ソフトボール 上野 身長 17

北京での2日間で3連投を上回り、予選最終戦から3日間で4連投、決勝トーナメントを1人で投げ抜き、42年ぶり2度目の世界選手権優勝に大きく貢献した[13]。, 2013年6月1日の戸田中央総合病院戦でわずか68球で通算7度目となる完全試合達成[14]。8月31日のペヤング戦で3回からリリーフ登板し5回をパーフェクトで抑える好投で勝利し、リーグ史上単独最多となる173勝目を挙げ、ミッシェル・スミス(元豊田自動織機)が持つリーグ最多勝利記録を更新し歴代1位となる[15]。翌日9月1日の太陽誘電戦で通算81回目の完封勝利で今季10勝目を挙げ、自らが持つリーグ最多記録を更新する174勝目[16]、また入団以来13年連続の2桁勝利達成となった。, 2016年5月7日の豊田自動織機戦で左ふくらはぎに軽い肉離れを起こし、戦線を離脱[17]。日米対抗戦も欠場し[18]、世界選手権での復帰を目指していたが、リハビリの過程で古傷の左膝の前十字靱帯周辺にも軟骨の骨挫傷が見つかったためメンバーを外れた[19]。9月10日、NECプラットフォームズ戦(ベイコム野球場)で通算200勝を達成[20][21][22]。, 2019年4月27日のデンソー戦でピッチャーライナーを左顎に受け救急搬送。上野がマウンド上で打球が当たって負傷するのは初めてとみられる。5月1日開幕のアジアカップは欠場[23][24]。診断の結果、下顎骨骨折で全治3カ月、4月30日に緊急手術を行い、無事成功したと発表[25]。, 上野が413球を投げた北京五輪は、ソフトボールが正式競技として行われる最後の大会となることが決まっていた中で行われた。このため、メダル授与後、銀・銅のチームを加え、2016年の夏季オリンピックでソフトボールが再び正式競技として復活するよう、ボールを並べてアピール。当然、上野もその中に加わっていた。その後も上野は、ソフトボール界の代表として、日本リーグでのプレーのみならず、あらゆる場面においてソフトボールの五輪での復活に向けてアピール活動を行った。, だが、そうした関係者の努力も空しく、2009年8月13日、国際オリンピック委員会は、2016年夏季オリンピックで競技に加える候補として、ゴルフと7人制ラグビーの2つに絞り込み、ソフトボールは野球とともに、復活が叶わなかった。落選決定後、上野は報道各社の取材に、「ソフトボールにとって五輪は最高の舞台。子供たちの夢が断ち切られ残念」という趣旨のコメントを述べた[26]。, 121km/hを記録した世界最速といわれるストレートは、世界屈指の投手として認められてきた上野の真骨頂とされている。, そのスピードは野球での体感速度160-170km/hに匹敵し、投球後にキャッチャーミットに入るまでに0.3秒と極めて短く、その球威は金属バットをへし折ったこともあるほどである。, しかしながら、そのストレートだけではなく、シュートなどの多彩な変化球も投げることができるようになり、力で押す投球よりも相手に合わせて粘り強く投げるスタイルを取り入れている。, 実際に北京オリンピックの決勝・アメリカ戦においては、連投による疲れから110km/h以上の速球を投げないように指示された中において、変化球を使いこなした投球を見せ、アメリカの強力打線を封じている。, またコントロールに関しても「上野選手の凄さって、ストレート球は世界一ですが、それだけではなくて、コントロールも世界一だと思います」と宇津木麗華監督が評するようにストレート、変化球のコントロールも抜群で、どの球種でもほぼ同じタイミング・同じフォームで投げ分けることができる [27]。, 2009年シーズンからピッチャーとしてだけでなく打者として打席にも立っている。飛距離はチーム一とも言われ、パワフルなスイングが持ち味。2009年開幕戦(西武ドーム)の初打席でいきなり痛烈な当たりの二塁打を放った。「打撃だけさせるなら四番打者」とはルネサス高崎(当時)の宇津木監督の言葉である。