オン デマンド 授業 パワーポイント

GALLERIA ZT(GTX 1660 Ti) GALLERIA ZZ (i9-9900KF&RTX 2080 Ti) GALLERIA RT5(GTX 1660 Ti) 6309 MMORPGの黒い砂漠では3種類の画質設定で、それぞれセレンディア神殿の内部を周回するテストを行いました。 HIGH/ Ultra. PCゲームの面白さにドハマりし、気が付けば100万円以上PCデバイスにつぎ込んでいた。それでも満足してなく日々快適で使い勝手のいいPC部屋を追い求めています。, 今回紹介するのは圧倒的グラフィックとアクション要素の高いMMORPGで人気のPC版黒い砂漠のお勧めのゲーミングPCについて解説していきます, 黒い砂漠は様々な画質設定が出来て、最高モードであるウルトラはスクショ専用モードだけあってクオリティーがかなり凄いです, そんな黒い砂漠ですが、当然高画質でプレイするには高性能なゲーミングPCが必要になってきます, またフルHDでプレイするのか、ウルトラワイドモニターでプレイするのか、4Kでプレイするのかによっても要求スペックが変わってきます, どの程度の画質でどの程度のフレームレートでプレイしたいかで購入するゲーミングPCが変わってきます, フレームレートはPS4では最大でも60fpsが限界でしたが、PC版では200fps以上出すことが可能です, フレームレートが高いとそれだけ動かした際の情報量が多く、分かりやすく言うとヌルヌル動くといった感じです, とは言っても初心者の方はどのグラボが搭載したBTOパソコンがどの程度フレームレートが出るのか分からないと思いますので, 今回はグラボ別のフレームレートを紹介しつつお勧めのゲーミングPCを紹介するので参考にして下しさい, と3つの上位版があるので実際はもう少しスペックの高いグラフィックボードが必要になってきます, 黒い砂漠推奨CPUはIntel Core i7(3.0GHz以上)なのでCore i7-2700Kあたりが推奨CPUですが、これに関してはそこまで格段に高いCPUではありません, 今回紹介するゲーミングPCは最低でもCore i7-2700Kの1.5倍以上性能の高いCPUなので問題ないです, CPUの性能が低いとグラフィックボードとボトルネックが発生してグラフィックボードの性能を最大限生かせなりますが、その点も問題ありません, 配信などを考えている方は32GBでもいいかもしれませんが、ゲームをプレイするだけなら16GBで大丈夫です, そこで私自身が複数枚グラフィックボードを所持しているので実際に黒い砂漠をプレイしてフレームレートを計測してみました, プレイするだけだったらGTX1650で十分ですが、リマスター画質で快適にプレイするにはGTX1660Tiクラスが必要です, スクショ専用モード ウルトラに関してはRTX2080Tiだけがまともにプレイ出来そうです, 横長のウルトラワイドモニターでのプレイはUIの多いMMORPGでは快適性が増してお勧めですが、要求スペックが跳ね上がります, RTX2070SUPERなら60fps以上安定しているのでUWQHDでのリマスター画質でのプレイはかなりハイエンドクラスのグラボが必要になります, 4Kモニターでプレイするとなると超ハイエンドRTX2080Tiクラスでないと厳しい印象です, リマスター画質はRTX2080Tiでも60fpsをわずかに切っているので、個人的に4Kで高画質プレイは今後出るグラボに期待といったところです, グラボGeForceGTX1650の性能を各ゲームで検証!低価格のグラボでもここまで出来る!, グラボGeForce GTX 1660Tiの性能を各ゲームで検証!コスパが良くかなりお勧め, グラボGeForce RTX2070SUPERの性能を各ゲームで検証!高性能でコスパ良し, グラボGeForce RTX2080Tiの性能を各ゲームで検証!