ドア ラッチ 調整できない 4

36 ), ( 調整ネジを時計回りにまわしてしめます。 ※ドアの閉まりやカギのかかり具合が悪い場合は、手順1~3を繰り返し、ラッチ受けまたは錠受けの位置を調整してください。 玄関のドアを開けようとしたら、引っかかってスムーズに開かない。前は手を離せばドアが閉まっていたのに最後の部分が引っかかる。その原因は、ドアのラッチが引っかかっているからかもしれません。, ドアの開閉がスムーズにできないとストレスになるほか、ドアが開きっぱなしになっていることに長時間気づかずにいれば防犯上も問題があります。そうならないように今回は、ドアのラッチが引っかかってしまった際の対処法を解説していきます。, ラッチが引っかかっていることが分かっても、ラッチがドアのどの部分のことなのかわからない方も多いのではないでしょうか。 ), ( ・フロントの幅 ※調整は必ず、手回しドライバーを利用してください。電動ドリルを使用した場合は、ねじ頭が壊れるおそれがあります。, 1.ラベルに表示してある記号を参照し、シリーズや商品名を確認します。 室内、屋外関係なく使われており、最近では広く普及しています。, スタイリッシュな見た目な上、防犯にも優れているため、最近ではマンションなど集合住宅の玄関でよく目にします。, これは、鍵とのつながりなど、防犯上構造が複雑。 3.キャップをはめる。, 但し調整範囲には限界があります。調整をされても改善しない場合は、お求めの工務店さまにご相談ください。, 調整ねじを押しながら、右に回してください。トロヨケが移動しますので、ガタつきが少ない適度なところで止めて調整してください。, 調整ねじを押しながら、左に回してください。トロヨケが移動しますので、ラッチが掛かるように適度なところで止めて調整してください。, コインなどで穴部分を回転させ、ロック棒をフランス落とし受けの内側に当てるようにしてください。, ※調整方法として掲載していない調整については、無理に調整しようとすると扉の落下・破損・ケガなどのおそれがありますので、お買い求めの販売店または、「, 室内引戸が閉まる時に減速しなくなったり、最後まで閉まりきらないのですが、調整できますか。, 玄関ドアを止める位置を変更したい。ドアクローザーのストップ角度の調整方法を教えてください。. Copyright © 2018 さくさくの日常 All rights reserved. ▼△▼こんな記事もあります▼△▼ 13 4 まずは、一般的に使われているドアノブが自分で修復可能なのかを確認しましょう。, ドアノブの中でも、比較的構造が簡単なものは室内で使われることが多く、自分で直すことができます。, 丸くなっているドアノブを回す、日本の家屋の最もスタンダードタイプで、一昔前までは多くのドアノブに採用されていました。, 最近では、他のタイプの人気が増え、新しく取り付けられる機会は減っていますが、まだまだ目にする機会は多いです。, 例えば、昔のトイレのドアノブなどはこのタイプです。 調整できそうなネジはドアー側です。 黒い右側ネジの↷等印の所に、吊元側、ラッチ側とあります。 黒い左側のネジ上の↶印には何も書かれて押しません。 この蝶番が調整できるのであれば、どこのネジをどうすればよいのか、教えてください。 時間365 ・フロントからドアノブの中心までの距離 多くの場合内部部品に原因があるので、外見ではどこに欠陥があるのか判断できないことが多いです。, 症状によって対応も変わってくるので、まずはよくあるトラブルとその原因を見ていきましょう。, ドアノブは家の中でも特に負荷がかかりやすい場所で、長年使用していれば、どうしても部品は劣化してしまうものです。, ドアのぐらつきや動き方の故障はネジの緩みが原因の場合が多いので、1度取り外して内部の損傷を確認してみてください。, 目立った損傷が見られなければ、付け直して、しっかりとネジを締めましょう。 3.調整方法をよく読んでから調整を行います。 シリーズ確認方法 【2018年3月以前】 下記のラベルが貼ってあり、各種シリーズを確認できます。 ※調整方法を予告なしに変更する場合があります。ご了承ください。 【2018年4月以降】 22 ドアから手を離してすっと閉まるのに、ラッチ部分がひっかかるという症状の場合、ラッチ側かストライク側か、ドアのヒンジ部分か、枠自体の歪みなのか、まずは問題の場所を見極めます。