生き延びていた。一方、船旅に耐えられないため、ターサスの太守夫妻に預けられたマリーナは後に海賊に誘拐されてしまう。, ブリテン王シンベリンの娘イモジェンは父の意向に逆らって幼馴染のポステュマスと結婚する。王の怒りに触れ、ポステュマスはイタリアに追放される。策士イアーキモは、ポステュマスにイモジェンの貞節を賭けることを提案する。イアーキモに唆され、ポステュマスは嫉妬に駆り立てられる。, シシリア王レオンティーズは妃ハーマイオニがボヘミア王ポリクシニーズと密通しているという妄想に取り憑かれる。ハーマイオニを投獄して、牢屋の中で生まれた娘も捨てさせてしまったレオンティーズは自分のしたことを後悔する。16年後、ボヘミアの海岸に捨てられたレオンティーズの娘パーディタは美しく成長していた。, ミラノの大公プロスペローは魔術の研究に没頭したため、弟に爵位を簒奪され、娘ミランダとともに孤島で12年間暮らしてきた。プロスペローは孤島に住んでいた魔女の息子キャリバンと妖精エアリアルを支配していた。プロスペローは魔術を用いて、仇敵に復讐することを計画する。, 第一・二つ折本ファースト・フォリオでは、以下の10作品が「歴史劇」として挙げられています。, 『ヘンリー六世 第1部』『ヘンリー六世 第2部』『ヘンリー六世 第3部』の三作品を「ヘンリー六世三部作」と呼ぶ。「ヘンリー六世三部作」に『リチャード三世』を加えて、「第一・四部作」と呼ぶ。ランカスター家とヨーク家の権力闘争、薔薇戦争(1455-85年)を中心に内乱期のイングランド社会を描写している。, イングランドの歴史上最悪の君主ジョン王(在位1199-1216年)を主人公にした歴史劇。甥のブルターニュ公アーサーを押さえ、ジョンはイングランド王に即位した。アーサーの母コンスタンスはフランス王に援助を求める。, 『リチャード二世』『ヘンリー四世 第1部』『ヘンリー四世 第2部』『ヘンリー五世』の四作品を「第二・四部作」あるいは「ヘンリアド」と呼ぶ。リチャード二世、ヘンリー四世、ヘンリー五世の波乱万丈の生涯を描いている。, イングランド王ヘンリー八世の生涯を描いた歴史劇。ヘンリー八世はウルジー卿を完全に信頼していた。ウルジ―卿は王の名を用いて国民に重税を課し、反対勢力の貴族は反逆罪で処刑していた。王妃キャサリンはヘンリー八世に重税を取り消すように懇願するが、ウルジ―卿は策略を用いて悪事をごまかすことにした。, 第一・二つ折本ファースト・フォリオでは、以下の12作品が「悲劇」として挙げられています。, 現代では「問題劇」に分類されている『トロイラスとクレシダ』は、全集の「悲劇」の前の微妙な箇所に位置していて、「悲劇」に分類されていたと断言はできません。また、現代では、『シンベリン』は「ロマンス劇」に分類されています。, 『ハムレット』『マクベス』『オセロー』『リア王』は四大悲劇として特に有名であり、作品の完成度が高いため、優先的に読んでおきたいところです。, ローマの将軍タイタス・アンドロニカスはゴート族征伐から凱旋した。ゴート族の女王タモーラ、タモーラの愛人アーロンはアンドロニカス一族に復讐するため、凄惨な策略を企てる。, 14世紀、イタリアの都市ヴェローナでは、教皇派と皇帝派が熾烈な争いを繰り広げていた。皇帝派のモンタギュー家の息子ロミオと教皇派のキャピュレット家の娘ジュリエットの許されざる恋の物語。, マーカス・ブルータスはローマの独裁官ジュリアス・シーザー(ガイウス・ユリウス・カエサル)を暗殺する。しかし、アントニーは民衆を誘導して、ブルータスを弾劾する。シーザー暗殺、および、シーザー暗殺後の権力闘争を描いた政治劇。, デンマークの王子ハムレットは父王の亡霊から、叔父のクローディアスが王を毒殺したという事実を告げられ、復讐を誓う。ハムレットは狂気を装い、復讐の機会を窺うことにした。シェイクスピア悲劇の最高傑作。, ムーア人の勇敢な将軍オセローはサイプラス島の行政を任される。副官に任命されなかったことに不満を抱いているイアーゴ―は、副官キャシオーがオセローの妻デズデモーナと密通していると虚偽の報告をする。嫉妬に駆り立てられたオセローは狂気的な疑心暗鬼に陥る。, ブリテンの老王リアは退位を決意して、三人の娘に領土を分配することにした。長女ゴネリルと次女リーガンは甘言を弄して父を喜ばせたが、末娘コーディーリアは率直な言葉を用いたために、リアは激怒し、コーディーリアは勘当される。退位後、ゴネリルとリーガンは父親を裏切り、リアは荒野をさまようことになって、次第に狂気に取り憑かれていく。, スコットランドの武将マクベスは荒野で三人の魔女に出会う。魔女は奇妙な予言を与えて、マクベスの野心は燃え上がる。マクベスは王ダンカンを暗殺して王位簒奪に成功する。しかし、即位後、マクベスは権力を奪われることを恐れて、次々と暗殺を繰り返す。, シーザー暗殺後、アントニー、オクテイヴィアス・シーザー、レピダスは三頭政治体制でローマ帝国を統治していた。アントニーはエジプトのアレクサンドリアで女王クレオパトラと恋に落ちる。クレオパトラの妖艶な美に溺れるアントニーの元から仲間たちは離れていく。, 護民官シシニアス・ヴェリュータス、ジューニアス・ブルータスは、ヴォルサイ人征討の英雄ケーアス・マーシャス・コリオレーナスをローマから追放する。コリオレーナスは、復讐のために、宿敵タラス・オーフォディアスと手を組み、ローマに進軍を開始する。, アテネの貴族タイモンは大盤振る舞いで客をもてなし、贈り物を届ける。過度な浪費が繰り返され、タイモンの財産は尽き、タイモンは友人たちに借金を申し込む。しかし、薄情な友人たちはタイモンに金を貸すことを拒否する。人間に絶望したタイモンは洞窟に隠れ、世界を呪う。, 白水Uブックスの「シェイクスピア全集」はKindle版でも刊行されているため、Kindleユーザーにはおすすめのシリーズです。, 古典的名著は出版社が積極的に電子書籍の刊行を進めています。今後も電子書籍のタイトルはどんどん追加されていき、おそらく紙書籍と電子書籍の二刀流が読書家のスタンダードになっていくことでしょう。, まだ電子書籍リーダーを持っていない方は、Amazonが販売している電子書籍リーダー「Kindle」シリーズがおすすめです。持ち運びに便利なだけではなく読書のモチベーションアップに効果があり、読書量が爆発的に伸びますよ。詳細は下記の記事で解説しています。