アイヌ 線 腕 49

アイヌ文化関連施設ではアイヌの人たちの民具や工芸品が展示・公開されています。 公益財団法人 アイヌ民族文化財団 The Foundation for Ainu Culture 〒060-0001 札幌市中央区北1条西7丁目 プレスト1・7 ごめん・なはり線(ごめん・なはりせん)は、高知県南国市の後免駅から同県安芸郡奈半利町の奈半利駅に至る土佐くろしお鉄道の鉄道路線の愛称である。正式な路線名は阿佐線(あさせん)であるが、現地での案内や時刻表での表記などでは、すべて愛称の「ごめん・なはり線」が使用されている。略して「ごな線」とも呼ばれる[2]。駅ナンバリングの路線記号は「GN」(Gomen-Nahari lineの略)。, 改正鉄道敷設法別表第107号に掲げる予定線「高知県後免ヨリ安芸、徳島県日和佐ヲ経テ古庄附近ニ至ル鉄道」の一部で、徳島県海部郡牟岐町の牟岐駅から高知県南国市の後免駅までを結ぶべく計画された日本鉄道建設公団建設線の阿佐線(あさせん)の高知県側の区間(阿佐西線〈あささいせん〉)のうち、奈半利駅 - 後免駅間の建設を引き継ぎ、完成させて開業した路線である。, 一方、徳島県側の区間(阿佐東線〈あさとうせん〉)のうち、牟岐駅 - 海部駅間が四国旅客鉄道(JR四国)牟岐線(当時は国鉄牟岐線)として1973年(昭和48年)10月1日に、海部駅 - 甲浦駅間は阿佐海岸鉄道阿佐東線として1992年(平成4年)3月26日にそれぞれ開業している。残る甲浦駅 - 奈半利駅間は未成線であり、高知東部交通の路線バスが結んでいる。, 大半が高架区間であり、太平洋沿いを走る区間が多いため景観が良く、観光目的での乗客も少なくない。, かつて、後免町 - 安芸間には1930年に全通した土佐電気鉄道(現在のとさでん交通)安芸線が営業していたが、1970年代に入ってからは貨物輸送の廃止や旅客収入の減少による赤字の増大が顕著になっていた。そこで、江若鉄道の例を参考に、日本国有鉄道(国鉄)阿佐線の建設を促進するという名目で、用地売却によって赤字を解消するために1974年(昭和49年)3月末に廃止された[4]。, 阿佐線そのものは、「四国循環鉄道構想」のもとに1965年(昭和40年)3月から安芸 - 田野間が国鉄新線として着工[4]。土佐電気鉄道安芸線廃止後の1974年(昭和49年)4月からは、後免 - 安芸間でも高架橋の工事などが行われていたが、1981年(昭和56年)12月、日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)の施行に伴い、建設線であった阿佐(西)線も工事が凍結された[4]。この時点で全長のうち18.9km(約44%)が完成していたが、長期間にわたって建設途中の高架橋や盛土が放置されたままになった[4]。この様子から土佐の「万里の長城」、もしくは土佐の「バベルの塔」とも言われた[5]。, その後1986年(昭和61年)5月、高知県を主体に土佐くろしお鉄道株式会社が設立され、同じく建設線であった宿毛線とともに引き継がれることとなり、1987年(昭和63年)1月に同社が後免 - 奈半利間の第一種鉄道事業免許を取得、同年3月から7年ぶりに工事が再開された[4]。同社は、当面、宿毛線の建設と特定地方交通線に指定された中村線の維持に力を注いだため、阿佐(西)線の建設は後回しとなったが[5]、2002年(平成14年)7月1日[6]、日本鉄道建設公団建設線最後のAB線[注釈 1]として、工事着工から37年目(安芸線廃止後28年目)にしてようやく開業した[4]。, 正式な起点は後免駅で、本来、後免駅から奈半利駅へ向かう列車が下りだが、JR土讃線と合わせるために列車番号は、奈半利駅から後免駅へ向かう列車が下りに付ける奇数、逆方向が上りに付ける偶数となっている。また、誤乗防止のため「上り」「下り」の呼称は用いていない。, 1時間あたり1 - 2本程度運行されている。各駅停車のほか、快速列車が運転されている。朝ラッシュ時の一部を除いて、1両編成の気動車がワンマン運転される。