ラッチの滑りが悪いだけでしたら、簡単に治ります。 デザインが豪華で奇抜なものが多いため、「装飾錠」とも呼ばれます。, こちらも構造が複雑になっているので、無理に直そうとせず、故障したら業者さんに相談してみることをオススメします。, 続いては、ドアノブの内部構造を、部品名とともに確認していきます。聞き馴染みのない用語も登場するかもしれないので、しっかり確認してみてください!, 座金とは、固定リングとも呼ばれ、その名の通り、ドアの開閉の際、ノブが必要以上に回転しないように固定する器具です。, ラッチとは、ドアの側面から出ている小さな金具で、通常は出っ張った状態で、ドアノブを回すと引っ込む仕組みになっています。, 今回登場する部品をざっと紹介しました。部品名を覚える必要はありませんが、なんとなくでも把握しておくと修理もスムーズにいくと思います。, ※この記事では、ラッチの坂がある方をドアの「内側」とします。 ドアが閉まらない原因はいろいろで、原因により直し方が違います。自分で直せるにこしたことはありませんが、扉の修理はとてもデリケートです。原因や直し方・直す時の注意点を知っておきましょう。自分で直せない時の業者の選び方も解説します。, ドアが閉まらない主な原因は、蝶番のネジが緩む・経年劣化でラッチの滑りが悪くなる・ドアの枠がゆがむ、の3点です。, 原因によって、ドアが閉まらなくなる特徴と、閉まらなくならないようにするための普段の簡単なチェックポイントを知っておきましょう。, 蝶番は、ドア枠の縦枠にドアを取り付ける金物で、ドアを開閉する時の軸となっています。, はじめは、なんとなくドアの閉まりがかたい、またはドアの閉まり方がガタガタするなどの症状があらわれます。, その後、閉める時に力を入れないとドアが閉まらなくなったり、ラッチがかかりづらくなったり、だんだんと閉まらなくます。, ドアの閉まりが固くなった、反対にゆるくなったと感じたら、まず蝶番のネジを調べましょう。, ドア枠の縦枠にストライクという金物が、ドアにはラッチという金物がついており、ラッチがストライクに入ることでドアが閉まる構造となっています。, ドアを閉める時はドアノブやレバーから手を離すとラッチが元に戻り、ストライクにラッチがはまって閉まります。, 滑りが悪くなると、ラッチがドアノブやレバーを動かしても動かなくなったり、反対にもとに戻らずドアが閉まらなくなったりしてしまいます。, ラッチの不具合のチェックは、まずドアノブやレバーを動かして、ラッチが動くかどうかを確認します。, 動くことを確認したら次は、ドアを閉めた時に、ドアノブ・レバーから手を離したら、ラッチが建具枠に自然にかかるか確認します。, ラッチ部品がドアノブ・レバーと連動して動くことだけでなく、自然に戻る動きもチェックしておきましょう。, ドア枠のゆがみは、3方向あります。ドア枠の上枠が下がる、左右の枠が上下で開口広さが違う、左右の枠が部屋側と廊下側と位置が違うケースです。, いずれの場合にも、扉が上下左右の枠にぶつかってスムーズに開閉できない状態になります。, ドア枠の上枠が下がるケースは、全体が下がるケースと左右の下がり具合が違うケースもあります。, 一つは、枠の一部分が外れているケース、もう一つは、枠がゆがんで取り付けられているケース。, それと、家全体が何かの原因で下がり、床や内壁に影響がでて、ドア枠がゆがむケースです。, 古い家の場合には、少なからず建物にゆがみが生じているので、徐々にドアの開閉に支障をきたす様になります。, ドア枠のゆがみは、ラッチの動きは正常なのに、ドアが閉まりにくい(力を入れないと閉まらない)・開けにくい(ラッチがかかりにくい状態)という症状になって出てきます。, ゆがみがおおきくなると、ドアが床にすったり、ドア枠の上枠にあたったりするようになります。, ドアの開閉をスムーズに行うために、ドア枠とドアの間には3ミリほどの隙間があいているのが通常です。ドアの開閉がスムーズではないと感じたら、隙間も一緒にチェックしましょう。, ドアの蝶番のネジを緩めて浮かせ、隙間に板を入れて、ドア枠とドアの隙間が均一になるように調整することで改善できる場合もあります。, ドライバーには、サイズがあることはご存知ですか?サイズがあっていないドライバーでネジを回すとネジを壊してしまう(ネジの頭をつぶすともいいます)場合がありますので注意しましょう。, 蝶番のネジの締め方により、ドアの位置がドア枠に対して、上下・左右・前後に調整できるようになっています。