, Kindleを持っている方はAmazonの会員制プログラム「Amazon Prime」に含まれる「Prime Reading」、または「Kindle Unlimited」を活用して対象タイトルの電子書籍を無制限で楽しむことができます。「Amazon Prime」と「Kindle Unlimited」の詳細は下記の記事で解説しています。, 早稲田大学第一文学部卒業。Amazon PrimeとKindleで完全武装した読書家。毎日の読書記録、読書案内、情報検索術等々、読書家に役立つ情報を発信しています。いわゆる「純文学」を主に取り扱っています。, Amazonの電子書籍リーダーKindleとは? あなたにおすすめのモデルはこちら!. 作品名 副題 : 文字遣い種別: 著者名 : 著者基本名 : 翻訳者名等 : 1: 紀伊国狐憑漆掻語: 新字新仮名: 谷崎 潤一郎 2 No12 「朝に死す」 清水邦夫作 男1人 女1人 作品名 副題 : 文字遣い種別: 著者名 : 著者基本名 : 翻訳者名等 : 51: 戯曲集『鴉』の印象: 新字旧仮名: 岸田 国士 52 No31 「リア王」 W.シェイクスピア作 男12人 女3人 文学最高峰の呼び声高いフランス文学には、世界中で愛されている名作小説が数多く揃っています。恋愛小説や児童文学の名作など、映画化された作品も各ジャンルにあります。ここでは、そんなフランス文学からおすすめの作品を選び方と共に人気ランキング15選で紹介していきます。, 日本文学にも大きな影響を与えており、文学の最高峰とも言われ多くの読書家に愛されているフランス文学。恋愛文学や幻想文学、大衆文学などジャンルも幅広く、年代ごとに様々な表現方法とメッセージを持った完成度の高い作品が生まれています。, ここでは、長い歴史の中で生み出されてきた数あるフランス文学の中からおすすめの作品を人気ランキング15選で紹介します。また、フランス文学初心者の方に知っておいた欲しい選び方のポイントも形式、ページ数などを基準に説明しているのでぜひチェックしてみて下さい。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51sRIWAT0XL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fb9bf5f80137b346e92dc26435bbf0d56%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fb9bf5f80137b346e92dc26435bbf0d56%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4003751094?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4003751094"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0016460287.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, こちらはマルセル・プルーストが半生をかけて執筆した長編小説で、全7篇で9冊が発売されています。内容はフランス語の原文で3000ページ以上、和訳では400時詰め原稿用紙10000枚におよぶ大作になっています。, 複雑な人間模様や恋愛心理、芸術をめぐる思想など難解で重厚なテーマが描かれており、20世紀を代表する作品として今なお多くの読書家に愛されています。また、多くの有名作家にも影響を与えたと言われていて、時間はかかりますが一度は読んでおく価値があります。, [{"key":"著者","value":"マルセル・プルースト"},{"key":"ジャンル","value":"大衆小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], プルーストのこの作品だけは絶対に読んでおくべき。翻訳を読んでから原書に取り組むとイイです。ただし二年はかかるけれど、、, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51V2136GP5L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1607380%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1607380%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102122028?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102122028"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerothree%2F1g4102122028v2.html"}], こちらはテグジュペリが自身の15年間の飛行士経験を基に書いたエッセイ集で、極限状態での僚友との友情や人間らしい生き方とは何かがテーマになっています。アカデミー・フランセーズ小説大賞も受賞した名作であり、物事の本質について考えさせられる深い一冊です。, また、本作では項目ごとにテグジュペリの知見、発見から得られた見解が分かりやすくまとめられていて、物語で綴られる生死に関わる体験からは冒険譚に近い歴史とロマンが感じられます。そして、一つひとつの言葉が心に残り生きていくうえで大切なことを学べます。, [{"key":"著者","value":"アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ"},{"key":"ジャンル","value":"大衆小説"},{"key":"形式","value":"エッセイ集"}], 個人的には、当時「冒険的職業」だった「飛行気乗り」を広く社会に紹介し、敵国のパイロットにも好んで読まれたとされる本書のやや観念的で読みづらくも、不思議な迫力に満ちた表現、例えば”ぼくを悩ますのは、その凸でも凹でもない、醜さでもない。言おうなら、それは、これらの人々の各自の中にある虐殺されたモーツァルトだ。”などが印象的で、しかし、挿絵の影響もあって何とも憎めない善悪キャラの入り乱れるジブリアニメ的に脳内再生された。