運転パターンは後免駅 - 奈半利駅間運転の列車のほか、途中駅の安芸駅発着の区間列車が多数設定されている。また、夕方には後免駅 - あかおか駅間の区間列車が1往復設定されている。また、全ての快速列車と各駅停車の一部は、JR土讃線に乗り入れ、高知駅まで相互直通運転を実施している。, また、オープンデッキ車両にて運行される列車が、安芸駅発着(後免発安芸行きと安芸発高知行き)、奈半利駅発着(高知発奈半利行きと奈半利発後免行き)それぞれ1往復運行されており、運行開始時には愛称がなかったが、2009年3月14日のダイヤ改正時にオープンデッキ車両に沿線出身の著名人岩崎弥太郎・中岡慎太郎にちなみ「やたろう号」「しんたろう号」の愛称が付き[9]、2010年[10]にはオープンデッキ車両を使う列車にも安芸駅発着に「やたろう号」、奈半利駅発着に「しんたろう号」と愛称がついた。, 使用車両は全て気動車で、9640形のほか、JR四国の1000形も乗り入れている。車両の夜間滞泊は安芸駅で行っている。, 2007年3月から土讃線の臨時特急「ホームエクスプレス高知」の運転にあわせて深夜に臨時列車扱いの「ホームライナーあき」という名称で1往復増発されていた(休日は運休)が、2008年3月15日のダイヤ改正で廃止された。, また、2006年9月に土曜・休日運休の臨時列車が朝に1往復増発(安芸駅 - 奈半利駅間)されたが、2007年3月18日のダイヤ改正で定期列車に格上げされている。, 2017年4月から5月の土日祝日に、ごめんなはり線開通15周年を記念して土讃線高知駅 - 奈半利駅間で「太平洋パノラマトロッコ」が運転された[11]。使用車両はJR四国のキハ185系とキクハ32形。, 開業の際、気動車10両(うち2両はオープンデッキ車両)が新造され、会社名の「くろしお」にちなんで「9640形(くろしおがた)」と命名された。, 9640形は海岸沿いを走る路線性格に合わせオールステンレスカー(ただし運転台部は普通鋼製)の両運転台軽量気動車だが、車体長は20メートルを超えるフル規格車である。機構的にはJR西日本キハ126形とほぼ同一としているが、JR四国1000形との併結機能を付加したり、クロスシート部分をバケットタイプの転換クロスシートにするなど、独自性を出している。最高速度は110Km/hで、450PSのコマツ製エンジンに変速1段直結4段の変速機を組み合わせている。台車は軽量のボルスタレスタイプとなっている。ブレーキは電気指令式で、電車における回生ブレーキの発想を応用したコンバータブレーキ優先遅れ込め式である。全車に車いす対応のトイレを備える。シートは一般車 (3 - 10) の場合、車両の中央で転換クロスシートとロングシートが分かれるというあまり例のない配置となっている。1S・2Sがオープンデッキ車両で、前面デザインが異なるほか海側をオープンデッキとしている。室内は転換クロスシートと補助椅子を備える。2005年5月に新製された車両 (11) は[12]、駅キャラクターの作者である漫画家やなせたかしが作詞した曲にちなみ、「手のひらを太陽に」号(通称「太陽」号)と名付けられた。オールロングシートで、イベント時には畳を敷いて、お座敷列車として運用できるようになっている。, その他の一般車グループも独特な塗装をまとった車両が複数存在する。その中で最も目立つのは沿線の安芸市営球場で阪神タイガースがキャンプを毎年行っていることから、黄色を基本として黒い縦線が不規則に走る虎柄の塗装をまとい「阪神タイガース号」のヘッドマークを出している9640-10である。当初2003年のみの運行予定だったが、その年に阪神は18年ぶりのセントラル・リーグ制覇。さらに2005年にもリーグ制覇したため、今なおタイガース塗装のまま運転されている。2006年2月26日にはオープン戦観戦ツアー団体列車の車両として使われ、JR車との併結で愛媛県まで足を伸ばした。, 各駅には、高知県出身の漫画家やなせたかしのデザインによるイメージキャラクターが設定されている[2][6]。