マリーナ オズワルド 娘 10

今年10月、アメリカでジョン・F・ケネディ暗殺事件に関する機密文書が公開され、ニュースになったのは記憶に新しい。情報解禁の瞬間に立ち会うためアメリカへ!機密文書には一体何が書かれているのか?公開された約3000ファイルの全てを大調査! 娘が誕生した後、アメリカに行くようマリーナを説得した。 1962年夏、オズワルドは妻子を連れて帰国し、テキサス州ダラスで生活を始めた。 それから半年も経たぬ1963年11月22日、ケネディ大統領はダラスで銃撃を受け、死亡した。 Lee) との別名も使用していた。ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。逮捕直後にジャック・ルビーによって暗殺される。, ニューオーリンズで生まれ育つ[1][2]。父親はオズワルドが生まれる前に死亡しており、おじのチャールズ・マレット(ダッツという異名があった)に幼児期から思春期の生活を見てもらっていた。マレットはカルロス・マルセロの組織の人間でもあった。兄弟とともに母親に育てられ、成績は平均的。年少期はスパイドラマが好きだった。登校拒否の経験がある。兄ロバートが海兵隊に入隊した時、オズワルドは民間航空パトロール(en:Civil Air Patrol, CAP)に参加していた。この頃からロシアの新聞を購読し始める。, 17歳で海兵隊に入隊したオズワルドは、公務の一環としてロシア語を専門的に勉強した。1957年から翌1958年、日本の厚木基地(海軍厚木航空施設)に勤務し、航空管制官を務めた。その頃の月給は85ドル以下だったという。軍病院によると性感染症を「職務の一環」で患っていた。この頃、同僚殺害の容疑を掛けられたことがあるほか、銃の不法所持および発射の罪状で軍法会議において有罪判決を受けている。後述するソビエト連邦への亡命時、厚木基地勤務時代に得たロッキードU2偵察機の機密情報をソ連当局に提供し、この情報が元で1960年5月1日にソビエト上空で偵察飛行を行っていた同型機が撃墜されたのではないかといわれている(U-2撃墜事件)。, アメリカ海兵隊には特級射手 (expert) 、一級射手 (sharpshooter) 、二級射手 (marksman) の資格が存在する。オズワルドは海兵隊在籍中の1956年12月に、一級射手の資格に必要な得点を辛うじて上回った[3]。しかしながら、1959年5月には、二級射手の資格に必要な得点は何とかクリアしたが、一級射手の資格に必要な得点には程遠い成績であった[3]。そのため、オズワルドがライフルで、彼が証言した位置から移動するケネディを正確に素早く狙撃したという説に対し、一部の懐疑論者は疑問を呈している。, ケネディの狙撃時、オズワルドは自前のマンリッヒャー=カルカノのライフル(英語版)(イタリア製「カルカノM1938」のバリエーションであるライフル銃)に、通販で同時購入した4x18倍率の日本製スコープ[注釈 1]を使用したとされている。この銃では、狙撃のエキスパートによる実験では成功例もあるが、オズワルドにそれが可能であったかどうかは判定できない。, 厚木基地勤務時代にロシア語を学んでいたオズワルドは、除隊後の1959年、ソビエト連邦に旅行し、そのまま亡命した。アメリカのスパイとして疑われ、追放されることを避けるために自殺を試みたという。その後ソ連当局はオズワルドにミンスクでの生活を許可した。彼はテレビ工場で働き、ソ連人女性マリーナ(旧名はマリーナ・ニコラーイェフナ・プルサコワ)と結婚した[注釈 2]。マリーナとの間にジューン・リー・オズワルド(1962年2月15日生まれ)とオードリー・マリーナ・レイチェル・オズワルド(1963年10月20日生まれ)の2人の娘がいる。, ソ連時代のオズワルドは自身をマルクス主義者であると主張し、駐モスクワアメリカ大使館にパスポートを返却してアメリカ市民権を放棄しようとしたが、大使館員の説得を受けてそのまま帰宅した。この試みについては、ソ連から国家機密を盗み出すためのCIAの工作説や、その後の諜報活動のために「共産主義シンパ」を装うためであったといった説がある。, オズワルドはその後考えを変え、マリーナと娘を連れて1962年にアメリカへ帰国した。