古きよきヒコーキ野郎の気分を追体験したい誰か。また紅の豚が好きな誰かにオススメ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41AAgKgjBUL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13234951%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13234951%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102085025?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102085025"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fneowing%2Fneobk-1796686.html"}], 19世紀のフランス文学を代表する作品として挙げられることの多い恋愛小説です。田舎での結婚生活に倦怠した女性エマの人生が描かれていて、華やかな生活に憧れていた女性が不倫や借金などで追い詰められた果てに服毒自殺に至るというドロドロな展開が特徴です。, 平和な生活の中での退屈さと青春時代に思い描いていた理想との乖離、そして現実とのギャップに苦しんでいく姿は多くの読者に共感しやすい内容だと言えます。遂行を重ね5年かけて完成された作品ということもあり、一度読めば名作と評される理由に納得できるでしょう。, [{"key":"著者","value":"ギュスターヴ・フローベール"},{"key":"ジャンル","value":"恋愛小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], 個人的には連載中に本書が裁判沙汰になった時に著者が発言したとされる【ポヴァリー夫人は私だ!】に俺がガ◯ンダムだ!的まさかのOO!と呟きつつ、終始エンマの視線によって非好意的に描写され続ける夫のシャルルが可哀想で仕方なかった。古き良き【昼ドラどろどろ展開】が好きな誰か、自由間接話法への著者と訳者のこだわりを知りたい誰かにオススメ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51oKpqNLUQL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4290636%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4290636%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334751229?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334751229"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015527630.html"}], こちらはジャン・コクトーの代表作の一つであり、アヘン中毒により入院していた彼がわずか3週間で書き上げたというエピソードも有名です。物語ではエリザベートとポールという姉弟の生活に焦点が当てられていて、思わぬ形で平和な日々が崩れていく様を描いています。, 姉弟の暮らしに現れた美少年ダルジュロスとアガートという1人の少女、10代の少年少女たちによる愛憎模様と悲劇とも言える衝撃なラストが強く印象に残ります。また、262ページとは思えない深い内容が読了後に何とも言えない余韻を感じさせます。, [{"key":"著者","value":"ジャン・コクトー"},{"key":"ジャンル","value":"幻想小説"},{"key":"形式","value":"中編小説"}], 一言で表すなら、雲のような小説です。全体的にふわふわしている。論理が飛んでいく。論理に乗ったと思ったらいつの間にか振り落とされている。最後は、雲の中から雷が落ちてきます。そんな小説です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41TT42TTVJL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F43a849f9f4853298a86b6cffb82323cc%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F43a849f9f4853298a86b6cffb82323cc%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102045031?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102045031"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015583302.html"}], こちらはノーベル文学賞を受賞したフランスを代表する作家アンドレ・ジッドによる恋愛小説です。ジッド自身が厳格なプロテスタントということもあり、物語の主人公であるジェロームもプロテスタントの家庭で育った設定になっています。, ジェロームと従姉のアリサは両思いで周囲の人達からも応援してもらうほど良い関係でした。しかし、アリサの神への信仰の深さと現世での幸福に対する考え方が2人の関係を変えていき、ジェロームへの愛との間で悩みながら悲しい結末を迎えてしまうのでした…。, [{"key":"著者","value":"アンドレ・ジッド"},{"key":"ジャンル","value":"恋愛小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], 人によって本の読み方は様々だが、僕としては最高の恋愛小説なのではないかと思っている。救われたいがこの世では救われぬという思いから、恋人との愛を成就することのできずに死んでしまう、ヒロイン。そして、そんな彼女を失ってしまった主人公の喪失感。聖書を引用している部分があるが、それがすべてを表しているように思う。