このキャラクターは各駅に設置されたオブジェ・車両のマーキング・キャラクターグッズなどの形で本路線のイメージアップに貢献しているほか、2004年には沿線の市民グループの手で各キャラクターの着ぐるみが製作され、「ゴトゴト着ぐるみ隊」の名称で各種のイベントに出演するなどの活動を行っている[13]。, 2003年に、ごめん・なはり線記念ソング『いいなぁ安芸(アキ)』と称するアルバムがバップより発売され、「走れ!漫画列車」[2]のタイトルでごめん・なはり線に関するオリジナルソングが収録されている[14][15](作詞:やなせたかし、作曲・編曲:近藤浩章、歌:大和田りつ子、岡崎裕美、声:やなせたかし)。なお、当アルバムにはごめん・なはり線の一部の駅やキャラクターに関するオリジナルソングも収録されている。このオリジナルソングも駅キャラクターと同様、全てやなせたかしが作詞した。, 日本鉄道建設公団の建設線は採算性の低い順にA線(地方開発線)・B線(地方幹線)・C線(主要幹線)・D線(大都市交通線)・E線(海峡連絡線)と区分(後にG線(新幹線)・P線(民鉄路線)が追加)され、このうち無償で国鉄に貸付されるA線・B線をまとめて, 『JTB時刻表』2009年3月号では愛称なし、『JTB時刻表』2010年3月号では愛称掲載。, https://www.asahi.com/articles/ASLCY63HMLCYPLPB00D.html, 4、5月限定!太平洋パノラマトロッコに乗ろう!太平洋パノラマトロッコ 〜ごめん・なはり線開通15周年記念〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線&oldid=79848488. 今回のアンケートエリアは……千葉県!, 「もし自分があの街に住んだら……」と妄想するのは楽しいですよね! 東京でいえば青山や麻布といった高級住宅街、中野や吉祥寺などエンターテインメント性あふれる街など、「住みたい街」は枚挙に暇がありません。, でも、そうした人気の街は家賃や物件価格が高いもの。また、人気のエリアというだけで選んでしまうと、住み始めてからデメリットに気づいてしまうことも。, そんな失敗を避けるためには、たとえば地元民など、街に詳しい人の意見を参考にするのが正解。そこでat home VOXは千葉県民のみなさんに、地元・千葉に限定した「住みたい街」のアンケートを取ってみました! 上位にランクインしたのは、一体どこでしょうか?, Q.あなたが千葉県内で好きなところに住めるとしたら、どのエリアを選びますか? 駅名でお答えください。, ■同率10位/6票 東京メトロ東西線/浦安市 大手町まで24分(東京メトロ東西線利用), 「高級マンションがとても多くて街並みがきれいなので 、一度住んでみたいと思います」, 【松戸】 碍子の両端に取り付けられるパーツ。落雷時に電圧を地面方向に逃がす(アークさせる)役割を持つ。, 送電線系統は変電所または発電所から出て1番鉄塔から始まる事が多い。気になる送電系統の番号順に追いかけて1番鉄塔を目指すのは鉄塔探訪の一つの楽しみ方であり小説鉄塔武蔵野線はそれがテーマとなっている。ただし現実にはその先に0番鉄塔があったり0-1鉄塔があったり、1番鉄塔自体変電所の中で見れない(確認できない)場合もある。, 上から赤白赤白赤白赤で塗り分けられた鉄塔。航空法により地上より60mを超える建造物の場合はペイントしなければならないと定められている。周囲の峰や同目的の建造物などにより免除される場合もあれば反対に60m以下でも土台の高さによりペイントが必要とされる場合もある。, 同じ形の鉄塔が隣接して並んで立っている鉄塔。変電所への引き留め鉄塔に多い。π引き込み(ぱいひきこみ)も参照。, 懸垂碍子の一種。碍子が2列V字型に腕金より接続されている。横幅のスペースを狭くつくれるので用地の都合にも対応できる。, GoogleやYahooなどが提供している航空写真を指す。実際に鉄塔が写り込んでるので存在は確認できるが、電線のつながりは解像度の低い地域では確認できない場合もある。地理院地図・塔マップと併用して系統と鉄塔を特定する。, 変電所と同義語。