, 91: 荻原健司、河野孝典、三ヶ田礼一 • 92: 古賀稔彦 • 93: 浅利純子 • 94: 阿部雅司、河野孝典、荻原健司、荻原次晴 • 95: 田村亮子 • 96: 恵本裕子 • 97: 該当者なし • 98: 船木和喜、宮平秀治、原田雅彦 • 99: 篠原信一, 00: 高橋尚子 • 01: 立花美哉、武田美保 • 02: 北島康介 • 03: 鹿島丈博 • 04: 野口みずき • 05: 荒川静香 • 06: 安藤美姫 • 07: 浅田真央 • 08: 北京五輪ソフトボール日本代表(斎藤春香、染谷美佳、江本奈穂上野由岐子、坂井寛子、峰幸代、乾絵美、西山麗、三科真澄、藤本索子廣瀬芽、伊藤幸子、佐藤理恵、狩野亜由美、山田恵里、馬渕智子) • 09: 浅田真央, 10: 吉田沙保里 • 11: 内村航平 • 12: 内村航平 • 13: 羽生結弦 • 14: 内村航平 • 15: 世界体操選手権男子日本代表(内村航平、田中佑典、加藤凌平、白井健三萱和磨、長谷川智将、早坂尚人) • 16: 伊調馨 • 17: 小平奈緒 • 18: 大坂なおみ • 19: 渋野日向子, http://www.sponichi.co.jp/olympic/special/beijing_special/turn_ueno/kijilist.html, http://www.sanspo.com/athens2004/softball/news/0814/sb2004081402.html, http://www.sanspo.com/athens2004/softball/news/0821/sb2004082102.html, http://athens2004.nikkansports.com/f-ol-tp0-040821-0031.html, https://www.joc.or.jp/column/athleteinterview/closeup/20080619.html, http://www.sanspo.com/beijing2008/news/080826/oax0808261605000-n1.htm, http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2008/12/02/kiji/K20081202Z00001550.html, http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120717-984954.html, http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/07/24/kiji/K20120724003744030.html, http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/06/02/kiji/K20130602005924140.html, http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/09/01/kiji/K20130901006524150.html, http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/09/02/kiji/K20130902006535020.html, https://www.nikkansports.com/sports/news/1644137.html, https://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/06/15/0009188477.shtml, https://www.nikkansports.com/sports/news/1676929.html, https://www.nikkansports.com/sports/news/201904280000326.html, https://www.asahi.com/articles/ASM4X54MPM4XKTQ200R.html, “顔面打球直撃の上野由岐子は下顎骨骨折で全治3カ月 手術は成功も日米対抗は絶望的”, https://www.daily.co.jp/general/2019/05/07/0012308053.shtml, http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20090814-530822.html, http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/10/02/kiji/K20111002001740820.html, http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/10/03/kiji/K20111003001747050.html, http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110101000817.