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41E1PD-oz3L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5939188%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5939188%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102118284?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102118284"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0016094365.html"}], こちらはフランソワーズ・サガンが18歳の時に書いた処女作となる青春小説で、文庫分では約200ページの長さになっています。しかし、読み手を惹きつける文章力と情景をイメージしやすい表現方法が優れていて、22カ国で翻訳されベストセラーにもなりました。, 1957年に同タイトルで公開された実写映画で話題となり、日本でも1067年にテレビドラマが制作されています。物語で描かれている17歳の少女の心の揺らぎや愛に対する心理がとてもリアルで、若い世代ほど共感できる複雑で繊細な内容が印象的です。, [{"key":"著者","value":"フランソワーズ・サガン"},{"key":"ジャンル","value":"青春小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], サガンの作品はこれが初めてです。外国文学は原文を読む程の英語力は大半の方が無いので、訳の出来次第で評価が分かれてしまいますが、この本はとても自然で読みやすく、非常に味わいがある日本語で構成されています。内容も思春期の少女が持つ複雑な心理の揺れ動きが描写されており、素晴らしい文学作品となっています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61d7B7Ti-tL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11911768%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11911768%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041005744?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041005744"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0016941875.html"}], ミュージカルが人気で広く知られている作品ですが、日本では原作小説が難解で読了するのが大変な作品としても有名です。こちらは原作を上下巻で分かりやすくまとめたダイジェスト版のようなもので、初めて「レ・ミゼラブル」に触れる人におすすめです。, 些細なきっかけから19年間もの監獄生活を送ることになったジャンの生涯を描いた作品で、更生した彼が実業家として成長し市長を務めるまでにのし上がっていくストーリーが描かれています。また、フランスの歴史を事件を背景にした大河ロマンとしての一面もあります。, [{"key":"著者","value":"ヴィクトル・ユーゴー"},{"key":"ジャンル","value":"大河小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], 文章が平易でとても読みやすく、内容が自然に頭に入ってきてとても理解しやすい。地名や人名はしょうがないが、まわりくどい言い回しや表現方法が原文の直訳に近いのかもしれないが、それを避けてくれているので、物語の流れを追っていける。そのために、過去のエピソードも忘れずに思い出せる。ミュージカルや映像からレ・ミゼラブルに出会った人は、文庫本4~5冊の翻訳はキツいだろう。まずこの上下本を読んで、それから他にチャレンジしても遅くはない。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/513BK0MCJJL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1762374%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1762374%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102005056?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102005056"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerothree%2Ffo4102005056ht.html"}], 1918年のパリの社交界を舞台に、子煩悩なゴリオ爺さんと上流階級への成り上がりを目指す3人の青年たちの姿を描いた作品です、バルザックの特徴である写実主義な表現方法が強く表れていて、描写の細かさや深い人間模様など完成されたストーリー構成で読ませます。, 革命後の混沌としたフランスの時代背景を知っているとなお理解しやすく、難解な表現もありますが最後まで面白く読めます。ゴリオ爺さんを中心に悲しくも明るくなれる物語が展開されていき、どの人物にも感情移入できるので満足感も高いです。, [{"key":"著者","value":"オレノ・ド・バルザック"},{"key":"ジャンル","value":"大衆小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], バルザックを読むならまずこの本からと言える一冊です。パリの社交界に生きる娘の金策のために自己犠牲を強いられる父親とその経験を踏まえ世間と闘い始める一青年の話ですが、なかなか面白い作品でした。翻訳のレベルが低く欠陥品であると書かれたレビューがありますが全くそういうことはありません。最初の部分での情景描写が長いのはバルザックの特徴で訳者のせいではありません。