(Electronical)SubStationの頭文字をとってSS。鉄塔マニアがこれを使い出すと素人排除モードになっている。, 開閉所と同義語。SWitching Stationの略。もはや開閉所と言ったほうがが速い気がするが、S/Sと同様の素人排除効果がある。, 1回線(3本)用の鉄塔。3本が水平に架けられている。避雷用の架空地線が上に2本あり猫の耳を思わせる。, 鉄塔番号の高い方向を表す相対的名称。鉄塔探訪中、老番方向がわからない場合は足の「プレート」を探せば、それと反対方向が老番であることが多い。, 資料がない状態で老番方向に鉄塔を番号順に追う行為はどこで終わるかわからないという「青天井」リスクを伴う。小説鉄塔武蔵野線では若番方向に番号追いしている。, 鉄塔の一番上、避雷用の架空地線の中に通信用光ファイバーを内蔵したケーブル。収納された光ファイバーの本数を心数と呼ぶ。, 鉄塔と電線の間を絶縁する白い数珠のような部分。磁器製がよく用いられるが他の材質(ガラスや合成樹脂)のものも存在する。, 高圧な送電線ほどたくさんの碍子が必要となる。鉄塔の碍子は10個ごとに黒玉が入っているので数えるのが容易。(玉数-2)x20kvが絶縁性能の目安。例えば30個以上なら28x20で560kvといった具合。, 変電所・開閉所内設備。電気を遮断するスイッチ。断路器・遮断器に分けられ、断路器は電流が流れていない場合に使用する。, 遮断器器は高圧アーク放電に対応する為に油・真空・ガス・磁気などを用いる場合がある。, 変電はせずに中継を行う施設。異なる電力会社間の送電系統の接続部に設けられている他、同じ管内でもスイッチとして設けられている場合もある。変電所との違いは中には変圧器が存在しないこと。, 銘板(プレート)は系統毎に鉄塔の足元に取り付けれているが、回線札は回線毎に腕金の根本に取り付けられている。, 多くの送電系統は2回線(3本x2)だが、4回線3系統の時など1回線系統を区別するのに参照する事が多い。, 降雪地域において着雪で送電線が捻れるのを防ぐための部品。送電線に取り付けられている。, いわゆる電線・送電線。電気を送る為のケーブル。高圧鉄塔では3本で一組でこれを1回線と呼ぶ。銅が理想だがコストの都合でアルミが用いられる事が多い。, 変電所と変電所を結んでおりそれぞれ系統には名前が付けられている。空中に保つ為に高圧鉄塔で支えられておりそれぞれの鉄塔には番号が割り当てられている。, 送電線(架空送電線)とは別に鉄塔の頭の部分を渡っている比較的細い線。避雷針の役目がある。1本の場合、2本の場合、3本の場合があり架空地線の数が鉄塔の頭部の形を決めると言ってもいい。, 中心には通信用の光ケーブルが通っている場合が多く、光ファイバ複合架空地線(OPGW)と呼ぶ。, 送電線を曲げている鉄塔。腕金が同一水平線に対して3本や4角型になっている事が多く、バリエーションが多様で鉄塔マニア受けする。, 微風により秒速5m以下の風が一様に電線に当たるとその背後に渦(カルマン渦)が生じ電線が上下運動する現象。テーパーアーマーロッドやバイブレスダンパで対策する。, ドラキュラ鉄塔の一種。直交した送電線に並行して腕金を伸ばして引き下ろす為、土地の節約になる設計。, 鉄塔の数を表す数詞。1本2本・・・でももちろんいいが、1基2基・・と数えると通っぽさが増すのでおすすめ。, 降雪地域で電線に着氷し断面非対称になり風により上下運動する現象。短絡の危険がありスペーサーやねじれ防止ダンパが対策として取り付けられる, 1回線(3本)用の鉄塔。山間部などで2回線が分けられて1回線ずつになっている部分に多い。その場合は甲と乙で番号札が付けられている。, 鉄塔と鉄塔間の間。長すぎると送電線重量が重くなりカテナリー曲線が強くなるか鉄塔の必要耐張性が高くなる。スパン。, 送電系統。変電所(あるいは発電所)間を結ぶ回線の束の名称。変電所間の途中で系統は分岐して増える事はあっても途中で名前が変わることは基本的に無い。, 鉄塔の真下の空間。都市部では柵があり入れない事が多いが、山間部では自由に入れる場所もある。