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=上野由岐子&oldid=80457367, 最高殊勲選手賞(2002年・2003年・2005年・2008年・2009年・2013年・2015年・2017年), 最多勝利投手賞(2003年・2004年・2007年・2008年・2011年・2012年・2013年・2017年), 最優秀投手賞(2004年・2006年・2007年・2008年・2009年・2017年), ベストナイン(投手部門)(2004年・2006年・2007年・2008年・2009年・2017年), 2000奪三振:2016年11月5日、トヨタ自動車戦(愛知県名古屋市・パロマ瑞穂野球場) ※リーグ史上初, JOCスポーツ賞 新人賞(1999年度 第6回世界ジュニア選手権大会女子日本代表チーム). 女子ソフトボール選手の上野由岐子さんに関する記事です。球種が豊富であることでも有名な上野由岐子さんの球速や身長や年収、そして現在の活動と言った気になる話題にも迫っていきます。, 生誕名:上野由岐子(うえのゆきこ)愛称:うえぴー生誕:1982年7月22日出身地:福岡県福岡市身長:174 cm (5 ft 9 in)体重:72 kg (159 lb), 上野由岐子さんは日本の女子ソフトボール選手でエースピッチャーとして全国的に有名です。アテネ五輪、北京五輪でも代表として活躍し、それぞれ銅メダル、金メダルを獲得しています。, 上野さんは金メダルを獲得した北京五輪での準決勝、3位決定戦、そして決勝戦を一人で投げぬいたのですがその時の球数が413球であったことから「上野の413球」という言葉が2008年の流行語大賞にノミネートされ、審査員賞を受賞しています。, 出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/14244, 北京五輪の時このように語っていた上野さん。この言葉通り限界まで投げ切り見事日本を優勝に導いたのでした。, 北京五輪で金メダルに輝いた喜びもつかの間、この後にソフトボールが五輪の正式種目から外され、その後のロンドン、リオ五輪と出場することが出来なくなってしまいました。上野さんは一時引退を考えるほど悩んでいたようです。, 出典:http://news.livedoor.com/article/detail/9046189/, 上野さん達の願いが通じたのか2020年に開催される東京五輪では再び正式種目に選ばれました。東京五輪の時には上野さんは38歳なるので、ベテランとして若手を引っ張る役割も担うようになるでしょう。, 出典:https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20170507/ddm/010/050/128000c, 上野さんはその容姿のかっこよさから「イケメン女子」と言われています。男に間違えてしまう人も結構いるようですね。時々いますよね。異性よりも同性にモテるタイプ。, 出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1459929894, 周りが現役を退く中、現在も第一線で活動されている上野由岐子さん。2020年東京五輪に向けて練習をがんばっているようです。これからの活躍が楽しみですね!, 明日9時すぎ〜は、GO!TOKYO東京五輪で3大会ぶりに復活するソフトボール!絶対的エースとして活躍する上野由岐子投手を森アナが取材しました。北京の歓喜から12年…東京でも金メダルをめざす上野投手の思いに迫ります。#上野由岐子#ソフトボール#東京オリンピック#森圭介 #スッキリ pic.twitter.com/Sj9tDYyToO, タイトルにも書きましたが上野さんの身長は174㎝です。この数値は日本の女性としては結構大きい方ですよね。写真では北島康介さんと並んでいますが同じぐらいです。, こちらは大谷翔平さんと並んでいる写真です。身長193㎝の大谷さんと並ぶとさすがに小さく見えますね。, 身長174㎝と言ってもチームに混ざった上野さんを見てみると極端に大きいという感じではないですよね。選手プロフィールを見てると170㎝を超えている選手を何人か見かけます。