パプリカ ズッキーニ 豚肉

!」の放送回についてはネット局により放送日が異なるため、「TFP(西暦)(季節)」の形で表記する。, 『ムーブ』時代第1回から登場したアトラクション。ほぼ第1アトラクションとして行われるが、稀に第2アトラクション以降に登場するケースもある。, 番組特製のジャンプスーツを着て、約3メートルの助走をつけた後トランポリンで弾んで壁に貼り付き、左右の手先が付いたゾーンそれぞれの得点が入る。ゾーンは「5点」「10点」「15点」「20点」「30点」「40点」「50点」「CLEAR!」「NG ZONE」の9つが有り、最上段の「CLEAR!」に少しでも手がつくと無条件でクリアとなる(片手でも可)。2008年11月10日の放送からは「0点」と「25点」のゾーンが追加され、それより高得点のゾーンが一段上昇し、CLEARゾーンも少し高くなった。また、中央にある「NG ZONE」[1] に手先が付くとその手の得点は0点となる。ドラマ大集合SPからは、一度壁に張り付いても途中で落ちると本来は失格となるが、落下前についていた手のゾーンの得点が加算される場合もある。左手は左エリア、右手は右エリアに付けるのが基本だが、両手を左右どちらかのエリアだけに付けてもポイントは有効である。, 判定は支配人の判断に委ねられており、壁をよじ登る、1度張り付いたが落ちてしまう、手の半分くらいが「NG ZONE」に掛っている時に判断する。飛びついた後の壁との引き剥がし役および万が一を考えて左右に1人ずつの補佐を用意している。西秋従業員も一緒に手伝う事もある。, 壁は完全な垂直ではなく、後ろに少し湾曲しており、これにより壁を駆け上がって高得点を狙うことが可能で、後述するフランキー為谷によるデモンストレーションも、ほとんどがそのケースだった。, ペアの場合1人2回ジャンプ、3人の場合は1人1回ジャンプして、残りの1回は代表者がジャンプ、4人以上の場合は1人1回ジャンプする。ただし、挑戦者が足の怪我などでジャンプできない場合は、その人のみ免除される。, 還暦男性に関しては、女性と同じハンデが与えられる。2010年2月11日放送分では、当時8歳の加藤清史郎に関して「0点エリアの上部にあるデコレーションの青い星に届けば10点獲得」というルールで行われた。, 張り付く際は結果によって、後から付けられる効果音が変わる。普通に張り付けば「バン!」の効果音だが、失敗で「ドシーン」や「コテッ」などの間抜けな効果音が付けられていた。, 4回のジャンプで男性ペアは200点、男女ペアは170点、女性ペアは140点。3人以上の男女ペア、4人以上は男性が50点、女性が35点を平均点(初期のスペシャルでは男性が60点、女性が30点)として、平均点を足した合計(例:男3人と女1人なら185点〈50×3+35×1=185〉)。TFP2017冬からTFP2018夏までは各チーム男女1人ずつジャンプして、2人の合計が85点以上(女性のみのチームに限り、女性2人の合計が70点以上)。TFP2019冬では、男性2人女性1人ジャンプして、3人(TFP2019夏・TFP2019秋は全員)の合計が135点以上(TFP2019秋では、男性1人女性2人のチームのみ全員の合計が120点以上)。TFP2020冬では、男性2人女性2人のバラエティは4人の合計170点以上、男性3人女性1人のドラマは4人の合計が185点以上。, 2008年10月20日以前は、アトラクション開始前にはフランキー為谷[2]によるデモンストレーションが行われていた。ほぼ毎週CLEARゾーンまで跳躍してゲストを驚かせるが、稀に失敗した時もある。, 2008年10月20日をもって為谷が番組を降板したことにより、デモンストレーションが廃止された。2009年4月23日放送分からデモンストレーションが復活し、2009年9月までの半年間毎週「盛り上げジャンパー」と呼ばれる特別ゲストが担当した(時間の都合でカットされる場合がある)。デモンストレーターは松雪オラキオ(弾丸ジャッキー)といったお笑い芸人や、クリアゾーン到達経験が豊富な佐藤弘道、プロトランポリン選手の中田大輔まで、多種多様だった。