高性能で満足すること間違いなし, CPUに最新第10世代のインテル® Core i7-10700Kを搭載しているのでハイスペックです, またSSDもM.2規格で1TBとかなり容量も大きいので複数のゲームを入れても容量に余裕があります, 電源も850Wとかなり余裕のある電源設定なので、高性能なCPUと相まって今後のグラボのグレードアップなどで問題になることはほぼないでしょう, ケースの見た目もカッコよくASUSU製のマザーボードを使用していることもかなり評価できるのでお勧めのBTOパソコンです, GHシリーズとの違いはCore i7-10700K からコスパ重視で少し性能を下げたRyzen7 3700Xになっています, それ以外は大きな違いは無くGHシリーズより大幅に価格が抑えられているので、予算を抑えたい方はお勧めです, またCPUの性能を下げているといってもRyzen7 3700Xはそこそこ性能の高いCPUですのでボトルネックの心配は全くないでしょう, マウスコンピューターから出ているRTX2070SUPERを搭載したG-Tune HN-A, CPUにRyzen7 3700Xを搭載していてRyzen7 3700XはCore i7-9700よりスレッド数が多くマルチスレッドにおいて遥かに優秀です, またSSD512GB HD2TBと容量もかなり多いです。メモリも16GBとPCゲームをするうえで不便に感じることはまずないでしょう!!, RTX2070SUPER搭載でG-Tune HN-Bよりさらに価格を落としたモデルです, CPUがインテルのCore™ i7-9700とG-Tune HN-Aに搭載されているRyzen7 3700Xよりスレッド数では劣るものの性能としてはほぼ同等程度の性能はあります, ゲームをプレイする分にはRTX2070SUPERの足を引っ張ることはほぼ無いでしょう, SSDの容量が256GBと少し少ないのが気になりますが、ハードディスクが2TBあるので容量の心配はいらなそうです, ただしゲームはSSDに入れた方が読み込みが速いので服風のゲームをメインにする際は512GBあった方が無難です, 今後の拡張性を考えるとG-Tune HN-Bの方がお勧めですが、兎に角予算を抑えてハイスペックにゲームをやりたいと考えている方にはG-Tune HL-Bがお勧めです, パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のRTX2070SUPER搭載モデルM0B4-R73X-RWSです, CPUをRyzen 7 3700Xを採用しており、性能に申し分はなく今後のグラボのグレードアップにもある程度ついていけるCPUです, メモリも16GBSSDもM.2規格のNVMeSSDを480GBで搭載しているので大きな足かせはありません(不安ならSSDを1TBにカスタマイズするといいでしょう), 全体的な性能が高くLEVEL∞のパソコンがかっこいいと思ったならお勧めのBTOパソコンです, パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のRTX2070SUPER搭載モデルM046-iX4F-RWSです, CPUを最新の第10世代のCore i5-10400Fを採用しており、そのおかけで価格がかなり安くなっています, 勿論ゲームをプレイする分にはCore i5-10400Fが大幅に足を引っ張ることはないので安心してプレイ可能です, メモリも16GBSSDもM.2規格のNVMeSSDを500GBで搭載しているので大きな足かせはありません, パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のGTX 1660 SUPER搭載モデルLEVEL-M046-iX4F-RJSです, CPUを最新の第10世代のCore i5-10400Fを採用しており、価格を抑えつつもGTX 1660 SUPERの足枷とならない十分な性能を持ったCPUです, GTX 1660 SUPERのモデルはメモリや容量が小さくなりがちですがメモリが16GB SSDもM.2規格のNVMeSSDを500GBで搭載しているのでPCゲーマにとって必要なスペックを持っています, 値段もかなり安くGTX 1660 SUPER搭載モデルの中でかなりお勧めできるBTOパソコンです, CPUに最新第10世代のインテル® Core