見上げると鉄塔独特の幾何学模様が眺められる。, 傘状の碍子がセメントで複数連結されているもの。伸ばす力により碍子同士が密着する構造になっている。, 狭い意味では耐張碍子に対して鉄塔から下に垂れ下がったタイプの碍子を指す。(男鉄塔), アーキングホーンに補助的につけられる筒状のパーツ。落雷時後に送電線から鉄塔への電流を遮断する。避雷器。, 鉄塔が送電線で繋がって行く様。実際に動いているわけではないが、隊列にになぞらえて。例:行進して行く/行進して来る, 広義には送電線自体が別々の鉄塔で上下に交わる状態もも含んだ様。ちなみに多くの場合は古い送電系統の上に新しい送電系統が交差されるので古い送電系統は低い鉄塔が多いのはその為である。, 併架鉄塔の一種で系統が連続していないもの。2つの送電系統が1つの併架鉄塔で交わってまた別の鉄塔に分離する場合の交わっている併架鉄塔のこと, 航空法にて定められている夜間に照明が点灯される鉄塔。(60m以上:赤灯/90m以上:赤灯点滅/120m以上:白フラッシュ)とされている。, 鋼管(パイプ)を使った鉄塔。山形鋼に比べ風に強い特性を持つ。難点は加工や組み立てがしにくいこと。, 芯材により中空鋼管鉄塔、コンクリートを充填したMC鉄塔、コンクリートの芯の部分を中空にしたTP鉄塔がある。, 国土地理院が発行している地図の事を指す。インターネットでも参照可能で送電線がーーーー:ーーーー:ーーーーこのような線で表されている。鉄塔がどこにあるかまでは判断できないが系統のつながりを知る上で塔マップ・衛星写真と共に参考になる。, 高圧送電線が3本1組で1回線と呼ばれるゆえん。通常電気を送るには1本に対して戻り線1本、3つの電気を送るには6本必要だが、三相交流方式においては3本の位相をずらすことによりその3本を接続した点(中性点)の電圧合計は0Vになり任意点で0Vを作り出すことができる。つまり戻り線が不要となるわけで6本を3本に出来る画期的な方式である。, 変圧器において事故対策の為、中性点を地面に接地(アース)させるかどうかは電圧によって異なる。一般に22kV以下は非接地、22-154kVは抵抗を介して接地、それ以上は直接接地させる。設置させるデメリットは電磁誘導障害が発生しやすいことである。, Gas Insulated Switch(ガス遮断器)の略。開閉器の一種。SF6ガスを用いた絶縁スイッチ。対して非GISを気中絶縁と呼ぶ。, 耐張型碍子などで送電線が鉄塔2箇所に接続される場合、それらを繋げている細い送電線。支線を分岐させたりする場合も使用する。, 山形鋼鉄塔の一種で骨組みが十字型になっている。強度があるがその分重量とコストがかかる。, 登山道というよりは獣道に近いレベルの幅のものが多いが、ほぼ必ず除草やロープ、プラ階段でメンテナンスされている為、出版社発行登山ガイドや自治体推奨の登山ルートにも利用されていることが多い。, 日本においては歴史的な経緯により50Hzと60Hzの2種類の交流周波数が用いられている。これは東京ではドイツ製、大阪ではアメリカ製の発電機が使われたことに由来するが今でもその影響で東日本(50Hz)と西日本(60Hz)が採用されている。, 周波数変換する施設を周波数変換所(FC)と呼び、日本では新信濃周波数変換所、佐久間周波数変換所、東清水周波数変換所の3箇所がある。, 腕金の代わりに四角形の絨毯の様になっている構造。角度鉄塔や引き上げ鉄塔に使用される。, 「取り付けられている」でいい様な気もするが、こんな形容動詞をさりげなく使うのも通っぽく見せる小技の一つ。, 鉄塔の腕金から前後に広がり伸びる力に耐える様に取り付けられたタイプの碍子。前後の鉄塔の上下角度が大きい場合もこの形が採用される。小説鉄塔武蔵野線では女鉄塔と呼ばれている。, 超高圧送電線では空気中においても絶縁破壊を起こし放電する現象が発生する(コロナ放電)。コロナ放電に対策するには線を太くする必要があるが、今度は重量が重くなり支えられなくなる。そこで複数の送電線を1束にして用いて線を太くするのと同様の効果を得るのが多導体送電線である。