, 上野さんは実は女子ソフトボール選手の中で世界最速の球を投げることで知られています。その速度はその時によって違いがありますがおよそ110キロから120キロのスピードがあるようです。今でも116キロほどの速度があるようです。, こちらはバドミントン選手の奥原希望さんについてのお話しです。かわいいと評判の奥原希望さんのご紹介と似ていると…, 先日電撃引退を発表した宮里藍選手。プロゴルファー家族を支えた父が緊急入院、また皮膚にあざがあり病気ではないか…, スピードスケート選手で、オリンピックメダリストの高木菜那さんは前髪を直すふとした仕草が可愛いと話題になりまし…, 女子バレー木村沙織の天然な性格エピソードや私服のかわいい画像を大量にまとめています。いつもとは違った彼女に、…, 平昌オリンピックで金メダリストとなったまだ15歳のかわいいザギトワか選手。身長と体重や衣装についてまとめまし…, こちらでは元バトミントン選手の潮田玲子さんについての記事です。潮田玲子さんの旦那さんや子供について、そして離…, こちらでは女子野球選手の片岡安祐美さんについての記事です。 このツイートが上野投手まで届きますように, 上野投手ファンRT 上野投手次のオリンピックも出ると思ったらRT とりあえずRT, — ソフト部あるある (@soft55soft) December 17, 2016, 日々の練習や、並々ならぬトレーニングによって、高身長がかなり生かされ、また、強みにもなっているのではないでしょうか。, 上野選手は、テレビ越しの画面からも伝わるかっこよさがありますが、実際に出会った人は、とても綺麗で美しい女性でしたと言う声もあります。, 高身長で美しさの上にかっこよさも兼ね備えているのは、選手云々以前に、人間としてとても素晴らしいですね!, ちなみに、体重についての情報はありませんでした。体重ごとに試合が分かれている競技でもないので、最低限のマナーを持って、深く追求しないようにしましょうね!, 絶対に打てないけど(⌒-⌒; ) pic.twitter.com/sndl3kqdtL, 女子サッカーの日本代表の「なでしこジャパン」や、野球の「侍ジャパン」などに比べると、かなりシンプルな愛称に思いますよね。, もうすでに金メダルをとっている日本のソフトボールチームに対して、わざわざ凝った愛称をつける必要もないなと言う判断でシンプルな愛称に決まったみたいですね。, さらに、愛称に工夫をするよりもロゴを作ろうと言うことになり、新しくロゴが作られるようになったそうです。, このロゴは、ソフトボール感も強く、一目でソフトボールのチームのロゴだと分かります。, また金メダルを意識したような、カラーになっていて士気が上がるような気までしてきますよ。, 女子だけでなく、男子やジュニアの全選手がこのロゴを背負って共に戦っていくようです!, ソフトボールがまたオリンピックの追加種目として決定して喜ばれた方も多いのではないでしょうか。, 小学3年生からソフトボールを始め、途中怪我や挫折を味わいながらも、絶対的エースとして活躍してきた上野選手の活躍をこれからも期待していきましょう!, 全盛期よりかはスピードダウンしているようですが、上野選手の驚異の球速がまた見られるといいですね。, スポーツに関するいろいろな情報をお伝えします。メジャーなスポーツはもちろんですが、マイナースポーツも詳しくお伝えします。. 上野 由岐子(うえの ゆきこ、1982年7月22日 - )は、福岡県福岡市出身のソフトボール選手(投手)。背番号17。右投右打。愛称は「うえぴー」。女子ソフトボール日本代表。, アテネオリンピック銅メダリスト、北京オリンピック金メダリスト。九州女子高等学校(現・福岡大学附属若葉高等学校)出身、ビックカメラ女子ソフトボール高崎所属。, 小学校3年生からソフトボールを始め、ピッチャーとして活躍。小学校で県大会優勝、柏原中学校で全国制覇。九州女子高等学校2年の時最年少で参加した1999年世界ジュニア選手権でエースとして優勝に貢献。ジュニア離れした速球(球速は高校生時で107km/h、日本人最速を記録していた)でオリエンタル・エクスプレスの異名を取った。, シドニーオリンピック候補にも名前が挙がったが、高校の体育の授業中に怪我(走り高跳びの背面跳びの授業でマットのない地面に落ち、腰椎を骨折)をし、シドニー行きを断念[1]。医者に普通の生活も送れなくなるかもしれないと言われる程の大怪我だったが、奇跡的な回復を遂げた。