i5-10400を搭載していてGTX1660SUPERには十分な性能のCPUです, メモリがこのスペックのPCだと大概8GBなのですが16GBあるのでゲームプレイでメモリで重くなる心配は全くないです, また容量も500GBと申し分もなく、電源も850wあるので今後の拡張にも十分対応できるパソコンです, マウスコンピューターから出ているGTX1660SUPERを搭載したG-Tune PM-B, CPUにAMDのRyzen7 3700Xを採用していて性能が高いのでGTX1660SUPERが生かしきれないということはまずありえません, SSDの容量が256GBと複数のゲームを入れると少し容量がきつく感じますが、不安なら500GBや1TBにするのもお勧めです。購入時に約5,000円でカスタマイズ出来ます, 現状フルHD環境下でゲームをする分にはGTX1660SUPERがあれば十分快適にプレイ出来るので、かなりお勧め出来るBTOパソコンです, 安いとは言ってもCPUにIntelCore™ i7-9700を採用していてGTX1660SUPERでのボトルネックの心配はありません, SSDの容量が256GBと複数のゲームを入れると少し容量がきつく感じますが、不安なら500GBにするのもお勧めです。購入時に約5,000円でカスタマイズ出来ます, 電源の容量が500Wなので今後RTX3080など高スペックなグラボに変更するには電源が明らかに足りないので、拡張という意味では少し厳しいです, 現状フルHD環境下でゲームをする分にはGTX1660SUPERがあれば十分快適にプレイ出来るので、予算を抑えてPCゲームをプレイしたい方にかなりお勧め出来るBTOパソコンです, 一切の妥協をしたくない人にお勧め!コスパ度外視!※RTX3080は実はコスパはいいけど高い!, CPUには第10世代のCore i9-10900で10コア20スレッドのハイスペックCPUです, さらにメモリが32GBと十分すぎで電源は1000wを積んでいるので全く問題はありません, 値段こそ高いですが、ゲームにおいて不便を感じることはなく、配信などを予定している方にはお勧めのPCです, 最新グラボRTX3080を搭載したBTOパソコンGALLERIA ZA9C-R38, RTX3080はRTX2080Tiより性能が高いのに価格が抑えられているという今一番注目されているグラフィックボードです, Intel最新CPU第10世代のCore i9-Core i9-10850Kとボトルネックの心配はないです, ゲームにおいても4K解像度でのプレイはRTX3080があれば十分に快適プレイ可能です。, SSDもM.2規格に対応したNVMe SSDなので高速読み込みで快適にプレイ可能です, RTX3080より性能の高いRTX3090がありますが、こちらは性能がRTX3080より10%性能が高いが値段約20万円とかなりコスパが悪いので現状RTX3080がコスパにおいてお勧めです, RTX3080があれば現状のゲームで困ることはまずないのでお勧めのBTOパソコンです, CPUには第10世代のCore i9-10900KFを搭載していて現状グラボ、CPU共に例外を除いて最強スペックです, 個人的にこれを買うのはロマンだと思っているので、現状の超スペックが欲しい方は検討してみて下さい!, 黒い砂漠はやり込み要素が多く、またグラフィックのクオリティーがかなり高いので、高スペックのゲーミングPCがより生きてきます, RTX2080Tiでも4Kウルトラはまともに動かないので今後のグラボの性能アップに期待が出来る将来性の高いゲームです, 今回紹介するゲーミングPCはボトルネックの起こらないバランスを選んでいるので安心してください, 【CALL OF DUTY:WARZONE】お勧めのゲーミングPCを解説|グラボ別でフレームレート比較有, 【予算10万円以下】お勧めのゲーミングPCを紹介!低価格帯のBTOパソコンでどの程度ゲームが出来るか解説, フルHDでリマスター品質で快適に遊べる!WQHDやUQWHDでも画質次第では快適!