2導体から8導体まであるが、一般的に高圧ほど導体数は多くなる。, 片方を懸垂、片方を変電所への引き込みなど引き留め設計になっている鉄塔。広義の引留鉄塔と言うと変電所のゲートへの最終(初番)鉄塔全般を指すことが多いが、 D型鉄塔は実際にその様な設計になっている鉄塔。, 鉄塔の垂直線のラインの角度が途中(ベンド点)で変化している鉄塔。多くの送電鉄塔がこのダブルテーパー。, 送電鉄塔ではなく地中配線路と呼ばれるパイプ(管路埋設方式)、もしくは直接地中(直接埋設方式)を通って送電線を配置する方式。都市部の景観に配慮して地中を通す事が多いがコストが高い。, 地上との距離は管路埋設方式で0.3m、直接埋設方式で0.6-1.2m(重量物影響のある場合は深い)とされている。, 直流方式のデメリットは電圧変換がしにくいことであるが、同じ距離と太さであれば交流よりも直流の方がより多くの電力を送れる。なので海底ケーブルなどは高圧でも直流方式が採用されます。日本では本州北海道間(函館交直変換所と上北交直変換所間)と本州四国間(紀北交直変換所と阿南交直変換所間)が直流方式で送電されている。, 鉄塔マニアの事を指す。鉄道マニアと紛らわしいが、そこは文脈で区別する。撮り鉄と乗り鉄がある様に、送電線(系統)マニアと純鉄塔マニアに分別される。ちなみに乗り鉄塔マニアというのは余り聞いたことがない。, 熱損失は経路の二乗に比例し電圧の二乗に反比例するので電圧を上げると熱損失が少なくなり遠くまで送電することが出来る。, 反面、電線が太くなりや安全の為の隔離距離も必要になる為、鉄塔の高さも大きくなる。また水面を超える場合はさらに隔離距離が必要になる為、100mを超える鉄塔もある。, 日本の高圧鉄塔は「66kV(77kv)」「154kV」「275kV」「500kV」が多い。500kV以上を超超高圧(UHV)、220kV以上を超高圧(EHV)、それ以下22kVまでを特別高圧と呼ぶ。, 一つの系統がそれぞれ一つの鉄塔で併架ではなく繋がっていく送電線と鉄塔の集まり。系統。, 1回線3本を2つの腕金で支える設計の鉄塔(多くの鉄塔は3本を3本で支える)。ドナウはドナウ川のドナウらしいが由来は不明。, インターネット上の投稿型の地図データベース。鉄塔も扱っており鉄塔探訪には必携のサイトであったが2019年より稼働が止まっている。, その後有志により送電鉄塔特化型データベースである塔マップZEROが代替えとして立ち上げられる。, オフセット鉄塔の一種で最上部の腕金が一番長く、コウモリが羽を広げている様に見える。引き上げ鉄塔を兼ねてさらに迫力があるバリエーションもある。, 鉄塔の骨組みの構造。三角形を基本として、四角を基本としたラーメン構造に比べ曲げに対する耐性が強い。シングルワーレン構造・ダブルワーレン構造・ブラット構造・ブライヒ構造と種類があるが、現在ではほとんどがブライヒ構造。, 外側の4本の支柱に対して水平の補強がない場合はシングルワーレンかダブルワーレン。交差がない場合はシングルワーレン。, ダブルワーレンの支柱結合部間に水平補強が入ったのがブラット構造。そしてさらに斜め補強の交点にも水平補強がはいったのが無頼費構造。, Kトラスは支柱に対して水平の補強を基本としてその水平補強の中間点と支柱との交点を結ぶ特殊な構造。Kの字を時計回りに90度回転させたような模様に見える。降雪地域向け。, 三相交流において各線の静電容量を一定にするために区間ごとに相を入れ替える接続。区間は送電電圧(kV)に1(km)をかけた距離が目安とされる、例えば154kVだと154kmといった具合。, 文字通りπ型に2系統、変電所や工場に引き込む形。施設内でトラブルがあった時に容易にバイパスさせることができる。, 鉄塔の頂点に掲げられている白または黄色の番号札。遠くからでも視認できる。小説鉄塔武蔵野線ではこの番号を順番に追うエピソードとなっており、一つの鉄塔巡りのスタイル。, また2回線送電線で山間部などで別鉄塔に別れた場合は番号に「甲49」「乙49」などの甲乙が付いている場合もある。, 例えば1-1の様にハイフンが入った鉄塔番号。