じっくり読めば後の話の展開がよくわかります。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51NOAtCg-DL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1618654%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1618654%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102114017?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102114017"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerotwo%2Fzw410211401778.html"}], 人間社会の不条理について書かれているアルベール・カミュの代表作です。彼がノーベル文学賞を受賞したことにも影響しているとされていて、何度読んでも深く考えさせられる構成と展開が印象的です。, また、この作品が不条理なのか冷めているだけなのかは読む人によって違うとも言われていて、人の持つ正しさや常識に対する意識をどう捉えるかで感じ方が変わってきます。現代に通ずる部分も多いですし、共感し胸に残る感情や満足感も大きいです。, [{"key":"著者","value":"アルベール・カミュ"},{"key":"ジャンル","value":"不条理小説、実存小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], 20世紀の名作というと必ず上位に名前が挙がる作品なので、いつか読みたいと何年もの間思いつつも、実際手に取ることはなかった本です。タイトルから勝手に「外国人」であることから感じる疎外感を扱った本かと思っていました。でも、疎外感(いうよりは感じ方のズレ?)は何も国籍とか、文化とか、そういった違いからのみ生まれるわけではない。たとえすぐ近くにいる人でも、人はひとりひとり異なる感じ方をする生き物なのだから。とても薄い本なので、読み始めたらあっという間でした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51AMcbWwhsL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1746912%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1746912%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102094024?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102094024"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fwindybooks%2Fs-9784102094020.html"}], ラディゲが16歳から18歳の若い時期に執筆した作品であり、第一次世界大戦下のフランスを背景に物語が描かれています。15歳の少年と出征中の夫を持つ人妻女性との恋愛悲劇がテーマになっていて、大人と子供の中間にあたる年齢故の心理描写が上手く表現されています。, 男性目線の恋愛心理を描いた作品としてはとても評価が高く、10代で書いたとは思えないリアルさと完成度に読んでいて驚かされます。タイトルや表紙を見て読むことを避けている人にはぜひ一度手に取って欲しい作品でもあります。, [{"key":"著者","value":"レイモン・ラディケ"},{"key":"ジャンル","value":"恋愛小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], 20歳で早逝した天才小説家ラディゲが10代で書いたという作品。ここまでリアルに、そして冷徹に男性の恋愛心理を描いた小説はいままでに読んだことがない。10代の若者が描く恋愛小説なんて、「恋に恋する」レベルで、読んでいる方が恥ずかしくなって、正直読む気にもなれないと思っていたが、長年読み継がれる傑作とのことで、試しに読んだら驚いた。男性の、女性に対する残酷さと純粋さの両方を痛いほど克明に描いている。まさに恋愛小説の金字塔といえる傑作!!, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51QAZVWJX6L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F3592077%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F3592077%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102009019?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102009019"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015583015.html"}], 著者が1848年に体験した事実に基づいて書かれた恋愛小説です。舞台やオペラでも有名な作品で、青年と高級娼婦の恋をテーマに嫉妬や純愛といった感情が上手く描かれています。また、しっかりと感動できる要素があり感情移入もできるため読みやすいです。, お互い愛し合っているにも関わらず、身分の違いや金銭的な問題ですれ違っていく切ない展開が印象的で、ラストのシーンではあまりの切なさに胸が締め付けられる思いでいっぱいになります。無償の愛を綴った泣ける恋愛小説としておすすめできます。, [{"key":"著者","value":"アレクサンドル・デュマ・フィス"},{"key":"ジャンル","value":"恋愛小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], 無性に泣きたい方に是非ともお勧めです。アルマンに惹かれて変わっていくマルグリッド、そんな健気な彼女に世間は残酷すぎました。