他のゲームも高フレームレートで快適にプレイ出来る→RTX2070SUPER搭載モデル(予算目安15~20万), フレームレート100fps以上で他のゲームもフルHD(1920×1080)ならほぼ不満が出ない→GTX1660SUPER搭載モデル(予算目安11~15万), 予算に余裕があるから超ハイスペックBTOパソコンが欲しい→RTX3080、3090搭載モデル(予算目安20万~), 価格を抑えつつもGTX 1660 SUPERの足枷とならない十分な性能を持ったCPU, RTX3090がありますが、こちらは性能がRTX3080より10%性能が高いが値段約20万円とかなりコスパが悪い, FRONTIER GH SERIES FRGHZ490SG1(GTX1660SUPER).   2020/06/17, ドスパラで最も売れているGALLERIA XFをドスパラさんにお借りしたのでレビューします。, GeForce RTX 2070 SUPERを搭載し、20万円以下のPCとしては非常にコストパフォーマンスに優れています。, 黒い砂漠のリマスター推奨PCでもあるモデルで、黒い砂漠のオフィシャルプレゼントなどにも採用されています。, ※M&B2のデータは500vs500ではなく250vs250でした。訂正してお詫び致します。, RTX 2070 SUPERの力を得たGALLERIA XFは、重い処理であるレイトレ(DXR)を含めて高いポテンシャルを持っています。, GALLERIA XFは執筆時点では税抜き16万円台という、高性能ゲーミングPCの中でも「買えるプライス」であることが強力なメリットです。, ドスパラはどのグレードでも他社の追随を許さないコストパフォーマンスになっていますが、2019年現在のゲームを遊ぶ上で必要十分な性能を持つGALLERIA XFは、特にバランスに優れた一台と言えるでしょう。, GALLERIA XF製品ページでの記載が常に正しいものとなりますのでご了承下さい。, GALLERIA XFのグラフィックボードにはRTX 2070 SUPERを搭載しています。, 現行シリーズの真ん中よりちょっと上くらいのポジションにいるのがRTX 2070 SUPERです。, GALLERIA XFはGALLERIAシリーズ共通のミドルタワーケース「KTケース」を採用しています。, KTケースは剛性感がしっかりしていて、各ポートの信頼性が高い点を特に評価しています。, ケース前面にはUSB3.0ポートx2やSDカードリーダースロット、マイクやヘッドフォンの入力端子があります。, 標準ではDVDなどの光学ドライブがついていませんが、オプションで付けることが出来ます。, 背面上部にはキーボードやマウスを接続できるPS/2ポート、各種USBポート、LANやオーディオ端子があります。, グラフィックボードからの映像出力は、DisplayPort x3とHDMIになっています。, https://www.asus.com/jp/Motherboards/PRIME-B365-PLUS/, 貸出機ではASUSのPRIME B365-PLUSが搭載されていました。B365チップセットはオーバークロックとUSB3.1 Gen2には非対応で、その点がコストカットポイントとなっています。, 標準の「静音パックまんぞくコース」ではDeepCool製のCPUクーラーがついていました。, i7-9700Kへカスタマイズした場合でも、ゲームでの通常利用に必要十分な冷却性能を持っています。, 垂直同期を切ったり144Hzモニタなどを使ってゲームをする場合でも定格ならこれで大丈夫です。, 比較的CPUを使うDivison2のDX12モードを利用した際の温度となります。(室温26℃), ゲーム中のCPU温度は最高で64℃となり、平均54℃程度で動作していました。温度的には全く問題ありません。, CPUはアップグレードが可能です。ゲーム用途ではよりクロックの高いi7-9700Kがおすすめです。, ゲームだけでなく、動画編集などもするのでマルチスレッド能力が欲しいという場合は、i9-9900がおすすめです。, CPUグリスとはCPUとクーラーを密着させてしっかり冷却させるための糊みたいなものです。, 私は熱伝導率の高いThermal Grizzly製グリス(TG-K-001-RS)を愛用していますが、ドスパラでも同じ商品を扱っているのでおすすめです。