入国許可が下りるまでに6ヶ月間を要したが、亡命し軍事機密を引き渡した疑いのある人物にもかかわらず、オズワルドの帰国をアメリカ合衆国連邦政府は許可した(ただし米軍側はオズワルドが亡命した際コールサインや周波数等を大金を投じ変更する等、漏洩に対する対策を取っている)。仮想敵国の国民であった妻子の入国も許可された。, オズワルドは帰国後、ダラス近くのフォートワースに居住しコーヒー会社で働いた。1963年の春から夏にかけては伯父のダッツ・マレットが運営するニューオーリンズの競馬賭博事業で掛け金徴収人として働いた。3月にはカルカノのカービン銃を、A・ハイデルという偽名で購入している[4]。1963年4月10日には、反共主義者として知られたエドウィン・ウォーカー将軍を狙撃したとされる。オズワルドはニューオーリンズに居を移し、フィデル・カストロの支援団体「キューバ公平委員会」(Fair Play for Cuba Committiee) に参加、ビラ配布の際に逮捕されている。, 1963年9月27日にはメキシコに赴き、ソ連大使館とキューバ大使館を訪問した。オズワルドがソ連大使館で面会した2人の大使館員(ヴァレリー・コスチコフ、パベル・ヤスコフ)はKGBの工作員であったとされる。この頃にはロシア人妻マリーナとの結婚生活はほとんど破綻しており、彼女は友人ルース・ペイン(英語版)宅に身を寄せていた。オズワルドはその上、仕事もなく無一文だった(帰国した当初はコーヒー会社で働いていたが、2ヶ月で解雇されている)。, その後、デイヴィッド・フェリー、ガイ・バニスターといった反カストロ派の活動家と頻繁に会うようになる(フェリーもバニスターもカルロス・マルセロの仕事を請け負ったことのある人物であった)。しかし一方で、オズワルドはカストロ支持者として活動するなど矛盾した行動をとった。, 1963年10月半ば、オズワルドはテキサス教科書倉庫(英語版)に就職した[4][5]。翌月の11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領が、遊説のためダラスを訪れる。ウォーレン委員会の報告書では、1963年11月22日午後0時30分頃、オズワルドがテキサス州ダラスの教科書倉庫ビル6階の窓から狙撃し、ケネディ大統領を暗殺したと発表している[4]。事件発生直後、2階の食堂で食事をしているところを同ビルの従業員に目撃されており、また巡回中の警察官にも確認されている[4]。警察官が管理人にオズワルドのことを尋ねると「ここで働いている」と答えた。その後、建物を出たオズワルドは、職務質問を行ってきたJ・D・ティピット巡査を殺害、その後でテキサス劇場で警察官殺害容疑で逮捕されている。, オズワルドは、逮捕直後から記者団の前で「過去の亡命につけこまれた」「自分は嵌められた」「身代わり (patsy) 」と主張し、また弁護士不在についても異議を唱えている。記者に顔の傷の事を問われると「取調べ中に警官に殴られた」と語っている。なお、ダラス警察のジェシー・カリー本部長は勾留中のインタビューで、取調中のオズワルドの様子について「非常に横柄な態度」「犯行は全面否認しているが、(自分は)彼が間違いなく犯人と信じている」とコメントしているが、勾留中の尋問調書などは全く残っていない。逮捕から2日後の11月24日午前11時20分頃、ダラス警察の地下駐車場で、郡刑務所へ移送される車に乗る直前にジャック・ルビーによって銃撃された。すぐに救急車でパークランド記念病院へ搬送されたが救命できず、警察は同日午後1時7分に死亡したと発表した。, 暗殺事件前後に「オズワルド」を自称する者が複数目撃されたという証言や、狙撃時のオズワルドの所在について、教科書倉庫ビル2階の食堂で昼食を摂っていた姿を目撃した証言もあるなど、オズワルドは実行犯ではなく身代わりとして行動したと主張する論者が多数存在する。, マフィアとの関係が指摘されるルビーが何故容易に警察署に入ることができたのかという疑問や、ルビーがオズワルドを暗殺した理由が不可解(ルビー曰く「ジャクリーン夫人が悲しむのを見て義憤にかられた」)であること、オズワルドとルビーの間には共通の知人が何人もいたこと、さらに2人が顔見知りであったという証言もあるなど、暗殺の実行犯はオズワルドではない、あるいは単独犯ではないという説は未だ根強い。