ラストのマルグリッドの独白では胸を締め付けられるような、胸を掻き毟るような、切ない感情が溢れました。じんわり涙がこぼれて何時までも心に焼き付いて離れない、まさに名作だと思います。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51X8Q2PJ45L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5264026%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5264026%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4003253310?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4003253310"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0012698521.html"}], 日本では「巌窟王」のタイトルで知られるアレクサンドル・デュマ・ペールの傑作小説です。主人公エドモン・ダンテスの復讐劇を描いた作品で、世界的に人気が高く映画やドラマ、また近年では人気ゲームにも登場するなどしています。, 19世紀初頭のフランスを舞台に、フランス革命など歴史を背景に物語が展開されていきます。長編小説ではありますが、エドモン・ダンテスが牢獄から抜け出し一人ひとり復讐を果たしていく姿はとても爽快で何度も読み返したくなります。, [{"key":"著者","value":"アレクサンドル・デュマ・ペール"},{"key":"ジャンル","value":"大衆小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], 流石の名作です。ストーリーは面白く、読ませます(最初は少しダルイですが)人物・心理描写も素晴らしい。読後、人生とは、生きる意味とは何か、考えさせられ、感じるものが多いです。巻数多く、読むのに大変と思われるかも知れませんが、思うよりもすっと読めます。未読の方には非常にお勧めします。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51dslzF%2Bk0L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F7b606b35660a3ccf8c3908981093d8e1%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F7b606b35660a3ccf8c3908981093d8e1%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102008039?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102008039"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerotwo%2Fzw410200803978.html"}], 数ある恋愛小説の中でも「赤と黒」は特に評価が高く名前の挙がることの多い作品です。物語にはフランスで実際に起きた事件が題材にされており、主人公の青年ジュリアンの人生が2人の女性との出会いによって大きく狂っていく悲劇的な様を描いています。, 設定や展開、ラストの終わり方まですべてが素晴らしく、世界の十大小説の一つに取り上げられるほど不朽の名作として知られています。映画化や舞台化も何度もされていて、学校の推薦図書になるほど内容の濃い作品でもあります。, [{"key":"著者","value":"スタンダール"},{"key":"ジャンル","value":"恋愛小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], 恋愛小説としても面白い。ジュリヤン、レーナル、マチルダ、等、屈折、高貴、清楚、様々な性格の人間描写を自分と照らし合わせてしまう小説で、古典は人間の内面に猛省をもたらすという事が言われていますが、自分にとって反省をさせていただいた小説でした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61yyIzmEtEL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-448851703x%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-448851703x%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/448851703X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=448851703X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerotwo%2Fzo448851703xvr.html"}], 1873年に出版されたジュール・ヴェルヌの代表作であり、日本では最も面白いフランス小説として紹介されることも多い作品です。登場人物がとても魅力的で、ハラハラドキドキな冒険譚に心を大きく刺激されます。, 映画や舞台も面白く評価が高いですが、小説には一度読み始めたら最後まで手が止まらない面白さがありおすすめです。純粋な冒険がテーマになっているので子供にも読みやすいですし、予定調和な展開も愛せるほど上手く気分を乗せてくれる作品です。, [{"key":"著者","value":"ジュール=ヴェルヌ"},{"key":"ジャンル","value":"冒険小説"},{"key":"形式","value":"長編小説"}], もともとが古く、海外の本なので映画のテーマ曲が好きで前から一度読んでみようと思ってました。スピード感あふれる現代の作品からするととてものんびり(?)した流れです。しかしスマホもパソコンもない時代に(当たり前です)どんな逆境にぶち当たっても冷静沈着に成し遂げるフォッグ氏の姿勢はとてもかっこよく、かくありたしと思いながら読み終えました。