, Palit製のRTX 2070 SUPERが搭載されていました。貸出機ではブロワータイプ(外排気)でした。, ブロワータイプのグラフィックボードの場合、グラフィックボード背面から外に空気を出して排熱します。, ブロワーのメリットとしてはケースの外に排気するため、PC内にグラボが発熱した温風をまき散らさないという点があります。, CPUや電源も冷却のためにファンがあります。そこにGPUからの熱風が加われば冷却性能が落ちたりノイズが増えることになります。, ブロワーのデメリットはファンが一つのためにグラボの冷却力がやや弱いことや、小径ファンによるノイズです。, BF5をDXR(リアルタイムレイトレーシング)オンでの最高画質でワンゲーム遊んだ時の温度変化です。, これはそれ以上温度が上がらないように性能を調整して温度が管理されているからです。いわゆるサーマルスロットリングです。, 温度に全く問題がない時は1905MHzくらいのクロックで動作し、温度が上がると1890MHz前後で動作していました。, RTX 2070 SUPERのリファレンスのブーストクロックは1770MHzであり、サーマルスロットリングが発生してもそれより常時上回っています。, 重たいDXR処理を使う場合でもこれくらいのクロックを維持できているので、ゲームプレイには全く支障はありません。, 高負荷時を横からFLIR ONE Proで撮影したものです。温度数値は誤差があるので、場所による温度の違いを見るくらいでご覧ください。, GALLERIA XFはPCの前から吸気し、上と後ろから排気する方式となっています。, サイドケースファン上部はCPUクーラーと干渉するためつけられませんが、下部は追加可能です。, 少しでもグラフィックボードを冷却したい場合は、サイドケースファン下部にファンを増設することができます。, ファンは大きい方が低回転で風量および風の当たる面積を増やせるので、私なら14cmファンにします。(写真は14cmファンです), ドスパラの担当の方に伺ったところ、サイドファン下部にファンを搭載することで次のような効果が見込めるとのことです。, ファンを搭載した場合はファンを回す電力を取る必要があります。そのため、サイドパネルとマザーボードが配線で繋がる点に注意してください。, ドスパラの担当の方からのアドバイスとしては「サイドパネルを取り外す時には一気に外さないようにご注意いただければと思います。」とのことでした。, 注文して届いたらサイドパネルの配線に気をつけながら外して、サイドファンのケーブルがどこに繋がっているか写真を撮っておくのをお奨めします。, 写真があればもし外れてもどこに挿せばいいかわかります。わからなくなったらサポートに聞けば教えてくれるでしょう。, ドスパラのハイエンドCPU搭載機には、トップケースファン後部に標準でケースファンが追加されています。外に向けて排気されます。, 熱は上に向かって上がっていくので、ケース上部から逃がすためのファンがあることによって効率的に排熱することが出来ます。, GALLERIA XFは必要なファンが追加されているのでこのままでよいと思います。, 電源については執筆現在は650Wの80 PLUS BRONZE規格の電源が搭載されています。, より静音性や信頼性を高めたい方や静音性にこだわりたい方はカスタマイズすると良いでしょう。, Seasonic 750W静音電源「FOCUS-GX-750」は特に優れた電源です。, 日本メーカー製の105℃アルミ電解コンデンサと固体コンデンサを利用しており耐久性が高く、単品購入時は10年の保証のある製品です。, 負荷が低い時にはファンが回転しないセミファンレス機構を備えており、PCの静音性も上がります。, 内部の電源ケーブルがすべて取り外せるフルプラグイン(フルモジュラー)タイプとなっており、取り回しがしやすくケース内でケーブルがごちゃごちゃしません。, メモリはPC4-21300(DDR4 2666)の8GBが2枚装着され、16GBとなっています。, ゲームをしながら画像編集、動画編集をする人、Chromeで調べものをしまくる人は16GBでは足りないことがあるので32GB以上がおすすめです。