しかしながらウォーレン委員会の正告によると、「様々な物的証拠を検証するとオズワルド単独犯で説明がつく」と結論されている。真実は2039年に解禁されるという。, オズワルドの母親のマーゲリート・オズワルドは、マルセロの運転手兼ボディーガードを務めたことのあるサム・テルミネという男や他にも暗黒街の男と親しく付き合っていたという。, 輸入販売元はカリフォルニアのオードナンス・オプティクス株式会社 (Ordnance Optics Inc.) 。「Japan」の刻印があり、OEM製品と思われる, マリーナはオズワルドの死後、別の男性と再婚してマリーナ・オズワルド・ポーターと改名した。, Chapter 4: The Assassin - Oswald's Marine Training, https://books.google.co.jp/books?id=k-j7WMXEqUwC&pg=PA892&lpg=PA892, J. Lee Rankin's evidence on Oswald's Marine-corps shooting grade, JFK / The Kennedy Assassination Home Page, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=リー・ハーヴェイ・オズワルド&oldid=79604356. 10月20日には、オズワルド夫妻の次女となるオードリー・マリーナ・レイチェル・オズワルド (Audrey Marina Rachel Oswald) が生まれた。 オズワルドは平日オーク・クリフで暮らし、週末になると アービング にあった ペインの自宅 ( 英語版 ) にやってきては妻と過ごしていた。 Her husband's Russian diary brought $20,000 and a picture of him holding the Mannlicher-Carcano carbine $5,000. ... Marina ... led a more colorful career. 何が事実で何が嘘かも徐々に分からなくなる、 オズワルドは1959年10月中旬、フィンランドから1週間の観光ビザでソ連に入国し、すぐにソ連の市民権を取得したいと願い出た。だがソ連政府から却下され、ホテルの浴室で手首を切り、自殺をはかった。これは未遂に終わった。この時、19歳の元海兵隊員であったオズワルドは、アメリカに帰国することを嫌がった。, ソ連には遠回りして来た。9月20日にアメリカのニューオーリンズからフランスのル・アーヴル行きの船に乗り、フランスからイギリスに行った。イギリスに入国する際は、スイスで勉強すると言ったが、スイスへは行かずに、飛行機でフィンランド・ヘルシンキに向かった。ここでソ連の観光ビザを取得した。すべて計画通りであった。若きマルクス主義者は、社会主義国家に暮らしたいと考えていた。, リー・ハーヴェイ・オズワルドはミンスクでマリーナ・プルサコワに恋をし、結婚したが、それでもアメリカに帰国したいと考えるようになった。, ソ連は、オズワルドの予期せぬ入国に、手を焼いたようだ。ニキータ・フルシチョフ第1書記が1959年9月中旬にアメリカを訪問していたため、アメリカからの亡命者(特にオズワルドのような役立たず)はソ連にとって望ましくなかった。だがオズワルドが自殺未遂したことから、ソ連で死なれてはもっと大変なことになると考え、滞在を許した。, 喜んだオズワルドは、アメリカ国籍を放棄することを公言した(結局は放棄にはいたらなかった)。そしてモスクワ国立大学への入学を希望した。ソ連政府はその代わりに、オズワルドを白ロシア共和国(現ベラルーシ)のミンスクに送り、旋盤工としてラジオ工場に就職させた。オズワルドの日記によれば、ソ連の当局者に「ミンスクはシベリアにあるのか」と聞いて、笑われたという。, オズワルドが配属された工場には、英語を話せる者が複数いた。そのうちの一人スタニスラフ・シュシケヴィチは、オズワルドのロシア語の教師を務めた。