後から追加されたものが多い。銘板には1外1の様に表記されることもある。, Back To Backの略で両サイドから交流を直流に変換した上で直流で連携接続するタイプの連携方式またはその設備。交流をループ状に連携させた時の問題点を回避出来る。日本ではBTBというと南福光連携所を指す。, 架空送電線から地中送電線(または変電所や工場施設)の地中へと配線するための鉄塔。鉄塔内をケーブルが落ち込んでいる。, 広義では変電所のゲートなどへ繋がる最終(初番)鉄塔全般を指す。狭義ではD型鉄塔と同義。角度鉄塔や引き上げ鉄塔などの区別と混同してしまうが、別の要素の区別。, 鉄塔の足の部分に付いているプレート。送電回線名、鉄塔の建設年、管理会社、鉄塔番号がわかる。大抵の場合は若番方向左手に取り付けられているが例外もある。, こちらを番号札と呼ぶ場合もあるが、本サイトでは頭頂部の番号札と区別するために銘板(プレート)を記載している。, 一つの鉄塔に一つの送電経路だけとは限らず、複数の送電経路で共用されている場合が多い。頂点の「番号札」は代表的な番号しか書いていないので足元の「回線札」で確認することができる。, 異なる電圧(例えば77kVと154kV)で共用する時は上側に高い電圧(例でいうと154kV)をのせている場合が多い。, 変電所内設備。送電線間の電圧を変更する。絶縁方式により乾式・ガス式・油式、冷却方式により自冷・空冷・水冷のものがある。, 電柱についているボックスも変圧器の1つで電柱の6.6kVを家庭用の100-200Vに変換する。(柱上変圧器), 長距離送電をするには高い電圧が適しているが、一般家庭などの需要家が使うには低い電圧に落とす必要がある。そのための設備を変電所と呼ぶ。, 超高圧500kVから家庭用の200Vや電柱用の6.6kVに落とすことはせず、段階的に落とすのに1次変電所・2次変電所・配電用変電所がある。(工場などには高圧のまま引き込む場合もある), 変電所には架空送電線(場合によっていは地中送電線)が接続され、門(ゲート)の部分に送電線経路名が記されていることが多い。, また複数の電圧を扱う変電所の場合は、航空写真で見るとそれぞれ電圧毎に区分けされているのがわかる。, 配電用変電所は高圧送電線から電柱の6.6kV送電線に配電するための小規模な変電所で、街中にある変電所で隣に1本だけ鉄塔が建っているとたいていは配電用変電所である。, 磁器がいしに対して‪FRP芯材にシリコンかEVAコーティングが‬されている軽量な碍子。, 金属を山形に折った鋼材を使った原始的な鉄塔。ボルト・ナットで接合しやすく加工もしやすいが耐久性では鋼管鉄塔に劣る。, 変電所の中の開閉器などが置かれる区画のこと。例えば開閉器区画をスイッチヤードと呼んだりする。, 連結したピン碍子を一体整形したもの。片方に棒(ピン)、片方に電線支持具(クランプ)が付いている。, 古い歴史的遺産的な鉄塔。特に認定機関は聞いたことがないので主観的なものである。ゴイスー鉄塔である事が多い。, レガシー鉄塔とほぼ同義語だがレガシーがモノであるのに対してレジェンドはコトであるがあまり使い分けない。ホンダとスバルとは一切関係しない。, 鉄塔番号の低い方向を表す相対的名称(反義語:老番(おいばん)。大抵は鉄塔の足のプレートがある方向が若番方向。, vol.17 中部電力「南福光連系所」を訪問しました | 電気工学を知る | パワーアカデミー, 幻の変電所 北陸電力御所変電所を見ることが出来る唯一の場所とは(石川県金沢市御所町), 手取川河川敷自転車サイクリングガイド 河口駐車場から鉄塔ウォッチで10倍楽しむ(30km+90m/石川県白山市美川), 幹線に対して使われる枝的な送電系統名。幹線より単にジャンパーで分岐されている場合が多い。.

海 ゆか ば ヘブライ語 27, 公認 会計士 年収2000万 4, Drastic Ds Emulator 無料版 15, Iz*one さくら イェナ 21, ドタキャン され た後連絡 12, あさチャン 視聴率 推移 6, 日本 射撃場 一般人 5,