このタイプの蝶番は、ドアの説明書を見ながら、ネジの調整をしましょう。, ドアノブやレバーを動かしても、ラッチがうまく動かない、もとに戻らない場合は、まずラッチの動きを確認します。, ラッチの動きは、ドアにゆがみがある場合も悪くなりますので、ドアのゆがみを確認しておきましょう。, まず、ドア自体のゆがみを確認するために、ドアを開けた状態でラッチを指で押してみてスムーズに動くか確認します。, その次に、ラッチをテープでドアに固定してから、ドアを開閉して、ドアにゆがみがないか確認します。, ドアが床にあたらないか、ドア枠にあたらないか、ドア枠や床との間に過分な隙間がないか確認します。, ラッチに鉛筆の芯部分を擦り付けます。芯の黒鉛に潤滑作用があるため、ラッチの滑りがよくなります。, ラッチの滑りを良くしても改善されない場合は、ラッチを受ける部品のストライクがラッチの位置からずれている場合があります。, ストライクは、ドア枠に埋め込まれているため、調整できるタイプとできないタイプがあります。, 閉まらないドアの修理は、閉まらない原因や症状の程度によって、自分で簡単に修理できるケースもありますが、難しければ早目に業者に相談すると良いでしょう。, ドアの調整は、上下・左右・前後と三次元になっています。閉まらない原因が一つではなく、複合しているケースもあります。, また、最近のドアは色々な部品を使用していますので、構造がわからない場合も業者に相談すると良いでしょう。, 閉まらないドアを自分で修理するときや日ごろのドアの開閉の注意点・不具合のチェックポイントを知っておきましょう。, ラッチの滑りが悪いためにドアが閉まらなくなった場合、ラッチに潤滑油を使用する方法があります。, ほこりと潤滑油が混ざると、症状が悪化し、さらに動きが悪くなり、ラッチが動かなくなる場合があります。, 日頃、ドアを開け閉めしていて、「いつもと違う感じがする」「閉まりにくいな」「ラッチのかかりが悪い感じがする」など、少しでもおかしいなと感じたら、早めにドアをチェックしましょう。, 蝶番のネジが緩んでいると、ドアが歪んでしまったり、ドア枠の戸当たりがはずれてしまったり、床にドアを擦る傷をつけてしまったりします。, また、ラッチがかからないドアは、ドアが勝手に開いて人にあたったり指を挟んだりすることもあります。, 不具合を放置すると、不具合が大きくなったり、怪我をしたりするだけでなく、修理が大変になり費用もかかります。不具合を感じたら、直ぐにチェックしましょう。, ドアは、静かに開け閉めすることが基本です。いきおいをつけてばたんと閉めたりしないように、必ずドアノブやレバーを持って静かに閉めましょう。, また、無理に開閉したり、ドアを無理に引っ張ったりしないようにしましょう。蝶番やラッチが破損したり、ストライクの位置がずれたりします。, ドアの重みは蝶番だけで支えています。部品が壊れたりしないように、無理な開閉をしないように注意しましょう。, ドアの修理を依頼する業者は、リフォーム業者又は家を建てた住宅会社・建具専門業者などがあります。, 建具専門業者は、建具全般についての技術や施工能力を持っています。家の近くに評判の良い建具専門業者があったら、お願いしてみるのも良いでしょう。, 特に木造の住宅の場合は、多湿な梅雨の時期と乾燥する冬の時期に症状が悪くなる場合があります。, 業者に相談する時は詳しく説明しておくと、業者も修理の準備(必要な道具・部品など)をして訪問できます。, そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。, 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国900社以上が加盟しており、部屋リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。, 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!, 住友不動産のリフォーム「新築そっくりさん」の評判・口コミは?選ばれる理由を調査しました!, 住まいにまつわる様々な不安や疑問を解決する総合情報サイト。

ダイハツ ワンクレ 口コミ 42, 遊戯王 アジア版 買取 10, 左藤章 娘 慶応 10, Sp 野望篇 無料 37, 日野市 神明 事故 13,