不思議な偶然だが、シュシケヴィチは、オズワルドとは無関係に、後に有名人となる。この人物は、ソ連崩壊後の独立したベラルーシの初代最高指導者である(1991~1994年)。, シュシケヴィチは、2013年の「ロシア通信」のインタビューの中で、未来の暗殺犯オズワルドはとても清潔好きで、「ヘタな旋盤工」だったと話している。また、オズワルドは「無気力」で、ケネディ大統領を暗殺したとは考えられない、とも話している。, ベラルーシのジャーナリスト、ラリサ・サエンコ氏は、オズワルドと一緒に働いたパーヴェル・ゴロヴァチョフさんに取材を行った時のことを語っている。ゴロヴァチョフさんは、オズワルドがケネディ氏を殺害したということを信じていなかった。オズワルドは工場の射撃大会で悲惨な結果を出すほどの、ヘタな射撃手だったという。, むろん、これらの意見が正しいとは限らない。オズワルドのミンスクでの生活に関する本を出版したベラルーシのジャーナリスト、アレクサンドル・ルカシュク氏は、アメリカの伝記作家ノーマン・メイラー氏と同じ考え方を示している。ケネディ氏を暗殺したのはオズワルドで、単独犯だったと。オズワルドの関与に関する憶測は、今後も続くであろう。, マリーナ・プルサコワ(左側)、娘のジューン・リー、リー・ハーヴェイ・オズワルド、ミンスク。, オズワルドはミンスクで貴族のような生活をしていた(社会主義国家に貴族がいたならば)。月給700ルーブル(1959年の換算で2800ドル≒31万3000円に相当)を受け取り、さらに赤十字委員会から毎月700ルーブルを受け取っていた。つまり、月に1400ルーブル(5600ドル≒62万7200円に相当)を受け取っていたのである。ちなみに、同じ工場で働いていた作業員の月収は70ルーブル(280ドル≒3万1300円に相当)であった。「金を使うところがない」と、オズワルドは日記に不満を書いている。第一世界的な悩みである。, ミンスクの生活は退屈すぎた。ナイトクラブもボウリングもなく、労働組合主催のダンス会以外、リラックスできる場所がなかった。ソ連の生活様式、政治的なプロパガンダ、ミンスクの友だちの間に存在する共産主義のイデオロギーに対する懐疑的な見方も、失望の要因となった。, ミンスクでマリーナ・プルサコワに恋をし、結婚したが、それでもアメリカに帰国したいと考えるようになった。娘が誕生した後、アメリカに行くようマリーナを説得した。, 1962年夏、オズワルドは妻子を連れて帰国し、テキサス州ダラスで生活を始めた。それから半年も経たぬ1963年11月22日、ケネディ大統領はダラスで銃撃を受け、死亡した。容疑者オズワルドはその2日後に殺害された。オズワルドのソ連の友だちは、このニュースに衝撃を受けた。, このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。, アメリカのジョン・F・ケネディ第35代大統領の暗殺者とされているリー・ハーヴェイ・オズワルドは1959年9月20日、一路ソ連を目指した。共産主義者を自称していたが、ソ連の現実を目の当たりにしてがっかりし、アメリカに帰国した。ソ連でオズワルドを知る人は、本当に暗殺したのだろうかと疑問に感じていた。. 明確な答えを持って始めたわけではないですが、2年半、このテーマと向き合い感じるのは、JFK暗殺が、現代にも通じるさまざまなテーマが内包された、まだ終わっていない事件だからだと思います。, 取材のきっかけは、トランプ大統領がケネディファイルを全公開するとしながら直前で撤回したことでした。「公文書」については、ちょうど日本でも話題になっていた時期で、JFK暗殺の真相を追い求める戦いが、アメリカ国民にとって「知る権利」を勝ち取ってきた歴史でもあることに気付かされました。 マリーナ・オズワルドの話 オズワルドについ Marina Oswald Porter, former wife of Lee Harvey Oswald, accused assassin of President John F Kennedy, sits in her living room with her second husband, Kenneth Porter, and their two daughters, Texas. With $70,000 in donations she engaged a series of business agents. 