, ジャンプスーツは、初期は赤と青の2色でミトンが緑色とオレンジだったが、後にミトンは白色になり、2003年頃に新たに黄色・ピンクのジャンプスーツが追加され、2008年以降は水色・白・黒も増えて全7色になった。また、プロ野球チームやROOKIESはユニフォームを模した物が使われているが、2009年12月17日の読売ジャイアンツスペシャルでは、通常のジャンプスーツを着用して行われた。また、フランキーのジャンプスーツは当初はピンク色だったが、中期からオレンジ色を基調とした縞模様になり、背中には「為」と書かれていた。, 壁については、新装開園でのリニューアル等に伴い通算7度リニューアル、8種類の壁(ムーブ時代は2種類)が存在していた。またスペシャル放送では、ゲストに応じて装飾が加えられた事があった。, 3回目まででクリアとなると残りの回数は支配人の裁量で、もう1枚の金貨を賭けたスペシャルチャレンジとなる。男性のみの場合は大体はクリアゾーン到達が条件だが、女性もいて、3回目までにクリアゾーンに到達した場合はそれまでに取った得点と、残りの回数で取った得点を足してクリアポイントを超えればクリアとなり、クリアゾーン到達の分も含めた金貨2枚獲得となる。, 同年9月にアレンジ版に「ゴー!アップヒル」(後述)が登場したが、同一回で両方行われる事もあった。, 2014年3月29日に生放送された期末特番『オールスター感謝祭'14春 豪華プレゼント大放出!視聴者に大感謝SP』で、「赤坂5丁目ウォールクラッシュ」として復活。5組のコンビ(ドラマ主演俳優と女性タレント)が1人1回ずつ挑戦し、合計ポイント数が高かったコンビが優勝となり、賞金10万円が進呈される。2014年10月4日の『オールスター感謝祭'14秋 アノ話題の人がナマで大暴れSP』では参加人数は4組に、優勝賞品は焼肉弁当100人分が贈呈される。, TFP2017冬では、デザインを一新させて再登場した。この時のジャンプスーツは、白地に腕・腰・足の部分に1本のラインがある[3]。, 『ムーブ』時代第8回から登場したアトラクション。初登場時のアトラクション名は「マネッコパラダイス」であった。, モニターにお題目となる人物・動物の写真がルーレット状にシャッフルされており、解答者はモニターに背を向けて解答テーブルにあるストップボタンを押してシャッフルを止め、出題者はモニターに映された人物・動物の物真似をして、それを見て解答者が当てる。分からなければパスができ、正解・パスで出題者と解答者をチェンジする。なお、パスは出題者・解答者のいずれも可能。, お題目となる人物はその当時の流行や世相に応じて差し替えられる。真似ではなくただの説明(お題目の人物の背番号や、出演していた番組など)になっていた場合などはゲーム終了後に審議が行われるため、ノルマを達成しても制限時間いっぱいまで続けなければならない。当初は持ち歌を歌うのは禁止というルールであった。お題目の人物が解答者本人だった場合は一人称で答えても正解となるが、出題者がお題目の人名を言ってしまったり、解答者が止めた後のモニターの方を見たりすると反則となり正解数にはカウントされない。, 3人以上の場合は、ローテーションで1人が物真似、1人が解答、残りの人は中間地点で待機。1つ前で物真似した人が解答、解答した人が中間地点の一番後ろへ、中間地点の一番前の人が物真似をする。, 2分間で10問正解。ムーブ時代一時期は2分間で12問正解、スペシャルでは3分で15問正解。, 人物の中には当番組の出演者も入っており、この場合は手で当人を指す動きが多々見られた。物真似しやすさの観点から、まれに「スチュワーデス」など固有名詞ではない人物や、「カミナリ」などの自然現象もお題目として入っていた。お題目の人物は多くが宣材写真やTBSの情報番組などの取材VTR・出演番組の映像だが、直近の回でゲスト出演した人物に関しては、その時の写真が使用されることがある。, 『ムーブ』時代第24回(1993年4月12日)から登場したアトラクション。TFP2017夏とTFP2018夏での英語タイトルは「THE」が無く「FOOL ON THE HILL」と表記されている。