, 2001年に高校を卒業後、日立高崎ソフトボール部(現・ビックカメラ女子ソフトボール高崎)に入部。史上初の2試合連続完全試合を達成し、2001年の新人王に選ばれた。実業団入りと同時に代表チームにも招集され、シドニー世代の石川多映子、増淵まり子に代わって代表のエースとしても活躍を始める。, 2002年世界大会デビュー戦となった世界選手権、アテネ五輪の出場権がかかった中国戦で完全試合を達成した。, 2004年アテネオリンピックでは実質エースとして開幕戦のオーストラリア戦を任されたが、まさかの4回3失点KOで敗れる[2]。負ければ1次リーグ敗退が決まる予選最終戦の中国戦でオリンピック史上初の完全試合を達成[3][4]、3位で予選通過し、勝てばメダルが確定する決勝トーナメント準決勝の中国戦で再び登板してタイブレーカー8回を完封勝利するも、勝てば決勝進出のかかる3位決定戦のオーストラリア戦では登板機会はなく、敗れて銅メダルに終わった。3位決定戦で登板がなかったことについて、まだ監督に信頼されるピッチャーになれていなかった自分が悔しかったと語っている[5]。またこの大会中、風邪を引くなど体調を崩したこともあり、これ以降自分の体調管理に対して深く意識するようになる[6]。日本リーグでは4月25日の伊予銀行戦で完全試合達成。, 2006年、北京で開催された世界選手権では準決勝で世界一のアメリカを封じ込めたものの決勝では逆にKOされ、惜しくも銀メダルだった。12月14日、ドーハで行われたアジア大会決勝の台湾戦で5回をパーフェクトに抑え(コールド勝ちのため参考記録)、優勝した。日本リーグでは4月22日の大鵬薬品戦、10月22日のシオノギ製薬戦で完全試合達成。, 2008年8月20日、2008年北京オリンピック準決勝のアメリカ戦、同日夕刻の決勝進出決定戦の豪州戦と2試合続けて登板、いずれも延長戦となり合計318球を投げ完投(準決勝は敗戦、決勝進出決定戦は勝利)した。そして翌21日のアメリカとの決勝戦も先発して7回完投勝利、2日間3試合413球を投げ抜き[8]、球技としてはモントリオールオリンピックの女子バレーボール以来となる日本の金メダルに大きく貢献した。この連戦連投で最終的に勝利を収めたその活躍ぶりは、かつての日本プロ野球の大投手稲尾和久になぞらえて、一部の新聞紙では「神様、仏様、上野様」と言う見出しが出る程になった[9]。またこの年の新語・流行語大賞で「上野の413球」が審査員特別賞を受賞した[10]。, 2009年4月1日から、ミズノとソフトボール関連アドバイザリースタッフ契約が締結[11]。2009年10月5日、日本リーグレギュラークラス(デンソー他)の選手を揃える愛知を退け、ときめき国体(新潟県上越市高田公園ソフトボール場)で優勝。貫禄のピッチングだった。特に宮城戦では3回をパーフェクトに抑え、外野フライさえも許さなかった。10月18日、日本リーグ山口大会で時速120km/hを超えるストレートを連発し、MAX121km/hで自己最速および世界最速を記録。11月8日には日本リーグ決勝トーナメントを制し、リーグ史上初の2年連続3冠(日本女子1部リーグ・全日本総合選手権大会・国民体育大会)を達成した。, 2010年4月25日、日本リーグ豊田大会でタイブレーク延長8回、2アウトから自身初アーチとなる決勝2ランを放った。同年11月26日の広州アジア大会決勝戦、ストレートに加え、切れのある変化球で中国打線を翻弄し一安打完封で優勝。2002、2006年に続くアジア大会三個目の金メダルを獲得した。球速は国際大会世界最速の121km/hを記録した。, 2012年の世界選手権では、7月16日予選の台湾戦で7回までパーフェクトに抑えるも0-0で延長戦に入ったため完全試合はならなかったが、延長10回タイブレークで1-0で勝利しノーヒットノーラン達成[12]。決勝トーナメントでは7月21日準決勝アメリカ戦に登板するが延長8回タイブレークの末3-1で敗れ、翌日22日の敗者復活戦でオーストラリアに2-0で勝利、同日1時間後に行われた決勝も連投し、延長10回タイブレークの末2-1で勝利し優勝。

ホットサンド 生ハム チーズ, 軽 自動車 14インチホイール 中古, 大人 男友達 作り方, Mac Smb 接続で問題が起きました, 翔 んで 埼玉 映画 動画, アルファード エンジン警告灯 Vsc, 前髪 束感 ワックス, Windows7 予測変換 オフ, 大東建託 退去 立会いなし,