娘が誕生した後、アメリカに行くようマリーナを説得した。 1962年夏、オズワルドは妻子を連れて帰国し、テキサス州ダラスで生活を始めた。 それから半年も経たぬ1963年11月22日、ケネディ大統領はダラスで銃撃を受け、死亡した。 マリーナ・ニコラーイェフナ・オズワルド・ポーター(英: Marina Nikolayevna Oswald Porter 、1941年 7月17日 - )は、第35代アメリカ合衆国大統領 ジョン・F・ケネディ暗殺犯とされる、リー・ハーヴィー・オズワルドの未亡人。 ソビエト連邦出身でアメリカ合衆国へ帰化している。 A Denver oil man who wanted it as a souvenir sent her a $10,000 down payment – about 49,900 percent profit on Lee's original investment – and then sued [Nicholas] Katzenbach for possession. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 03:45 UTC 版), 彼女は、マリーナ・ニコラーイェフナ・プルサコワとして、ソビエト連邦の北西部に位置するアルハンゲリスク州モロトフスク(現在のセヴェロドヴィンスク)で生まれた[2]。ウォーレン委員会報告書に掲載された1963年12月の聴取によると、幼いうちにモロトフスクから州都アルハンゲリスクへ移って、7歳まで祖父母と暮らし、その後ズグリツァ(英語版)(現モルドバ、当時はソ連)で暮らしていた実母・継父の元へ移った(夫妻の間には、マリーナの異父弟と異父妹がいた)[2]。1952年には一家でレニングラードへ移り、薬学を学んで1959年6月に薬剤師資格を取得した[2]。その後ソビエト連邦内務省の大佐だったおじのイリヤ・プルサコフ (Ilya Prusakov) を頼ってミンスクへ移っている[3]。, 彼女がリー・ハーヴィー・オズワルド(元アメリカ海兵隊員でソビエト連邦へ亡命していた)と出会ったのは、1961年3月17日に開かれたダンスの場であった[4]。出会って6週後には結婚し、翌年には長女ジューン・リー (June Lee) が生まれている。1962年6月、一家はアメリカ合衆国へと移り、テキサス州ダラスに居を構える。1963年2月のパーティで、夫妻の生活を支援していたジョージ・ド・モーレンシュルト(英語版)から、ロシア語の生徒となるクエーカーの女性ルース・ペイン(英語版)を紹介された。, 1963年1月、オズワルドは通販でスミス&ウェッソン社製の38口径回転式拳銃(リボルバー)を購入し、続く3月には、マンリッヒャー=カルカノのライフル(英語版)(カルカノ)を購入した[5]。マリーナが後にウォーレン委員会で証言したところによると、この月遅く、夫が黒い服を着てカルカノのライフルを持ち、ザ・ミリタント(英語版)紙の記事(エドウィン・ウォーカー元将軍を「ファシスト」とこき下ろす内容)を片手に写る写真を撮影したのだという。これらの写真はオズワルドの「裏庭の写真」"backyard photos" として広く知られるようになるが、陰謀論者には写真がフェイクだと主張する者もいる[6]。一連の写真は後にペイン家のガレージで発見されたが、1枚だけはこれよりも前にジョージ・ド・モーレンシュルトの手に渡っていた[7][8]。ド・モーレンシュルトに渡された写真は、オズワルド直筆でサインが入れられ、「ファシストの狩人、ははは!!!」"Hunter of Fascists, Ha-Ha-Ha!!!"

テラスハウス ノア 父親 5, Oppo A5 2020 有線lan 4, シャーク ニンジャ 評判 4, リードディフューザー 専門店 東京 15, 浜田雅功 レギュラー 本数 11, ゆり 名前 漢字 一文字 13, ホスト コール 歌 8, 江幡塁 三浦 春 馬 21, バイオハザード7 ミア 攻略 37, 東進 採点バイト 2ch 12,