, 演奏者と解答者に分かれ、演奏者は副支配人から曲名(邦楽や洋楽のヒット曲、ドラマやアニメ番組のテーマソング、CMソング、クラシック、童謡など)と、曲の出だしのカウント、曲の出だしやサビなど演奏する部分の楽譜が書かれている答えのカードを見せられ、曲の出だしのカウント後にヘッドホンで主旋律を聴きながら、ドラムを模したパッドの光るタイミングと位置と順番を覚える。その際、スタジオの照明が暗くなり、パッドの光が見え易くなる様になっている。, パッドの配置は頭の部分に左右2個ずつ、正面に6個、足で蹴る部分に3個の計13個。『ムーブ』時代の配置は、頭の部分に左右2個ずつ、正面に左右1個ずつ、腰で押す部分に左右1個ずつ、足で蹴る部分に4個の計12個。また1つのパッドにつき、決まった1つの音階の電子音が鳴り、1つのパッドから別の2つ以上の音階、2つ以上のパッドから同じ音階の電子音が出る事は無いが、パッドが13個しか無い為、曲によっては同じ音階の1つのパッドに通常の音階と1オクターブ低い、もしくは高い音階の2音が出る事がある(ただし、ドに関しては通常の音階のドのパッドと、1オクターブ高いドのパッドの2つのパッドがある)。, スタジオ内・視聴者には曲のベース音だけが流され、演奏者が覚えた通りに光ったパッドを叩いて主旋律を演奏する。光に合わせてパッドをタイミング良く叩けば音が鳴るが、光っていない・叩くタイミングが合っていないと音は鳴らない。, 演奏者が演奏した主旋律を聴いた解答者が曲名を当てるが、曲名が出て来ない場合は主旋律を歌う(鼻歌も可)、番組・映画・CMなどのタイトルを答え、合っていれば正解として認められる。演奏と解答権は4回あり、1回目の正解で40点、以下2回目で30点、3回目で20点、4回目で10点となる。また解答権をパスすることで光るパッドの順番を覚え直すことも出来る(例:1回目の40点の解答をパスして覚え直し、次の30点から解答するなど)。, 1号機は、前述の通りパッドが12個で、光るパッドの豆電球は白であったが、1994年4月18日にリニューアルを行い、パッドが13個に増加された2号機のセットが登場する[4]。ただし初期の頃は、1号機をベースにアレンジしたもので、頭の部分のパッドの形が1号機の時と同じだった。また、光るパッドの豆電球も赤などがあったがバリエーションが少なかった。後に頭の部分のパッドが4つに分けられたアレンジ版となり、光るパッドの豆電球も赤・青・黄・緑・オレンジ・紫・ピンクなどの色に変更された。, 『ドラマ大集合SP! 12月27日(水)をもちまして、フレンドパーク内カウンターが廃止となります。 詳細はこちらをご覧ください。 2017.04.20. !」とコールした(中期の頃から)。ゲストが勝利すると、最後に大きなウエーブをする。, 1993年(平成5年)4月12日の放送では、当時まだ会社的に一体だったTBSラジオの夜ワイド『岸谷五朗の東京RADIO CLUB』でパーソナリティを務めていた岸谷五朗と小倉久寛が登場し、岸谷と恵はハイパーホッケーを舞台に番組の名物コーナー「名前付け対決」を行った。この時も恵のいるホンジャマカが勝利し、最終的に関口支配人が命名した「岸谷五朗とヘイジュードの東京RADIO CLUB」の文字が新聞のラジオ欄を飾った。, 2007年12月17日の放送では、パックを飛ばしてしまった石塚が足でパックを止める反則を犯し、足で止めなければパックが完全にゴールに入っていたという支配人の判断により、ゲストチーム(香坂みゆき・松本伊代)に1ポイントが加点された。, 2008年11月24日の放送で蛍原徹(雨上がり決死隊)・世界のナベアツがゲストだったときは、蛍原がディスクを恵に向かって飛ばす反則を犯し、ホンジャマカに1ポイントが加点された。, ホンジャマカの攻撃スタイルは、番組開始当初から恵がホッケー台の横に立って主にパックを打つ攻撃側、石塚は台の正面に立って主にゴールを守る守備側というスタイルであるが、2010年7月5日放送分のハンチョウチームの際は、着ぐるみが手錠を掛けられた拳でチェーンで繋がっている上、恵と石塚の立ち位置が逆になっている関係で、石塚が攻撃側、恵が守備側と逆のスタイルで対戦することとなった。