, 私はGoogle Chromeで30タブを開きつつブログ用に画像を編集したり、黒い砂漠をプレイしつつ他のゲームをしたりするので、32GBを使い切りそうになることがあります。, 大体平均で20GBちょっとを使っているので16GBでは確実に足りないのですが、64GBまでは不要かなあという感じです。, 容量は512GBとなっていて、ゲームなら1本30GB~100GBほどなので数タイトル~10タイトル以上は入ります。, HDDは3.5インチシャドウベイに格納されています。サイドから出し入れがしやすくなっています。, 内蔵HDDは一般的な速度です。2TBという大容量が魅力なので、データ置き場として活躍します。, ローディング速度を気にしないようなゲーム、ライトゲームならHDDに入れてもいいですね。, 逆サイドのパネルも開けると、HDD裏のSATAケーブル、電源ケーブルが見えます。交換の際にはこれらを取り外してHDD本体を抜き出すことで、簡単に交換が出来ます。, ベースのM.2 NVMe SSDにゲームを入れると思いますが、512GBは意外とあっという間になくなってしまいます。, 色々なゲームをする場合はM.2と2TBのHDDはそのままに、ハードディスク(追加1)にSSDなどを追加オーダーするとやりくりがしやすくなるでしょう。, ローディングの速さが非常に重要なゲームはM.2 NVMe SSDに、それ以外のゲームは追加したSSDに入れます。, HDDには撮影したスクリーンショットや動画などを入れるようにしてSSDの容量を常に空けておきます。, おすすめは1TBのSSDです。Samsung 860 EVOシリーズを私は使っています。, DVDやBlu-rayの映像作品などを見たい場合はそれらのドライブを選択すると良いでしょう。, Windowsの再インストールに付属ディスクが使えますが、購入後に回復ドライブをUSBメモリ上に作成することによって、ディスクレスでWindows再インストールも可能です。, 比較的安価な騒音計(測定誤差 ±1.5dB)を使っているので、数値は必ずしも正確ではない点はご了承下さい。, ヘッドフォンプレイはもちろん、スピーカーでゲームをする上でも影響のないレベルと言えます。, ベンチマークとはPCの性能を測る専門のソフトを使って、PCの性能を客観的に数値化する作業です。, 専用のベンチマークソフトを使って行います。ある程度、マシンの動作レベルがわかりますよ。, ※各ベンチマークの値は、私がドスパラより実機をお借りした時点でのものです。OSやソフトアップデート、ドライバ、個体差などで結果は異なります。, FF14ベンチの「非常に快適」ゾーンは広いのですが、9700Kでは紅蓮ベンチでスコア18395、9700Fでは17721と、どちらも「非常に快適」の評価を得ました。, 最新のFF14ベンチでも9700Kで17328、9700Fで17309の「非常に快適」スコアを得ることができました。, Division2に内蔵されるベンチマーク機能です。DX12オンで1920x1080のテストを行いました。, (画像のプリセットが「カスタム」になっているのは垂直同期をオフにしているからです。), FF14やDivision2よりはるかに重いタイトルである「Red Dead Redemption 2」に付属するベンチマークです。, CPUベンチマークの「CINEBENCH R15」とゲーム系ベンチとしてよく使われる「3DMARK」の2つのベンチマークを使って測定してみます。, Cinebench R15はCPUの純粋な性能を比較できるベンチマークとして多く利用されています。, ゲームでは複数のスレッドに上手く処理を配分できない部分もあることから、シングルスレッド性能も非常に重要な能力となります。, 最近のゲームではDirectX12を使用したものが多くなってきましたので、参考にしたいスコアです。, 基本的には最高設定を利用しつつ、高fpsが重要なシューター系タイトルではfps重視の設定もサンプリングしました。, fpsはシチュエーションやゲームバージョン、ドライバなどによっても異なりますのであくまでも参考程度で見て下さい。