今はこんな旅行はとても出来ないけどお金と時間があれば・・・, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41cE-Mu4Y-L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F3999934%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F3999934%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102122044?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102122044"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015492094.html 画像URL:https://item-"}], 世界的に有名な童話であり、読む年齢や回数ごとに新鮮な発見のある名作小説です。フランス小説の中でも抜群の知名度があり、テレビでも取り上げられることの多い作品です。1943年に発売されて以降多くの人に読まれており、世代や性別に関係なくおすすめできます。, また、子供も大人も楽しめて学ぶの多い作品であるため親子で一緒に読むのにも向いています。家庭に一冊あっても損はないので、迷っているならぜひ一度読んでみて下さい。そして、何度も繰り返し読むことでこの作品の本当の価値に気づけます。, [{"key":"著者","value":"アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ"},{"key":"ジャンル","value":"児童小説"},{"key":"形式","value":"童話"}], この本の題名からは想像もできないことが抽象的な表現で書かれています。人間が生きる上で重要なこと、そして大切にしなければいけないことが王子様を通じて表現されています。今の社会では難しいことですが、今の自分(十分な中年)が読んでそうかもしれないということがいくつも書かれています。私が中学生の時にこの本を読んでも到底理解できなかったと思います。, フランス文学の選び方にはいくつかのポイントがあります。初心者向けから上級者向けのまで作品数は多いですが、自分に合った作品を見つけるためにもチェックしておきましょう。, フランス文学には代表的な3つのジャンルがあることで知られています。まずは、各ジャンルの特徴についてランキングでも紹介した作品を交え紹介していきます。, 古くからフランスは恋愛主義の国として知られ、フランス文学と言えば恋愛小説と言われるほどです。また、フランス文学で描かれる恋愛は登場人物の心理描写を緻密に描いており、ただのロマンスではなく人の感情の揺らぎに重点が置かれています。, そのため、恋愛の中での人間性を強く感じることができ読了後の満足感も高い作品が多いです。ランキングにある作品では、13位の「ボヴァリー夫人」や11位の「狭き門」、5位の「椿姫」や3位の「赤と黒」が有名です。, フランス文学では物事の合理性が追求されている作品が多いですが、これに対する文学として生まれたのが現実では起こり得ない出来事をテーマにした幻想文学です。19世紀初頭から人気の出てきたジャンルで、物語では幽霊や悪魔とった怪奇的なものを扱っています。, 今回のランキングでは紹介していませんが、ヴィリエ・ド・リラダンの「未来のイブ」やアンドレ・ブルトンの「ナジャ」などが有名で、作品数が多くどれも読みごたえがあるので、幻想文学に触れたことがない方はぜひ一度チェックしてみて下さい。, 恋愛物語で有名なフランス小説ですが、エンターテイメント性の強い大衆向け小説も古くから人気を得ているジャンルです。こちらも幻想文学と同じく19世紀ごろから有名になったもので、難解な表現が多くとっつきにくかったフランス文学の印象を大きく変えました。, 大衆小説はメディア化されている作品が多く、アレクサンドル・デュマ・ペールの「三銃士」は特に面白く有名です。また、ランキングでは9位の「レ・ミゼラブル」も代表的な作品として知られています。, 上記3つの代表的なジャンルとは違いますが、フランス文学では児童小説も面白く日本でも人気があります。日本ではドラマが有名なエクトール・アンリ・マロの「家なき子」、フランスで50年以上愛され続けている人気絵本シリーズ「プチ・ニコラ」などが有名です。, 児童小説とは言え内容には人間の緻密な心理描写を描いている作品も多く、特に有名で代表的なのは今回のランキングで1位に紹介した「星の王子さま」です。こちらは大人が楽しめる児童小説としてテレビなどでも度々紹介されています。, ジャンルも大切ですが、作品を楽しむためには自分が読める文字量などを考えて選ぶようにもしましょう。次は、フランス文学の作品形式について解説していきます。, フランス文学の緻密に作りこまれた物語をじっくりと体験したいという方には長編小説がおすすめです。長編小説の魅力は、人物の繊細な感情や揺らぎ、複雑な人間関係など、一つひとつのセリフや展開に意味を感じながら読み進められることでもあります。, ランキングにある作品では、15位の「失われた時を求めて」や8位の「ゴリオ爺さん」、4位の「モンテ・クリスト伯」が有名です。また、大衆小説として知られる「レ・ミゼラブル」も長編小説の名作として名前が挙がります。, 文字量の多い作品が苦手な方やまとまった時間を確保しにくいという方には、長編小説よりも手軽で短い時間で読める短編小説がおすすめです。長編小説に比べボリュームは少ないですが、内容が薄いというわけではありませんし名作も揃っています。, フランス文学の短編小説ではギ・ド・モーパッサンの「脂肪の塊」や「女の一生」、ギヨーム・アポリネールの「ミラボー橋」が有名で、ランキング7位の「異邦人」も長編小説ですが内容は143ページと少なくおすすめです。, 戯曲とは演劇に使われる台本のことを言い、小説でも台本形式で物語が描かれています。本来、戯曲は舞台で演じることを目的に書かれるものですが、フランス文学では一つの小説としてしっかりと完成されているので演劇好きには特におすすめです。, また、セリフメインで構成されているため登場人物の魅力が強くなっていて、シーンごとの言動がしっかりと伝わってきます。