ハンチョウチームがグランドスラムリーチというプレッシャーに加え、チェーンで繋がって身動きが取りにくい状況の中、石塚の攻撃力が意外にも、「止められない」とハンチョウチームから評されるほど強く、7対3でホンジャマカの圧勝となった。, 2010年8月30日放送分で千葉真子・四元奈生美・上野由岐子・本橋麻里の4人と戦った際、ホンジャマカは完敗。アイスクリームのコスチュームで頭に負担がかかる上、前述通り3点取られた状態でスタート、さらに相手は女子アスリートなので強くホンジャマカは逆ハンデを要求したほどであった。, 2011年3月28日放送分の最終回では先述通りグランドスラムに王手をかけたものの、ホンジャマカに完敗して逃したハンチョウチーム(2010年7月5日、前述通り7-3で完敗)と同じくグランドスラムを逃したオードリー(2009年7月16日、7-0で完封負け)が連合を組んで、ホンジャマカにリベンジを挑んだ。しかし、ホンジャマカの着ぐるみがあまりにもハンデとして強すぎたため[34]、0-7でハンチョウ&オードリーの完封勝ちに終わり、ホンジャマカは最終回を勝利で飾ることができなかった。, ドラマ大集合SPは、ホンジャマカ入場時の門に「HONJAMACA IS COMING」と表示される演出が加わっている。, 2009年12月3日放送分から2010年6月までの間、先述のハイパーホッケーに代わる最終アトラクションとして不定期に登場。ルール説明のBGMは映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のテーマ曲。, アーケードゲーム(後述)の対戦版。船長の恵、子分の石塚に扮したホンジャマカの「パイレーツプレーヤー」とゲストチームの対戦で、ゲストが5ゲームの中からを1つずつ選んで対戦する。ゲームによって恵・石塚のいずれかの対戦相手が決まっている。, ホンジャマカの対戦成績は5回中1勝4敗と、ハイパーホッケーに比べてクリア率が高い。2010年3月4日の古閑美保・有村智恵の回ではホンジャマカは全敗し、金貨を2枚獲得した。, ホンジャマカは「パイレーツ・オブ・ホンジャマカ」を名乗っており、登場の際は海賊船を模したセットに乗って登場。ドクロマークの代わりに「ホ」と書いてある。, タイトルの後ろに、行われるゲームの数の数字がついている(ゲームが6つなら「アーケード6」)。初回はSMAPが出演した際、特別なアトラクションとして登場。タイトルも「SMAPスペシャルファイブ(SMAP SPECIAL FIVE)」だった。当初はスペシャル版などでのみ登場したが、後期になると通常放送でも登場する事が多かった[35]。毎回最初にホンジャマカがゲームを紹介し、デモンストレーションをする。初期はゲームの近くにルール説明の看板が立っていた。これまで登場したアーケードゲームは22種目[36]。, 用意されたゲームの中から1人1回選択、ゲームに挑戦する(ゲームの数よりゲストの人数が少ない場合は、ゲームの数だけ挑戦する)。プレイした後は結果問わずにそのゲームは打ち止めとなり、同じゲームに再度挑戦する事は出来ない。, クリア後にゲーム・挑戦者が残った場合はスペシャルチャレンジとなり、クリアすれば金貨がもらえるため、大量獲得のチャンスがあるアトラクションであり、過去には3枚以上獲得した例もある。, アーケードゲーム自体がクリアできなくてもアーケードゲームのClearにはならないが、支配人の裁量によって残りのゲームの難易度を上げて(ノルマの数を増やす・制限時間を短縮するなど)全てクリアすれば金貨1枚獲得というルールで行われるケースがあった。, 用意されたゲームの過半数を成功させる。残りのゲームもクリアすれば金貨2枚。『ドラマ大集合スペシャル!

我々だ ゲーム ゾム 21, グリーン ベル 黒姫 口コミ 5, 乃木坂 工事 中 動画 24 5, Eve 顔 ライブ 21, 北海道 高校 野球 セレクション 8, 特殊 能力追加 Melody 10, パンツァードラグーン ツヴァイ ドラゴン 7, まんびき家族構成 松岡茉優 仕事 5, 首服 自首 違い 17, 一度 死んで みた Amazonプライム 6,