, RDR2では精密プリセットレベルを「画質重視」の最高と「パフォーマンス優先」の最低の2パターンで設定し、サンドニの街の一定区画をぐるっと周るテストを行いました。, RDR2を画質優先プリセットを最高にした場合、平均72.7fpsとなりました。激重タイトルですが60fpsで遊べるのは良いですね。, RDR2を画質優先プリセットをパフォーマンス優先の最低にした場合、平均102.8fpsとなりました。, DXR対応タイトルであるBF5は、RTX 2070 SUPERの実力をいかんなく発揮できるタイトルです。, RIOT Gamesの新作FPS「VALORANT」では、トレーニング用の射撃場を使ってテストを行うことにしました。, フレームレートが比較的落ちやすい「オーディン」を使ってスキルテストからスパイク解除シナリオまでを通してプレイします。, 平均268.5fpsとなり、144Hzモニタ以上で十分に遊べそうです。ただしソロでのテストなので実際にはfpsはもう少し落ちるでしょう。, 建築物が増えてくるとオブジェクトによる演算負荷が増えるため、fpsが落ちるようです。, そのため、ソロバトルロイヤルで建築物が画面内に増える終盤の1vs1シーンをリプレイからサンプリングしました。, Fortniteも最高画質にするとそれなりの負荷になります。平均149.2fpsとなりました。, 3D解像度はそのままに描画距離だけを最高にし、その他の装飾的な要素を低くしています。, 平均fpsは367.8fpsとなりました。なお最小は208.5fpsです。144fps常用ラインには乗っています。, Apex Legendsでは144fps以上を計測したいので、コマンドラインに「-novid -high -fullscreen +m_rawinput 1 -useforcedmparms -noforcemaccel -noforcemspd +FPS_MAX Unlimited」をつけ、fps上限解除をしてテストをしました。, fps制限を解除した場合、カッパーベル銅山では最高画質設定で平均195.7fpsとなりました。, アイスボーンになって今までのモンスターハンターよりも重い雪原のマップ「渡りの凍て地」が登場しました。, 雪のパーティクル表現やフォグなどの処理が美しく、そのぶんGPUパワーを消費します。, DX12で雪品質も最高設定でプレイしました。HDRはなしです。ダイナミックレンジもよほど良いHDRディスプレイでなければ効果が感じられないので32bitとしています。, Division2ではグランドワシントンホテルのミッションをDX12の高設定でプレイしました。, 平均138.8fpsが出ていました。特に引っかかるような場面もなく快適に遊べます。, 黒い砂漠は通常、フルウインドウより全画面モードの方が格段にfpsが出るので、全画面モードでテストしています。, クザカが湧くセレンディア神殿内を一周しての平均fpsです。普段はほぼ人がいなくて環境変化が少ない場所なので、基本的なfpsをチェックするために使っています。, ウルトラで60fpsオーバーを楽しむ場合にはRTX 2080 Ti搭載のGALLERIA ZZがおすすめです。, リマスターになると一気に上がって平均133fps。これなら戦闘も含めて常用できますね。, アーリーアクセス中のMount & Blade II : Bannerlordのe.1.4.1にて、250vs250の戦闘を行いました。設定はインストール時デフォルトです。, 平均126.5fpsとなりましたが、大事なのは序盤の最も両軍の数が多い時点で安定して動くかです。, 1920x1080で144Hzディスプレイを使う場合にまさに丁度いいマシンだと思います。, ミドルハイクラスのPCとしては非常にまとまっていて、これからPCゲームを本格的に始めたい!といったニーズにもしっかり応えてくれます。, CPU :★★★★★GPU :★★★★温度 :★★★

韓国ドラマ みんなの嘘 視聴率 9, ソ イェジ ドラマ 9, 動力 変圧器と は 7, 鬼ちゃん 嫁 予想 5, 座右の銘 笑顔 系 9, 思い出のマーニー 杏奈 クズ 14,