代表的な作品にはモリエールの「ドン・ジュアン」やエドモン・ヴジェーヌ・アレクシ・ロスタンの「シラノ・ド・ベルジュラック」があります。, お好みのフランス人作家はいらっしゃいますか?小説を選ぶ際は作家で選定することもおすすめです。まずは評価の高い作家から、知っている作家から、読んだことある作家の別作品から…など気軽に選んでみましょう!, 昨年、菅田将暉さん主演で日本でも上演した舞台『カリギュラ』でカミュを知った方もいるのではないでしょうか?, アルベール・カミュは1913年〜1960年のフランス人小説家・劇作家・哲学者です。第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目され、戦後はレジスタンスにおける戦闘的なジャーナリストとして活躍しました。, また先述した『カリギュラ』や『誤解』などで劇作家としても活動。小説『転落』発表の翌年、1957年に史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞したことでも有名です。, 昨年日本で連続ドラマになっていた『モンテ・クリスト伯』を著したのがこのデュマです。, アレクサンドル・デュマは1802年〜1870年のフランス人小説家。『椿姫』を著した息子と同名であったため、区別するために「父」を意味するpèreを付して「大デュマ」とも呼ばれています。, 多作家として知られ、生涯で257作品に及ぶ小説と25の戯曲を執筆したことでも有名です。デュマは膨大な作品を残しましたが、代表作としては、『モンテ・クリスト伯』のほか、『三銃士』『黒いチューリップ』などが挙げられます。, サン=テグジュペリは1900年〜1944年のフランス人作家、操縦士。郵便輸送のためのパイロットとして、欧州-南米間の飛行航路開拓などにも携わったことで有名です。, 彼の作品で最も有名なのは間違いなく『星の王子様』でしょう。子供の頃に読んでよくわからなかったけれど、大人になって読み返して新しい発見があった!という方も多いのこの小説。2015年の時点で初版以来200以上の国と地域の言葉に翻訳され、世界中で総販売部数1億5千万冊を超えているロングベストセラーです。, そのほかにもパイロット勤めの傍ら執筆した『南方郵便機』、『夜間飛行』、『人間の土地』など、自身の体験を元にした作品でその名を知られています。, フランソワーズ・サガンは1935年〜2004年のフランス人小説家、脚本家。18歳の時に出版されたデビュー作、『悲しみよこんにちは』が発売と同時に各国でベストセラーになり若くして一躍有名になりました。, 彼女はその波乱万丈な人生でも知られています。早すぎた栄誉と富によってスキャンダルだらけの毎日を送ることになります。彼女の人生は2008年、『サガン‐悲しみよこんにちは‐』というタイトルで映画化されました。, そのほかにも、『ある微笑』『一年ののち』『ブラームスはお好き』『すばらしい雲』など多数の作品があります。, フランス文学が好きな方はフランス映画にもなじみが深いのではないでしょうか?映画が発明されたのがフランスということもあり、フランス映画には多数の名作がありますよね。映画の創世記からフランスの映画技術は世界一と言われていました。, フランス映画と言えば、フランス自体が愛の国とも言われているだけに、愛を描いた作品が多いのが特徴です。情熱的な愛から、少し悲しい愛まで日本の恋愛映画とは一味違った恋愛映画を見てみたいという方は是非、フランス映画を見てみてください。, また、フランス映画は芸術的な面に優れた作品も多いです。ストーリーのただの一部であるちょっとした風景や、出演者の服装などを見ても芸術的な雰囲気を醸し出しています。小説では味わえない視覚芸術、ぜひ映画で味わってみてください!, フランス文学の中には多くの戯曲も含まれています。舞台化、映画化されているものも多く日本で上演されているものもあります。有名なものではアレクサンドル・デュマ・フィスの『椿姫』、ボーマルシェの『フィガロの結婚』。これらはオペラで知られていますよね。, ほかには、サミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』、モリエールの『ドン・ジュアン』、アルベール・カミュの『カリギュラ』、オスカー・ワイルドの『サロメ』、エドモン・ロスタンの『シラノ・ド・ベルジュラック』、ボーマルシェの『セビリアの理髪師』など。, こうしてみると有名作品にフランスの戯曲は多いですね。気になる作品があった方はぜひ劇場や戯曲で触れてみてくださいね!, フランス文学は作品数がとても多いため人気作品も読む人によって当然違います。しかし、多くの人から傑作と高く評価されている作品は限られているので、これから読んでみようと考えいる方はぜひ今回のランキングと選び方を参考にしてみて下さい。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年02月14日)やレビューをもとに作成しております。.

主戦場 映画 配信 7, とび 森 サンリオ 夢番地 16, 米原市 学校 コロナ 8, 男はつらいよ ロケ地 千葉 17, お嬢様 をお願い Ost 11, 中園ミホ 占い 口コミ 11, 犬 お祈りポーズ 意味 7, ヒキコモリロリン 歌詞 カタカナ 7, The Idolm@ster Sidem 2nd Anniversary Solo Collection 7, スターウォーズ Ep9 なんj 5, お話 を お伺い できれば 幸いです 14, Qoo10 Event 領収書 4, 声優 ファン 気持ち悪い 41, オープンレック 収益 いくら 10, スイフトスポーツ マイナーチェンジ 変更点 10, 朝倉未来 Youtube エンディング曲 4, 少女時代 日本人 メンバー 5, 田上遼平 進路 慶應 22, シーサイド コミュニケーションズ 年収 4, 風水 カーテン 西 8, 踊り明かそう 英語 の 読み方 7, 持ち込み パーツ 取り付け 練馬 6, セキセイインコ そのう 膨らむ 4, モラハラ 職場 2ch 6, 坂道のアポロン 楽譜 文化祭 7, 金サワ 489系 編成表 8, ぽすれん 返却 遅い 4, バレエ パドドゥ 胸 8, ゲド戦記 アレン受け 小説 8, 古河電工 株価 なぜ 高い 8,